「報復犯罪」が明らかになった大邱弁護士事務所放火…衝撃に包まれた弁護士たち=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「報復犯罪」が明らかになった大邱弁護士事務所放火…衝撃に包まれた弁護士たち=韓国
「報復犯罪」が明らかになった大邱弁護士事務所放火…衝撃に包まれた弁護士たち=韓国(画像提供:wowkorea)

「報復犯罪」が明らかになった大邱弁護士事務所放火…衝撃に包まれた弁護士たち=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国南東部、テグ(大邱)市で起きた弁護士事務所放火事件によって、韓国の法曹界は衝撃に包まれている。この事件が、法廷の相手側弁護士を狙った「逆恨みによる犯罪」であることが明らかになったためだ。一線で働く弁護士たちは恐怖心さえ感じているという。

 12日、韓国メディア「アジア経済新聞」によると、韓国の法曹界は大邱市で起こった弁護士事務所の放火事件について、警察の調査を注視している。

 この事件は50代の男性がガソリンを撒いて、地上2階にある弁護士事務所に火をつけた放火事件だ。犯人は建設事業に投資した資金を失い、民事訴訟まで起こしたが訴訟で敗れてしまった。その腹いせで訴訟の相手側弁護士が働く事務所に火をつけた。

 メイル新聞の11日付社説では、この事件について「裁判と訴訟でいくら不満があっても、法曹人に向かって怒りと憎悪を表すのは妥当でない。原告や被告に分かれて訴訟を代理することは、弁護士本来の役割だ。これを否定することは、私たちの司法システムを否定することだ。まして法曹人に向かって犯罪まで犯すのは、いかなる理由があっても容認できない」と指摘した。

 同日の国民日報社説では「この事件は個人の逸脱だと単純に見過ごせない韓国社会の不幸な断面を内包している。国民の葛藤を調整する最後の手段である訴訟で、むしろ葛藤が極端に増幅されてしまった。韓国社会は葛藤共和国と呼ばれて久しい」と韓国社会の現状を嘆いた。
2022/06/12 11:39配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 104


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.