上半期の地域別収入ランキングが公開=中国経済

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
上半期の地域別収入ランキングが公開=中国経済
(画像提供:wowkorea)

(画像提供:wowkorea)

中国の国家統計局は2021年上半期の国民平均可処分所得を省別に発表した。上位は上海、北京、浙江の3地域だった。

今回の統計によると、上海の上半期の平均可処分所得は40357元(約680,000円)に達し、全国で最も多かった 平均可処分所得が4万元を超えたのは上海だけで、上海住民の所得の高さが浮き彫りとなった。

北京の平均可処分所得は上海に次いで2位となった。北京統計局の発表によると、上半期の全市民の平均可処分所得は38,138元(約643,000円)で、昨年比10.3%の増加となった。

3位は浙江省で、平均可処分所得は30,998元(約523,000円)だった。北京、浙江はともに平均可処分所得が3万元を超えた。

国家統計局によると、上半期の全国平均可処分所得は17,642元(約297,000円)で、昨年比12.6%増加した。上半期の全国平均可処分所得を比較すると、上海、北京、浙江、江蘇、天津、広東、福建、山東、遼寧、重慶の10地区の平均可処分所得が高いことが分かった。
 
統計はまた、給与の上昇も速度を速めており、国民の増収の基礎となっていることを示した。

上半期の全国民平均給与収入は10,104元(約170,000円)で、12.1%の増加となった。
 
国家統計局の分析によると、国民経済の持続的な回復にともない、雇用状況も好転が見られ、給与収入も速いスピードで増えているという。

新型コロナウイルスの感染状況の全体的な安定と国民収入の持続的な回復のもと、国民の消費支出も回復を見せている。2021年上半期、全国国民平均消費支出は11,471元(約193,000円)で、18.0%の増加となった。

その他、上海は収入が高い反面、支出も多いことが分かった。上海の上半期の平均消費支出は23,644元で、全国最高だった。
2021/07/22 22:00配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 106


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.