【第1話】
ハン女官初めての登場シーン
仕事を終えたハン女官が部屋に戻る途中、数人の女官に止められて ミョンイが毒を飲まされた後、部屋で一人で…

1.チャングムの母ミョンイと宮廷の庭にて。(ハン女官初めての登場シーン。)
 누구한테? (ヌグハンテ?) :誰に?
  「누구」 …誰
  「한테」 …に ※「한테」の代りに「에게」でも同じ意味

2.チャングムの母ミョンイと宮廷の庭にて。(ハン女官初めての登場シーン。)
 왜?(ウェ?):なぜ?
  「왜」…なぜ、どうして

3.仕事を終えたハン女官が部屋に戻る途中、数人の女官に止められて。
 무슨 일이야?(ムスン ニリヤ?):何かあったの?、どうしたの?
  「무슨」…何、どんな、どういう、
  「일」…こと、「이야」…~か、~だ、~なの(ぞんざいな語尾)

4.ミョンイが毒を飲まされた後、部屋で一人で…
 제발(チェバル):どうか、頼むから
  「제발」…「どうかお願いします」という場合の「どうか」にあたる言葉

 

【第2話】
水刺間でハン尚宮がミョンイからの手紙を受け取るシーン
宮中の一角で、ハン尚宮とミョンイが再会するシーン織物屋で、ミョンイが捕まったと聞いて…
織物屋で、ミョンイが捕まったと聞いて…

1.水刺間でハン尚宮がミョンイからの手紙を受け取るシーン
  이게 무엇이냐?(イゲ ムオシニャ?):これは何なの?
  「이게」…これは、これが
  「무엇」…何
  「이냐?」…~か?、~なの?(ぞんざいな語尾)

2.宮中の一角で、ハン尚宮とミョンイが再会するシーン
  명이야, 살아 있었구나(ミョンイヤ、サライッソックナ):ミョンイ、生きていたのね
  「명이」…ミョンイ
  「야」…~よ、~ちゃん(親しみを込めた呼びかけ)
  「살(다)」…生きる
  「-아 있었」…~ていた
  「구나」…~ね、~な(感嘆)

3.宮中の一角で、ハン尚宮とミョンイが再会するシーン
  진짜 명이지?(チンチャ ミョンイジ?):本当にミョンイなのね?
  「진짜」…本当に
  「명이」…ミョンイ
  「지?」…~かね?、~なの?

4.織物屋で、ミョンイが捕まったと聞いて…
  뭐라고?(ムォラゴ?)?:何だって
  「뭐」…=「무엇」何
  「라고」…だと

5.宮中の水刺間へ向かう道で…
  미안하다(ミアナダ):ごめんね
  「미안하다」…すまない。「미안」は漢字で「未安」。

 

【第3話】
退膳間にて。王様の夜食がダメになってしまい、ミン尚宮との会話の中で…

1.退膳間にて。王様の夜食がダメになってしまい、ミン尚宮との会話の中で。
  얼른(オルルン):急いで
  「얼른」…早く、さっさと、素早く

2.退膳間にて。王様の夜食がダメになってしまい、ミン尚宮との会話の中で。
  까거라(カゴラ):むきなさい
  「까(다)」…皮をむく
  「거라」…~しろ、~せよ