力道山の韓国映画ニュース・情報ののワウコリア

wowKoreaトップ
wowKorea韓国俳優スターニュース

力道山

情熱的な人生を送った1人のヒーローの姿を描いた話題作

力道山
  • タイトル: 力道山 (リキドウザン)
  • 監督: ソン・ヘソン
  • キャスト: ソル・ギョング、中谷美紀、藤竜也、萩原聖人
  • 公開年度: 2004年12月15日 韓国公開
  • ジャンル: ドラマ
  • 上映時間: 137分

力道山の関連ニュース

  • 【個別インタビュー】ソル・ギョング×イム・シワン共演「名もな... (2018/05/04)

     「第70回カンヌ国際映画祭」特別招待作品として上映されたほか、世界各地の映画祭に招待され、各国のジャーナリストから大絶賛された「名もなき野良犬の輪舞」(5月5日公開)。  80年代の香港映画やヨーロッパ映画のような古典的でスタイリッシュな映像と、名優ソル・ギョング、若手注目株イム・シワンの共...


  • <Wコラム>「東方神起」チャンミンのパートナーは横綱だった (2014/03/28)

     日韓のトップアイドルグループ「東方神起」。10年前に5人組としてデビューしたが、現在は、ユンホとチャンミンの2人組で活動中だ。今年のカムバック直前まで、チャンミンはバラエティー番組の司会を務めていた。  その番組は、大人気スポーツバラエティー番組「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!  ...


  • <コラム>「JYJ」ユチョン主演ドラマと「総合エンタメ企業」 (2014/03/16)

     ユチョン(JYJ)の主演ドラマ「スリーデイズ」(原題)が高視聴率を出しているなか、彼の所属会社「C-JeSエンターテイメント」の大変身が話題になっている。  数年前、5人組の「東方神起」から脱退した3人組「JYJ」の獲得と共に設立され、日本でも「エイベックス」(avex)との法廷攻防戦で知名...


  • “死刑囚”カン・ドンウォン 「地獄に落ちた感じ」 (2006/09/06)

    「地獄の炎が近づいてくると思いました」 4日午後2時、ソウル・鐘路(チョンノ)ソウル劇場で開かれた映画『私たちの幸せな時間』(制作:プライムエンターテインメント、サンサンフィルム)の試写会後に開かれた記者会見で、主演俳優カン・ドンウォンが死刑囚を演じた感想を告白した。 コン・ジ...


  • カン・ドンウォンとイ・ナヨン 新作映画製作報告 (2006/08/09)

    既に予告編から話題となっているカン・ドンウォン、イ・ナヨン主演の映画『私たちの幸せな時間(原題)』が8日、ソウル市内のホテルで製作報告会を開いた。同名小説を原作とする今作品は、3人を殺害し死刑を宣告された男と、3回の自殺未遂をした女の切ない愛を描く。『力道山』『ラブレター~パイランより~』のソン・ヘ...


  • カン・ドンウォン「自分の顔を見る度にブサイクだと思う」 (2006/03/13)

    “花美男スター”カン・ドンウォンが、自身の容姿に強い不満(?)を表した。 12日午後、京畿道南揚州(キョンギド・ナミャンジュ)両水里(ヤンスリ)総合撮影所で開かれた映画『私たちの幸せな時間』(監督:ソン・ヘソン/制作:LJフィルム)の撮影現場公開及び記者会見で、主演俳優カン・ドンウォンの「僕は...


  • イ・ナヨン「女優主演賞を受賞してからオファー減った」 (2005/11/22)

    「賞をいただいてから、作品のオファーが減りました」 21日午後3時、ソウル市中区(チュング)忠武路(チュンムロ)の大韓劇場で開かれた第26回青龍映画祭ハンドプリンティングのイベント会場。昨年、映画『知っている女』で青龍映画祭女優主演賞を受賞した女優イ・ナヨンが、その異色的な感想で注目された。 ...


  • また6Kg減量したソル・ギョング「俺は肉体で勝負」 (2005/09/29)

    「俺は肉体で勝負する俳優」 演技派俳優のソル・ギョングが、次回作のため再び6㎏を減量したことが伝えられ、話題となっている。 27日午後6時、大田(テジョン)儒城区(ユソング)ホテル<スパピア>で開かれた映画『愛を失う』(制作:シネマサービス)の記者懇談会場。 ソル・ギョン...


  • 韓国映画・ドラマの中の“ゆがめられた日本女性像” (2005/04/27)

    トム・クルーズ主演の映画『ラストサムライ』で、最後の戦いに出るオールグレン(トム・クルーズ)に、日本女性のたか(小雪)が服を着せるシーンがある。服を着せる姿勢と態度は服従の姿勢と愛といわれている。これは女性の性役割とは別に、日本文化の強者に対する服従の文化を意味している。このような日本女性に対する視...


  • カン・ウソク監督「さよなら ソル・ギョング」 (2005/01/20)

    『公共の敵2』試写会にて愛情のこもった決別宣言 「新たな一面発見 チョン・ジュノとはまた一緒に仕事したい」 『公共の敵2』が、2作だけで1,500万人の観客を動員した韓国最高の興行パワーコンビ、“カン・ウソク&ソル・ギョング”の、最後の作品となる見通しだ。 ...


  • 『高校教師~恋の教育実習~』 大丘・釜山で全館試写会 (2005/01/06)

    女子高生たちの性的好奇心をテーマにした映画『高校教師~恋の教育実習~(原題:夢精期2)』が大丘(テグ)、釜山(プサン) で全館試写会を開く。 大型マルチフレックス劇場で、同じ時間帯に全ての上映館を借り、一つの映画を上映するという広報イベント<全館試写会>は、『ブラザーフッド』『力道山』といった...


  • 韓国映画 “東京大空襲” (2005/01/04)

    上半期だけで『力道山』など6本公開 スクリーン独り占め 『ブラザーフッド』『僕カノ』に続き、韓流熱風バトンタッチ 「コリアン・インべーション(KOREAN Invasion)が始まる!」 ...


  • 『力道山』 熾烈な人生を生き抜いたある英雄の物語  (2004/12/09)

    『シルミド』、『ブラザーフッド』以後、大人しかった韓国映画界に、15日、『力道山』(監督:ソン・へソン)が、“大ヒット”の夢を抱き観客に対面する。 一時、“天皇の次に力道山”という言葉があったそうだ。誰でも、住所の変わりにこの言葉を受取人欄に書いて送れば、ファンレターが彼のもとに届いたという。...


  • 『力道山』出演 萩原聖人来韓 (2004/12/08)

    『冬のソナタ』ではヨン様の吹き替えを担当 映画『力道山』で力道山の秘書を演じた日本人俳優の萩原聖人(33)へ、去る6日午後9時半、『力道山』のワールドプレミアが開かれた龍山CGVでインタビューを行なった。 萩原氏は短いスポーツ刈りで、20代前半と言われても信じてしまうほど、とても若々しい...


  • 映画『力道山』ワールドプレミア (2004/12/07)

    映画『力道山』(監督:ソン・ヘソン/制作:サイダス/15日公開)が、去る6日、ソウルCGV竜山において、海外の映画人やマスコミ約50チーム以上が参加する中、ワールドプレミアを行なった。 この席には、日本から力道山の実子百田光雄、ヒロインの中谷美紀らとともに、韓国国内の大物俳優も揃って参席し、注...


  • 日本ファンのために“力道山酒”登場 (2004/11/24)

    「力道山の酒が誕生した!」 映画『力道山』(監督・制作:サイダス)を記念する酒が、日本のファンのために製造される。 来たる12月15日、力道山の41周忌を記念し、公開される『力道山』を祝うため、ソル・ギョングの日本のファンが特別に製造した“力道山”という酒を手に韓国を訪れる予定である。 来...


  • 『力道山』に世界の映画マニアが注目 (2004/11/20)

    映画『力道山』が12月6日、世界の映画ファンに公開される。 海外の映画マニアとメディアが参加するこの試写会(ワールドプレミア)は、世界初であり、また、ただ一度の試写会である。この映画の制作社であるサイダスは「ソウル龍山CGV11全館において、2000席の規模で行われる予定」といい、「国内外の取...



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.