専門家「コロナ、来年には風土病になる」、ビル・ゲイツ氏もコロナ終息を予測=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
専門家「コロナ、来年には風土病になる」、ビル・ゲイツ氏もコロナ終息を予測=韓国報道
専門家「コロナ、来年には風土病になる」、ビル・ゲイツ氏もコロナ終息を予測=韓国報道
(画像提供:wowkorea)

専門家「コロナ、来年には風土病になる」、ビル・ゲイツ氏もコロナ終息を予測=韓国報道 (画像提供:wowkorea)

来年にはコロナが終息し、日常生活に戻れるという見通しが多数出ている。オミクロン株が全世界に広がり各国が緊張している中、専門家の間では「終わりが見える」という肯定的な意見が広まっている。

15日(現地時間)、APなどによると世界保健機構(WHO)の技術チームが「2022年はコロナが終息する年になる。信じられないかもしれないが希望は見えている」と述べたと伝えた。

技術チームは「コロナによって命を落とさなくていい方法がある」と付け加えた。具体的な言及はなかったが、ワクチンとブースターショット、治療剤などを念頭に置いたようだ。

先月WHOは、2022年半ばまでにコロナワクチン接種を完了する戦略に着手した。これを通じて、来年半ばまでには全世界の予防接種率70%を達成するという計画だ。

技術チームがコロナ終息条件が予防接種率70%を前提としたものなら、先進国に比べて著しく低い発展途上国の接種率をどのように引き上げるかがカギとみられる。

CNBCも同日、「世界的なワクチン接種率の上昇や抗ウイルス治療剤の開発により、来年はコロナが大流行病でなくなる可能性が高いというのが、専門家らの大半の見方だ」と伝えた。

コロナウイルスは風土病になるはずであり、深刻な症状を誘発せず、人類は日常的生活に戻るという見方だ。1918年のスペイン流感(流行性感冒)と09年の新型インフルエンザも似たパターンだという。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は最近、「パンデミックの急性期は2022年には終わるだろう。世界は潜在的変異株に対処する準備がいつにも増してよくできている」と付け加えた。 ビル・ゲイツ氏は、コロナがインフルエンザより約10倍致命的だが、ワクチンと抗ウイルス剤がこの数値を50%減らすことができると推算している。
2021/12/16 18:55配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 82 最終更新:2021/12/16 19:56


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.