永遠の片想いの韓国映画ニュース・情報ののワウコリア

wowKoreaトップ
wowKorea韓国俳優スターニュース

永遠の片想い

胸がキュンとなる、甘酸っぱいラブトーリー

永遠の片想い
  • タイトル: 永遠の片想い (エイエンノカタオモイ)
  • ハングル表記: 연애소설
  • 監督: イ・ハン
  • キャスト: チャ・テヒョン、イ・ウンジュ、ソン・イェジン、ムン・グニョン
  • 公開年度: 2002年9月13日 韓国公開
  • ジャンル: ラブロマンス
  • 上映時間: 105分

永遠の片想いの関連ニュース

  • 女優の故イ・ウンジュの10周忌を追悼する特別上映会開催が決定 (2015/02/12)

     故イ・ウンジュの10周忌を追悼し、特別上映会の開催が決定した。  23日、故イ・ウンジュが所属していた事務所のナムアクターズが、CGVの独立・芸術映画専用館であるCGVアートハウスとともに「故イ・ウンジュ 追悼10周忌~イ・ウンジュ特別展」(以下、「故イ・ウンジュ特別展」)を開催し、ファンや...


  • ハン・ポベ 『私の人生最後のスキャンダル』でチェ・ジンシルの... (2008/02/25)

    母親の初恋相手チョン・ジュノの熱狂的なファンに…一風変わったエピソードを披露 子役界のトップスターハン・ポベが、MBC週末ドラマ『私の人生最後のスキャンダル』に出演する。ハン・ポベは、主人公チェ・ジンシルの可愛らしい娘アン・ジミン役を演じる。 『私の人生最後のスキャンダル』...


  • イ・ウンジュ4周忌を追悼し大勢の人々が訪れ (2008/01/23)

    女優故イ・ウンジュは、ファンの心の中で永遠に生きている。故イ・ウンジュの追悼4周忌を迎え、多くのファンたちはイ・ウンジュが永眠している京畿道一山(キョンギド・イルサン)の清雅(チョンア)公園を訪れている。 清雅公園の納骨堂関係者は「すでに4年目になったが、ファンの気持ちは変わらない。追悼4周忌...


  • 『無防備都市』で悪役に挑んだソン・イェジン「観客の評価が心配... (2007/12/28)

    2002年『永遠の片想い』、2003年『君に捧げる初恋』、2004年『私の頭の中の消しゴム』――。女優ソン・イェジンはいつもメロドラマの中にいた。清らかな笑顔で愛されながらも不治の病で命を落とす清純可憐な女性を演じてきた。2005年の映画『作業の定石(原題)』や翌年のドラマ『恋愛時代』ではキャラクタ...


  • キム・ヘス ソン・イェジン キム・テヒ…女優の変身は無罪?!... (2007/11/04)

    来たる冬に公開を控えている映画の中で、女優たちの型破りな変身が予告され観客たちの関心を集めている。まずはじめに、11月29日公開の映画『11番目のママ』のキム・ヘスは、これまでの挑発的で華やかなイメージとは異なり、無表情な顔と冷たい視線を披露する。華やかな衣装の代わりにみずぼらしいジャンパーとシワが...


  • チョン・イル『私の愛』でスクリーンデビュー!  (2007/08/09)

    『思いっきりハイキック』を通じて“ワンソナム(※)”として人気を博したチョン・イルが、『私の愛(仮題)』を通じてスクリーンデビューを果たす。 忘れられない恍惚な愛の瞬間だけを集め、劇場街を愛で埋めつくす映画『私の愛』で、チョン・イルはイ・ヨニと息を合わせ、ぎこちないが生き生きとした初恋の瞬間を...


  • “短髪”チョン・イル「新しい作品のため…」 (2007/08/01)

    31日午後、ソウル・狎鴎亭(アックジョン)のイタリアブランド<Mandarina Duck>売り場で開かれた<Mandarina Duck 秋冬プレゼンテーション>にチョン・イルが参席した。 『思いっきりハイキック』以後、オフをとっているチョン・イルは、映画『私の愛』の撮影を控えて髪を短く切っ...


  • チャ・テヒョン結婚 新婦は同級生の作詞家 (2006/06/02)

    俳優チャ・テヒョンさんが1日、ソウル市内のホテルで作詞家のチェ・ソクウンさんと結婚式を挙げた。2人は高校生からの同級生で、13年間の交際を経て晴れてゴールインとなった。式の司会は俳優のホン・ギョンミンさんが務め、歌手のキム・ジョングクさんが2人に歌を贈った。  新郎のチャさんは映画「猟奇的な彼女...


  • チャ・テヒョン 6月に結婚 (2006/02/17)

    高校時代の初恋実らせゴールイン 映画俳優チャ・テヒョン(30)が“初恋死守”に成功した。 チャ・テヒョンは来たる6月、初恋の女性と結婚式を挙げる。 新婦は高校時代に出会った初恋の人で、2人は13年間共に過ごしてきた高校の同級生。現在、両家の相見礼(結納)を終えた状態である。 チャ...


  • 2005年芸能界“消えたスターたち” 懐かしさだけが残る (2005/12/31)

    今年1年、芸能界で起きた様々な事件の中、ファンたちに深い悲しみと消すことのできない切なさを残したまま他界したスターたちが多かった。 多くのスターたちが病魔と闘い永眠され、ファンの切なさと痛みはとても深かった。ファンはスターの死後にもインターネットを通じて追慕の意を表し、芸能史に偉大な功績を残し...


  • クォン・サンウ主演映画『青春漫画』520万ドルで日本に輸出 (2005/11/14)

    クォン・サンウ、キム・ハヌル主演映画『青春漫画』(監督:イ・ハン/制作:ポップコーンフィルム)が制作を終える前に日本に販売された。 制作社である<ポップコーンフィルム>は「アメリカフィルムマーケット(AFM)を通じて日本の輸入社<SPO>に520万ドル(約54億ウォン)で販売された。これはペ・...


  • 映画『青春漫画』クォン・サンウ&キム・ハヌル「男女の友情はあ... (2005/11/08)

    2003年、映画『同い年の家庭教師』で、韓国全土520万人の観客を動員するというヒットを記録したクォン・サンウとキム・ハヌルが、映画『青春漫画』(監督:イ・ハン/制作:ポップコーンフィルム)でコンビを再結成した。 3年余りの時間が流れ、『同い年の家庭教師』の時は人気急上昇中のスターだったクォン...


  • クォン・サンウと共演!新作映画エキストラ参加&見学ツアーin... (2005/10/13)

    ドラマ『悲しき恋歌』で、多くの女性ファンを魅了した“韓流スター”クォン・サンウの新作主演映画『青春漫画』の、見学ツアーとエキストラ出演までできるという、一度で二度おいしいツアーが、近畿日本ツーリストと富士トラベルサービスより企画されている。 今回の映画『青春漫画』は、2003年に韓国で大ヒット...


  • チャ・テヒョン 自ら歌った歌のミュージックビデオに出演 (2005/09/14)

    チャ・テヒョンが自ら歌った曲『この手を離さないで』のミュージックビデオに直接出演した。 現在巨済島(コジェド)でソン・ヘギョと共に映画『僕の、世界の中心は、君だ。』の撮影中のチャ・テヒョンは映画『Sad Movie』のサントラCDに収録される予定の『この手を離さないで』のミュージックビデオのた...


  • 10年間続くコ・ソヨン人気  堂々たるセクシーさが魅力? (2005/07/12)

    一時期、“コ・ソヨン族”という言葉があった。 1990年代中盤当時、コ・ソヨンは新世代熱風の主役であり、ブラウン管のシンデレラでもあった。 彼女の一挙手一投足、彼女のファッションコードに、韓国全体が沸いたものだった。 当時、彼女はデビュー後間もなかったにもかかわらず、大衆の爆発的な支持を博して...


  • チャ・テヒョン 日本のファンと“ニコニコ” (2005/06/13)

    タレントチャ・テヒョン(29)が、日本ファンの訪韓に笑顔を見せた。 11日、ソウル明洞(ミョンドン)にあるファンキーハウスでタレントチャ・テヒョンのファンミーティングが行なわれた。 120余名の日本ファンが参加し開かれた今回のファンミーティングでは、チャ・テヒョンの主演映画『猟奇的な彼女』『...


  • キム・ハヌル “新しい我が家”で韓流クィーンに挑戦 (2005/05/03)

    (株)ポップコーンフィルム(代表:ハン・ソング)が、マネジメント事業のための子会社を設立した。映画制作と共に、マネジメント社としての進出を宣言したポップコーンフィルムは、先頃韓国内トップ俳優のキム・ハヌル、イ・ソンジェと専属契約を結んだ。 これまでの所属事務所と決別後、新たな所属事務所を探して...


  • 『四月の雪』ソン・イェジン “お茶を飲む女”に変身 (2005/03/17)

    新感覚緑茶飲料、ウンジン食品の<タシルロ>は、2月14日、製品のイメージに合わせ、今まで国内ではあまり見られなかった、新しいタイプのテレビCMを撮影した。 現在、後半作業が続いている<タシルロ>テレビCMのモデルには、映画『四月の雪』で“ヨン様”ペ・ヨンジュンと共演、話題になっているソン・イェ...


  • イ・ウンジュ自殺 原因は迷宮入り (2005/03/08)

    『スカーレットレター(スカーレットレター)』ヌードシーンのプレッシャー?金銭問題も 最後に通話した“オンニ”が決定的な手がかり...


  • 故イ・ウンジュ告別式 「時間をもとに戻せないのですか」 (2005/02/24)

    24日午前、イ・ウンジュの告別式が敬虔かつ厳粛な雰囲気の中で行われた。 映画女優ムン・グニョンは弔辞で、「か弱そうで力強く、悲しみの中でも希望を伝えようとしていた心、真実を秘めた澄んだ瞳、落ち着いた声と、優雅な身振り…いつも心と魂をささげて溶け込んでいた光の世界で、泣いたり笑ったり夢見たりして...



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.