【公演レポ】「JO1」、初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』完走! 次はもっと大きな会場でたくさんのJAMに僕たちの姿を見せたい

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【公演レポ】「JO1」、初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』完走! 次はもっと大きな会場でたくさんのJAMに僕たちの姿を見せたい
【公演レポ】「JO1」、初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』完走! 次はもっと大きな会場でたくさんのJAMに僕たちの姿を見せたい

【公演レポ】「JO1」、初のアリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』完走! 次はもっと大きな会場でたくさんのJAMに僕たちの姿を見せたい(画像提供:wowkorea)

11人組グローバルボーイズグループ「JO1(じぇいおーわん)」が10月23日東京・有明アリーナにて、アリーナツアー『2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’』のファイナル公演を開催した。今回はグループ初のアリーナツアーで、9月3日の愛知公演を皮切りに大阪、神奈川、福岡、東京までの5都市13公演で110,000人を動員。笑いあり、涙ありの「JO1」とJAM(ファンの呼称)の絆がさらに深まる公演となった。

開演時間2分前に会場の明かりが少し暗くなると、BGMとして流れていた「We Alright」のボリュームも徐々に大きくなり自然と手拍子が沸き起こる。ファンの期待感が最大限に高まると、開演時間ぴったりに会場が暗転しオープニング映像が流れた。ステージの両端の大型ビジョンに次々とメンバーが現れ、光の射す方へ向かって行く姿が映し出される。そして、ステージを覆っていた幕に大きくメンバーのシルエットが浮かび上がり、爆発音と共に幕が降りると、ステージに11人の姿が現れた。ドラムのシンバルカウントが鳴り響き、グルーヴィに躍動するバンドサウンドが会場を包み込むなか、1曲目に披露したのは「Move The Soul」。夢に向かって突き進む人々へのエールとして、突き抜けるような歌声を響かせた。続く「Born To Be Wild」では河野純喜(こうのじゅんき)のパワフルボイスが炸裂。恐れと期待を胸に力強く乗り越えていく挑戦心を華麗なパフォーマンスで表現。そして、「Tokyo Are you Ready?」と大平祥生(おおひらしょうせい)が叫ぶと、会場が真っ赤なペンライトで染まるなかパワフルなヒップホップナンバー「Algorithm」で荒々しくタフな魅力を見せつける。その雰囲気のまま披露したのは、「Stray Kids」のバンチャン、チャンビン、ハンの3人からなるプロデューサーユニット「3RACHA」が楽曲提供した「YOLO-Konde」。センターステージに移動してメンバーが散らばると、後方にいるファンとの距離を縮め、続く「Walk It Like I Talk It」でパワフルなラップとボーカルをヒップホップビートと共に畳みかけた。

エネルギッシュなパフォーマンスを5曲連続で披露すると、ひとり一人自己紹介をすることに。
鶴房汐恩(つるぼうしおん)は「こんばんは、こんにちは、小学生からあだ名はボンボン。柔道の好きな技は平安二段。鶴房汐恩です」とリズミカルにあいさつ。木全翔也(きまたしょうや)はマイクなしで「こんにちは!」と元気よくアピールすると「オーラスですが、存分に盛り上がって行きましょう。よろしくお願いします!」と気合い十分。豆原一成(まめはらいっせい)は「オーラスということで最後なので、今日もいっときます!KIZUNAツアーオーラス、キター--!盛り上がっていきましょう」とテンション高め。佐藤景瑚(さとうけいご)は「JAM…、昨日僕の夢に出てきましたか? やっぱりそうですよね? 何かドキドキしたんですよ。やめてくださいね、突然。出て来る時は言ってくださいね、出ますよって。今日は出てきますか? 今日も待ってます。今日は楽しんでいってください」と王子様モードでファンをときめかせた。続いて、白岩瑠姫(しろいわるき)がビジョンに映し出されると、顔ハートでかわいくポーズ。悲鳴のような歓声が漏れると「ただいま東京! 今日も素敵な思い出にしていきましょう。最後まで盛り上がっていきましょう」とキラキラな笑顔を見せた。川西拓実(かわにしたくみ)は「今日がKIZUNAツアーの最終日なので、腕が痛いくらい拍手して、体が疲れるくらい立っていてください。一緒に楽しみましょう」と手加減なしのあいさつで笑いを誘い、金城碧海(きんじょうすかい)は「スカイ、スカイ」と手拍子を求めてから「この調子で今日のツアー一日盛り上げていきますので、よろしくお願いします」と意気込む。大平祥生はJAMにコール&レスポンスを求めてから「今日も最高に幸せな一日にしましょう」とクールに伝えた。河野純喜は不服そうな表情をすると「お前らさー、お前らさー! オーラスだって言ってんじゃんかよー。盛り上げられるのか!拍手が小さいよ!(Tシャツデザインを指して)こいつが怒るぞ」とあいさつして会場の笑いを誘った。最後はリーダーの與那城奨(よなしろしょう)が「ハイサーイ。今日はオーラスということで僕たちも全力でいくので、皆さんも全力で僕たちに向かってきてください。よろしくお願いします」と、個性豊かなあいさつでファンを笑顔にした。

そして川尻蓮(かわしりれん)が「今日はオーラス、ラスト、マジマッ(最後)、最後、行けますか? 1つだけお願いがあります。俺らのためにぶっ倒れるまで盛り上がってください。最後です。盛り上がっていきましょう!」と念押しすると、川西が「続いての曲は!」と一度間をおく。川西の表情に会場中の視線が集中すると、にっこりと笑顔で「Shine A Light」と紹介。不意を突かれたJAMたちからは思わずため息が漏れる。そして、手を上げて手を握りしめる振りがはじまると、透明感のある爽やかな歌声を響かせた。曲の後半の白岩から川西に移るパートでは、川西が白岩の耳もとに急接近! その瞬間、会場からは悲鳴のような声が沸き起こった。ミディアムテンポの冬のバラード曲「僕らの季節」では、「今すぐ逢いに行くよ もう逃がさない 約束する君の手を離さない」と歌い、JAMの心をあたたかく包み込んだ。

11人の一糸乱れぬパフォーマンスのほかに、ユニットステージも披露。ピアノの音色が響くなか、川尻、鶴房、與那城がステージに登場すると「RUNNING」を歌唱。アイコンタクトを取りながら、伸びやかで美しい歌声を聴かせ、ファンの心を癒した。続いて、センターステージに大平、川西、木全、河野が登場するとミディアムバラードの「Get Inside me」を披露。広大な大地をイメージさせるドラムサウンドが会場を包み込むと、メンバー同士で手を握ったり、見つめ合ったり、肩を寄せ合いながら楽しそうに歌い、ファンの心を満たしていく。続いて、「Are You Ready!」と叫び声から始まった金城、佐藤、白岩、豆原のステージでは、重みのあるヒップホップビートが利いた「KungChikiTa」。アグレッシブなラップで攻めて、熱を帯びたエネルギーで会場を盛り上げた。

與那城、川尻、鶴房がステージに登場するとユニットステージについてのトークへ。ユニット曲で声が裏返ってしまったことを突っ込まれた與那城は「自分が一番びっくりした。まさかここでみたいな…。(ステージ)裏に戻ったらメンバー大笑いで(笑)。歌ってるときは冷や汗かいて、それを悟られないように歌わないとで…」と打ち明けた。その後、川西が合流し、同じユニットを組んでいた残りの3人がいないことに気付くと、どこからか叫び声が。すると客席から大平、木全、河野が現れてファンを驚かす。3人は木全を人質にして銃に見せかけた指をこめかみに突きつけて寸劇をはじめ、河野が「どうなってもいいのか、こいつが!」と熱演するが、あっさりと「いいよ」と言われて即終了。続いて佐藤は、與那城の声が裏返ったパートを歌いながら登場し、與那城をいじって会場の笑いを誘った。やっとメンバー全員がステージに揃うと、「豆の前髪が分れてるの好きやわ」「ハートになってる!」「かわいい」という言葉がメンバーから飛び交うと、富士額で前髪がくるんと分れてハートの形になっている豆原のアップがビジョンに映り、その愛らしい姿に客席からは悲鳴のような声が沸き起こった。

後半では、メンバーの歌声をじっくり堪能できるしっとりとした雰囲気のステージへ。木全が「KIZUNAを振り返る時間」として「Be With You(足跡)」を紹介すると、切なく響くギターサウンドが響くなか、椅子に座ったメンバーひとり一人にスポットライトが当たっていき、繊細で優しい歌声を響かせた。続く「ZERO」ではセンターステージで円になると、ゆっくりと回りながらステージが上昇。メンバーが左右に手を振ると、客席を照らすペンライトもゆらゆらと揺れ幻想的な空間が広がった。そして大平が「後半も僕たちと幸せな思い出を作っていきましょう」と伝えると、金城が「大好きなJAMに僕たちから心を込めて、聞いてください」と、「流星雨」を披露。温かくて繊細な歌声を聴かせ、ファンの心を熱くした。

公演も終盤に差し掛かると、残りのエネルギーをすべて振り絞るように、エネルギッシュなナンバーが続く。最新曲「SuperCali」では、呪文を唱える歌詞とダークな世界観で会場を魅了。デビュー曲「無限大(INFINITY)」、「La Pa Pa Pam」では大勢のダンサーと息の合ったパフォーマンスを繰り広げた。曲振りでは河野が佐藤に「あのスピードのある曲、お願いしていいですか?」と投げかる。佐藤は「気分的に違うんだよな…。やっぱあの曲じゃないとダメだよね。あの曲いっちゃっていいですか?」とイヤモニを通してスタッフと交信するような仕草をし、佐藤がジャケットの内ポケットに手を入れ、そこから赤い薔薇を取り出すと、ファンの歓声が沸き起こり「Rose」のステージへ。真っ赤なローズがビジョンに映し出され、会場も赤いペンライトで埋め尽くされると、情熱的で魅惑的なステージを披露し会場を一気に引き込んだ。

その後、「Speed of Light」、「OH-EH-OH」、「GrandMaster」など、スピード感あふれる楽曲が続き、あっという間に最後の曲へ。川西は「最後の楽曲になります。こうして皆さんと会えて、楽しい時間を過ごせて僕たちは幸せです。いつも本当にありがとうございます。夢ではなく現実なので、明日からお仕事、学校がんばりましょう」と伝えると、「This is no dream, so real」と歌って「REAL」のステージへ。清涼感あふれるパフォーマンスを披露し、「ありがとう!」と叫びながらメンバーはステージを後にした。

すぐさまアンコールを求める手拍子が沸き起こり、会場にムードあるメロディーが広がると、與那城が登場し「KIZUNA’s Bar」が開店。11人がステージに揃うと、與那城が「今日という幸せな日に乾杯」とグラスをかかげ、その言葉にファンはペンライトをグラスにして一緒に乾杯。ピンクのライトが会場を照らす中、白岩が「あのさー、オレ、やっぱJAMがいないとダメだわ」と言って投げキッスすると、ファンをクラクラさせる。アンコール曲として「Dreaming Night」、「Touch!」、「STAY」、「My Friends」、「Run&Go」とメドレーで披露すると、会場のボルテージは最高潮に達した。

最後はひとり一人、コンサートの感想を語った。
豆原は「めちゃくちゃ楽しくて、今日が最後ということで実感がまったくなくて、最後まで突っ走ってきたんですけど、本当に早かったなと。皆さんと一緒にいろんなところをまわってすごく楽しくライブが出来て本当に良かったと思います。僕は皆さんに元気や勇気など、明日から頑張ろうという気持ちを伝えるためにステージに立っているんですけど、僕も皆さんからたくさんもらって、明日からの活力になるなと毎日思っています。みなさんのおかげです。僕も20歳の成人男性なので、葛藤したり不安だったりとかいろんな気持ちを抱えながら生きているんですけど、みんなと一緒にステージに立てることをすごく嬉しく思います。今後も5年後、10年後もずっと大きいステージでみなさんと一緒に楽しい空間を作っていければと思います。本当にありがとうございます」と今後の未来を語った。

大平は「僕も幸せでした。KIZUNAツアーで全国のJAMのみなさんに会いに行けて、こういった大きい会場で皆さんと会えることができて、本当に嬉しく思っていますし、本当にJAMのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。今日みなさんと離れるのは本当に寂しいんですけど、次はもっとでかいところでやってやるぞという気持ちでオープニングからずっとメラメラしていました。この会場に来られなかった人もいるので、その人も合わせて、もっともっと大きい会場で僕たち幸せになりましょう。それまでついて来てください!」と次のステップに向けての意欲を見せる。

川尻は「楽しかったです。幸せです。オーラスって言葉があるのですが、千秋楽って言葉もありますよね。その言葉が気になり過ぎて本番直前に調べました。“千秋”という言葉には“待ち焦がれる”という意味があるらしくて、僕も次また会う日を待ち焦がれると思います。KIZUNAツアーをはじめて、最後に皆さんに言いたいことが初日からあって…」と声を詰らせる。すると、ピアノのメロディーが流れはじめ、続けて彼は「僕たちはオーディション番組出身で、視聴者の皆さんが投票してくれてデビューできた11人なんですけど、本当にオーディションに出るまでは何もなかったんです。そんな、何もなかった僕に幸せやこんなすてきな時間をくれて本当にありがとうございます。こうやってライブができるのは普通じゃなくて、こういった状況の中で会えるのが、奇跡だと思います。みんながいたからです。ありがとう。実は今日、お母さんが来ています。福岡公演にもお母さんが来てくれて、泣いちゃって、今日も泣いちゃって、なんか毎回泣いていると思われるのが嫌だなと思って…(笑)。いろいろ言いたいことがあるのですが、最後に、心から愛しています。また絶対に会いましょう」と涙ながらに語り、会場の涙を誘った。

金城は「僕からみなさんに言いたいのは、全公演含めて、足を運んでくださったJAMのみなさん本当にありがとうございました。ちょうど1年前くらいにライブがあって、僕は出られてなくて…」と、適応障害で一時的に活動を休止していたことを話し始める。彼は「ぶっちゃけたことを言うと、数か月間誰とも連絡とってなくて、社長の連絡も返してなかったくらい閉ざしてたときがあったんです。徐々にみんなやメンバー、諦めずに付き添ってくれたマネージャーのおかげで立ち直ることができて、数か月後にメンバーに会って、『未完成』G0 to the TOPの試写会に初めてみんなで行ったんです。そのときに思ったのは、やっぱこのメンバーじゃないとダメだなと思ったし、自分で抱えて悩んでいたことが、もっとみんなに相談して頼れば良かったなと思ったと同時に、映像とみんなが歌う『飛べるから』を聴いて、最初から涙が止まらなくて…。監督ともお休みする前に話していて、短期間でJO1のことをすごくよく思ってくださって、僕たちっていろんな人に愛されているなって思って。そういう人たちも裏切らないようにこれから僕たちは頑張っていけたらなとその時に心に誓いました。JAMがいてくれるからこそ、JO1もいるし金城碧海がいるのかなと思います。いつもありがとうございます。僕も実はお母さんが見に来てくれていて、母子家庭で育って、やっぱり女手ひとつで育てるのは大変なんですよ。ガキんちょだったから迷惑をすっごくかけたろうし…。こうやってやりたいことを見つけて、自分のしたいことをして、こんなにも愛されることができてることが…、どうなのかな、誇らしく思ってくれているのかな。本当にまだまだできてないんだけど、これからもっと恩返ししていきたいです。これからも僕たちと一緒についてきてください。楽しい時間をありがとうございました」と、心のうちを明かした。

鶴房は「ツアーは9月3日から10月23日まで、もう1か月と20日、ほんまにラストがくるのかなと思ってたんですけど、あっという間に来ちゃいましたね。ほんまに楽しかったですし、こうやってJAMの皆さんの顔を見るとすごい幸せそうで、僕たちも幸せになります。本当にありがとうございます。実は今日はおばあちゃんが、僕のばあばが来ています。ばあばが若い頃、歌手になることが夢だということを聞いていました。こうやって代わりにはならないかもですが、小さい頃から僕のことを見守ってくれているばあばに、僕がステージに立っているよということを少しでも目に焼き付けてくれていたなら嬉しいです。僕が言いたいことはですね…」と一呼吸入れると、マイクなしで「JAM大好き!」と叫び、ファンへの愛情を届けた。

白岩は「僕はツアーが始まる前に体調を崩していて、3回あったリハーサルのうち最後の1回だけ出られたんですけど、それに出られなかったら最初の愛知公演に立てなかったんです。今、振り返ると、全公演JAMの皆さんの前でステージに立ててホッとしています。ありがとうございます。本当に幸せです。いろんなところに行きましたし、JO1とJAMの思い出が増えたなって思っているんですけど、みなさんはいかがでしたか? 満足していますか? まぁ、満足してなかったら一緒に帰ってあげようかなって思ったんですけど、満足しているとのことなので、今日はなしということで…。それでも行きたいよという方は、先着5名様まで一緒に帰るのでそこで待っていてください」と冗談を交えて振り返った。

木全はマイクなしで、「楽しかったですか?」と投げかけると、大きな拍手が返ってくる。彼は「僕たちも楽しかったし幸せでした。ありがとうございます。約2か月近くある初めてのツアーだったんですけど、いろんな思い出がJAMとも増えたのですが、メンバーともたくさん思い出が増えましたし、良い経験がたくさんできました。そして、明日からその楽しみにしていたツアーがなくなっちゃって、しんどいなってなっちゃうかもしれないんですが、僕たちがいるので安心してください。JO1はいつでもJAMのことを支えます。本当にありがとうございました」と力強く伝え、佐藤は「すごく楽しかったです。幸せでした。もうすぐハロウィンですね、クリスマスも来ますし、またお正月が来て、夏がきて、ずっと一緒ですよね。僕ももう24ですよ。今までは年を取るのが嫌だったんですけど、最近は楽しくなってきて、来年は何があるかなって考えるようになって、来年25歳、もっともっとライブできたらなと思っているんです。これからも、ずっとずっと25歳も26歳も、30歳になっても、40歳になっても一緒にいてください。お願いします。僕のクリスマスを全部あげます。僕が一人ぼっちになることはないですよね。一緒にこれから楽しいことをしましょう。ありがとうございました」と今後の計画を語り、ファンの心を満たした。

川西は、「今日は最後なんですけど、こうして皆さんの前に立って、歌ったり踊ったり話したりできるのは、いつも応援してくださっている皆さんのおかげだと思います。本当にありがとうございます。またこうして皆さんの前にかっこいい姿で立てるように音楽制作たくさんがんばります。僕もできたらいいなと思っています。期待してください。今日はありがとうございました」と、ファンの期待感を高めた。

與那城は「皆さん、楽しめましたでしょうか?JAMの皆さんの反応を間近で見られることが本当に嬉しいですし、もっともっと大きなステージでたくさんのJAMの皆さんに僕たちの姿を見てほしいと思っています。僕たちもJAMの皆さんの反応を見られて嬉しいし、心が満たされるというかすごい支え合っているなって感じます。JAMがあってこそのJO1ですし、僕たちも皆さんのためにいろんなことをどんどんやっていきたいと思っています。これからも成長していきますので、僕たちのことを見守り続けてください。ありがとうございました」と伝えた。

そして最後にピアノのメロディーが流れると、河野の番。彼は「蓮君の話、感動しました。こいつら全員ね、ダメダメ人間でした。僕はダメじゃなかったんですけど」と冗談を言って笑いを誘う。続けて「昔から歌うことが大好きでした。ずっと歌って…」と涙が越えられず言葉を詰らせると、メンバーから優しい言葉がかけられた。そして彼は「夢が実って良かったと思います。もっともっと高いところを目指して頑張り続けたいと思ってます」と語り、「実は今日、お父さんとお母さん来てないです。ありがとう!愛してます」と、最後は笑いで締めくくった。

11人の熱い想いが込められた言葉を胸に刻んでからは、この日の思い出を残すための記念撮影へ。すると川尻が「俺のケータイでも撮っていい?」と言ってステージからいなくなる。しばらくすると、突然バースデーソングが流れ、細長いボックスをワゴンに乗せた川尻が登場。10月25日が誕生日の與那城の誕生日をお祝いするサプライズイベントが行われた。体調を崩さず元気でいてほしいという意味の韓国語の「アプジマヨ」ソングでノリノリに踊って盛大に祝い、いざ細長いボックスを開けてみると、そこには箱の長さとはまったく異なる小さな6段ケーキが。「ちっさ!」と突っ込まれると川尻が「もう一回やる?みんな一回記憶を消して、もう一回やろうか」と言うと、ちゃんとした大きなケーキを持ってきて、仕切り直してお祝い。大平はファンが準備したという「おめでとう」というプラカードを見せると、客席には同じプラカードを掲げるファンの姿が。これを見た與那城は感動して涙ぐんでいた。彼は「自分の誕生日でこんなに泣くとは思わなかった。ありがとうございます。みんなに支えられてここまでやって来られました。まだまだJO1の旅は続きますので、応援よろしくお願いします」と熱く語った。

そして、アンコール曲「With Us」を披露。センターステージやメインステージの隅々まで行ってJAMにあいさつをしていき、最後に河野が「JO1はJAMの皆さんを愛してます!」と告白。JAMの心をJO1の愛で満たすと、1人ずつステージを後にした。しかし会場に鳴り響く拍手は止まらず、JAMの拍手に応えて再度登場してくれたメンバーたち。ダブルアンコールとして、JAMとの絆を歌った「君のまま」を歌唱した。メンバーの繊細かつエモーショナルな歌声をJAMの心に届け、3時間越えのツアーファイナル公演は、笑顔と拍手に包まれながら幕を閉じた。

2022年10月24日15時20分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「JO1」、LIBREを深く学ぶ「DISCOVER...

【イベントレポ】「JO1」、LIBREを深く学ぶ「DISCOVER...
イヴ・サンローラン・ボーテのアイコンフレグランス“LIBRE”の スペシャルイベント「I AM LIBRE」の開催を記念し、アンバサダーのローラと11人組グローバルボーイズグループ「JO1」...

【個別インタビュー】パク・チャヌク監督、「BTS(防弾少年団)」R...

【個別インタビュー】パク・チャヌク監督、「BTS(防弾少年団)」R...
映画「オールド・ボーイ」や「渇き」、「お嬢さん」など、刺激的な素材で世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた鬼才パク・チャヌク監督の新作「別れる決心」が2月17日(金)より日本全国で公開する。...

【イベントレポ】「YOUNITE」、ユーモアあふれるトークとキュー...

【イベントレポ】「YOUNITE」、ユーモアあふれるトークとキュー...
2023年1月8日東京・Zepp Diver City(Tokyo)にて、「YOUNITE」の来日ファンミーティング「1st FANMEETING IN JAPAN “Winter Blos...

【イベントレポ】シン・ウォンホ 2年半ぶりにファンと再会「もっとも...

【イベントレポ】シン・ウォンホ 2年半ぶりにファンと再会「もっとも...
韓国の俳優兼歌手のシン・ウォンホの除隊後初となるファンミーティング“SHIN WONHO 1ST FANMEETING「START OVER AGAIN」”が2023 年 1 月 28 日(...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。