北朝鮮「極超音速ミサイル発射連続成功」と発表…金正恩総書記も視察=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
北朝鮮「極超音速ミサイル発射連続成功」と発表…金正恩総書記も視察=韓国報道
北朝鮮「極超音速ミサイル発射連続成功」と発表…金正恩総書記も視察=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北朝鮮「極超音速ミサイル発射連続成功」と発表…金正恩総書記も視察=韓国報道(画像提供:wowkorea)

北朝鮮が12日、前日キム・ジョンウン(金正恩)総書記が現場を視察する中、極超音速ミサイルの発射実験をおこない、成功したと明らかにした。特に、今回の発射が「最終実験」としており、すぐに実践配置するものと観測されている。

 朝鮮中央通信はこの日、「金正恩同志が1月11日、国防科学院で進めた極超音速ミサイル試験発射を参観した」としながら、「極超音速ミサイル試験発射で連続成功」と伝えた。

 通信は「発射されたミサイルから分離した極超音速滑空飛行戦闘部(弾道部)は距離600kmから滑空跳躍し、初期発射方位角から目標点方位角に240km旋回機動、1000km水域の設定標的に命中した」と主張した。

 続けて、今回の発射実験を「最終試験発射」と表現し、「試験発射は開発された極超音速武器体系の全般的な技術的特性を最終確証することに目的を置いて進行された」とし、「極超音速滑空飛行戦闘部の優れた起動能力がより一層明確に確証された」と報じた。

 北朝鮮が公開した写真を見ると、5日に発射された“円錐型弾頭部”を持つミサイルと同じタイプだ。昨年9月のクライダー型とは形状が異なる。極超音速ミサイルは放物線状に軌跡を描いて落下する一般の弾道ミサイルより迎撃がさらに難しいとされ、マッハ10の速度ならば、ソウル上空に1分で到達する。

 金総書記はこの日、発射事件を前に国防科学院の院長から総合的な説明を聞き、「国の戦略的な軍事力を質量的に、持続的に強化し、わが軍隊の現代性を向上するための闘争により一層拍車を加えていかなければならない」と強調。また、「国防力発展5カ年計画の核心5大課業で最も重要な戦略的意義を持つ極超音速武器開発部門で大成功をなしたミサイル研究部門科学者、技術者、該当党組織の実践的成果を高く評価した」と伝えられた。

 これを前に、韓国合同参謀本部は北朝鮮が前日午前7時27分ごろ、内陸から日本海上に弾道ミサイル推定発射体1発を発射したと発表した。飛行距離は700km以上、最大高度約60km、最大速度はマッハ10前後だと説明した。北朝鮮は去る5日にも弾道ミサイル1発を発射している。
2022/01/12 08:15配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 3


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.