明日から使える韓国語
wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【韓国語】明日から使える韓国語
第497号 (2014/3/27)
今週の一言「ちがう」のちがい」

       

アンニョンハセヨ?連投中の「ムズムズする敬語の誤用特集」をお読みに
なった、青森県在住のOさんがお便りをくださいました。Oさんは、 昨年の109
「ハングルの日」に放映されたという韓国の動画を紹介してくださいました(こちら)。

こちらは動画だけでなく、スクリプト(台本)も載っているので、学習にもってこいです。
「敬語を付けられた」の反応が大げさで可愛らしいので楽しめます。

今回の訪韓で私が耳を疑った「-()ㄹ게요」の使い方と、物に敬語を付ける現象に
ついて特集されていたので、自分の感覚もまんざらではないな(笑)と思いました(自画自賛!자화자찬!)。

しかし、動画内で「-()ㄹ게요」を使われたときの「なぬぅ?」的な反応をしている
おじいさん……、私もこの現象をあーだこーだ言っている時点で、このおじいさんの
ような旧世代に加わるのだなぁ、とも思いました。

というのも、この言語現象をまだ韓国から帰国して数か月しかたっていない
スタッフに聞いたところ、そこまで違和感を感じていなかったようなのです。

이렇게 드시는 거세요. (こうやって召し上がるものでいらっしゃいます)」等の
最後の「세요」は、「ございます」的な意味なのかな、とらえていた、と。

なるほど。最近韓国に留学をし、日常生活を送り、街で接する現地の韓国人が
皆そのような表現を使っていたら、このように自然に受け入れるのだろうな、と思いました。

動画内ではほかにも面白い例が扱われています。たとえば、
다르다(タルダ/ちがう)」「틀리다(トゥルリダ/ちがう)」の違い。
前者は「異なる」という意味、後者は「誤る、間違える」ですね。

日本語話者は逆にその違いがわかり、誤用はあまり見受けられないのですが、
当校の先生方に聞いてみたところ、以下の「×」の文章のように言う韓国人がよくいるとのこと。

×민수와 철수는 성격이 틀려요.
민수와 철수는 성격이 달라요.
(ミンスとチョルスは、性格が違います)

×전에 먹은 요리와 맛이 틀려요.
전에 먹은 요리와 맛이 달라요.
(前に食べた料理とは味が違います)

そのほか、間違った外来語の使い方の例も紹介されていましたが、
その「外来語」が、まさに「日本語の外来語発音」だったのです。
またここで紹介するには長くなってしまうので、気になる方は先に
ご紹介したページを見てみてください(^^)

*Windows XP以外のパソコン環境は韓国語フォントをインストールする必要があります。
インストール方法はこちらのYahoo!のサイトをご参照ください。



第771号:「フライング」(2019/11/21)
第770号:「ラッキーセブン」(2019/11/13)
第769号:「八幡製鉄所の幡野です」(2019/11/07)
第768号:「箱買いしたいコッパプ」(2019/10/31)
第767号:「’現金領収証’、必要ですか?」(2019/10/24)
第766号:「皆さんの’好きな韓国語’は?」(2019/10/17)
第765号:「お土産に喜ばれた日本のペン」(2019/10/10)
第764号:「お土産はキットカットで!」(2019/10/04)
第763号:「ウラジオストク~当校がテレビに出ます」(2019/09/26)
第762号:「スケジュールがびっしり」(2019/09/19)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ (1/78)

<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)、 『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/
TEL 03-5157-2424

※ 韓国語を配信・提供したい個人様または法人様はまでお願いします。

WoW!Koreaモバイル
QRコードでアクセス ケータイで左のQRコードを読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.