ウェルカムトゥトンマッコルの韓国映画ニュース・情報ののワウコリア

wowKoreaトップ
wowKorea韓国俳優スターニュース

ウェルカム・トゥ・トンマッコル

ファンタジーとヒューマニズムの視点で戦争を描いたヒット作

ウェルカムトゥトンマッコル
  • タイトル: ウェルカム・トゥ・トンマッコル (ウェルカム・トゥ・トンマッコル)
  • ハングル表記: 웰컴 투 동막골
  • 監督: パク・クァンヒョン
  • キャスト: チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン
  • 公開年度: 2005年8月4日 韓国公開
  • ジャンル: ドラマ
  • 上映時間: 133分

ウェルカム・トゥ・トンマッコルの関連ニュース

  • <コラム>「JYJ」ユチョン主演ドラマと「総合エンタメ企業」 (2014/03/16)

     ユチョン(JYJ)の主演ドラマ「スリーデイズ」(原題)が高視聴率を出しているなか、彼の所属会社「C-JeSエンターテイメント」の大変身が話題になっている。  数年前、5人組の「東方神起」から脱退した3人組「JYJ」の獲得と共に設立され、日本でも「エイベックス」(avex)との法廷攻防戦で知名...


  • ヨ・ジング 韓中合作映画「クォン・ボブ(拳法)」にキャスティ... (2014/02/28)

     韓国俳優ヨ・ジングが、200億ウォン(約19億1500万円)を超える制作費を投じた歴代最大規模の韓中合作映画「クォン・ボブ(拳法)」の主人公に抜てきされた。投資配給会社CJ E&Mが28日、明らかにした。  CJ E&Mはヨ・ジングのキャスティングについて「さまざまな作品で見せる感性やアクシ...


  • 『王の男』821万人観客動員 歴代興行3位に (2006/02/01)

    イ・ジュンイク監督の映画『王の男』が、旧正月の連休を過ぎ興行記録を再び塗り替えた。 『王の男』は30日まで全国観客821万人(397スクリーン)を動員し、『ブラザーフット』(1174万人)、『シルミド』(1108万人)に続き、歴代興行3位に浮上した。 公開1ヶ月を過ぎたのも関わらず、旧正...


  • 『王の男』観客動員数700万突破! (2006/01/31)

    カム・ウソン、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、イ・ジュンギ主演の、李朝時代劇初の宮廷芸人劇『王の男』(監督:イ・ジュンイク/制作:(株)イーグルピクチャーズ)が、去る12月29日公開以来、旧正月連休を控えた1月26日、公開後29日で全国で観客700万人を動員した。 『ブラザーフッド』(1...


  • クォン・サンウ 台湾原住民と『美しき野獣』試写会? (2006/01/11)

    台湾映画社積極的に推進 映画『美しき野獣』の台湾公開に先立ち、台湾側の映画社がクォン・サンウ台湾訪問を積極的に推進していることを、現地メディアたちが伝えた。 中でも台湾側映画社代表は、主人公クォン・サンウを好きな台湾原住民を招待する異色の試写会を開催するものと伝えられている。 台湾ファン...


  • “強い男”クォン・サンウVS“笑える男”チャ・スンウォン ... (2005/12/29)

    “強い男”クォン・サンウと“笑える男”チャ・スンウォンが、異なった涙対決を繰り広げ、注目を集めている。 俳優ユ・ジテと共に男のカリスマをみせる『美しき野獣』(提供:ショーボックス/監督:キム・ソンス/制作:ポップコーンフィルム)で帰ってきたクォン・サンウと、『国境の南側』(制作:サイダスFNH/...


  • イ・ビョンホン&チョン・ドヨン“ベストスマイル” (2005/12/14)

    第25回韓国映画評論家協会賞(映評賞)の授賞式が、去る12日午後6時半、ソウル国会議員会館大講堂で行われた。 映画俳優アン・ソンギと、アナウンサーのイ・サンヒの司会で進められたこの日のイベントには、イ・ビョンホンが男優主演賞を、チョン・ドヨンが女優主演賞を受賞した。 特にこの2人はこの日...


  • <映画評論化協会賞>作品賞に『デュエリスト』 (2005/12/08)

    男女主演賞にはイ・ビョンホン、チョン・ドヨン 映画『デュエリスト』(制作:プロダクションM)が、<第25回韓国映画評論家協会賞(以下映評賞)>で作品賞・監督賞(イ・ミョンセ)・撮影賞(ファン・ギソク)など3つの部門を席巻した。 映画評論化協会(会長:ヤン・ユンモ)は6日午後、映評賞選定会...


  • 大韓民国映画大賞“華麗なドレス” (2005/12/06)

    第4回大韓民国映画大賞授賞式が去る4日午後6時、ソウル世宗文化会館大劇場で開かれた。 映画人の祝祭ということだけあって、多くの女優たちが華麗な衣装を披露した。端麗な韓服からセクシーなドレスまで、それぞれの女優が個性あふれる衣装を通して自身だけの魅力を発散していた。 この日の授賞式では『ユ...


  • カン・ヘジョン イ・ヨンエ チョン・ドヨン“三つ巴対決” (2005/11/18)

    “貫禄の力”イ・ヨンエ&チョン・ドヨンVS“忠武路(チュンムロ)の新星”カン・ヘジョン 来たる29日、ソウル市汝矣島(ヨイド)のKBSホールで開かれる、第26回青龍映画賞受賞候補者発表の結果、『ウェルカム・トゥ・トンマッコル』と『親切なクムジャさん』が、全17部門中それぞれ8部門...


  • ファン・ジョンミン チョン・ジェヨン ユ・ジテ 韓国映画“ポ... (2005/10/21)

    1年に70編も超える映画が制作製作される中で、1,000万以上の観客を動員し、自国映画占有率が、45%を超える、世界8番目の映画産業強国の現実の中で、映画ケーブルチャンネルOCNは、開局10周年を迎え、<韓国映画の力!若いリーダー10人>を制作・放送する。 総3部作で放送されるドキュメンタリー...


  • チョ・スンウ&カン・ヘジョン 高校時代から恋人だった?! (2005/10/05)

    チョ・スンウとカン・ヘジョンが、映画の中の再会シーンを撮影した。 これは公式カップルであるチョ・スンウとカン・ヘジョンが共演している映画『とかげの可愛い嘘』(監督:カン・ジウン)で本格的に息を合わせ、初めての撮影を開始したもの。 映画『とかげの可愛い嘘』の撮影が行われている全羅北道・コチ...


  • ペ・ヨンジュン主演『四月の雪』 先手を打つが大激戦 (2005/09/16)

    9月第2週の映画界はまさに“薄氷の混戦”と言える。“ヨン様”ことペ・ヨンジュンを全面に押し出した、ホ・ジノ監督の『四月の雪(原題:外出)』と、チケット売り上げ1位を誇るハ・ジウォン-カン・ドンウォン、イ・ミョンセ監督の『刑事Duelist』の対決が熱い。 先手はまず『四月の雪』が掴んだ。前売り...


  • 『刑事Duelist』『四月の雪』…韓国映画興行はどこまで行... (2005/09/07)

    今年の夏は『ウェルカム・トゥ・トンマッコル』と『親切なクムジャさん』という双頭馬車が、ハリウッドブロックバスターたちを追い払い、いち早く劇場街を占領した。こうした中、第2の全盛期と呼ばれる韓国映画の好調が、秋まで持続するかどうか、関心が集中している。すでに本年最高の興行記録を打ち立て、『ブラザーフッ...


  • 『トンマッコルへようこそ』1000万人観客動員も遠くない? (2005/09/07)

    2005年最高興行作『ウェルカム・トゥ・トンマッコル』が韓国映画興行歴史を塗り替えていくなか、1000万観客神話達成に対する期待感が膨れ上がっている。 映画『ウェルカム・トゥ・トンマッコル』(監督:パク・カンヒョン)は、去る8月4日公開以後、公開6週目を迎えているが6週連続予約前売率が上昇して...


  • チョ・スンウ&カン・へジョン同伴出演 すでに最高の期待作? (2005/09/06)

    カップルのチョ・スンウ、カン・へジョンがスクリーンの中でも恋人同士として話題となっている。 チョ・スンウ、カン・へジョンはロマンス映画『とかげの可愛い嘘』(監督:カン・ジウン)にともに出演、突拍子もなく大胆でかわいいヒロインと、至高な愛情を秘めた男主人公のロマンスを描く予定だ。 実際にも...



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.