【個別インタビュー】「WEi」、今作から新たなテーマ“Love”シリーズがスタート!メンバーたちにとってのLoveなもの、ときめいたこととは?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー】「WEi」、今作から新たなテーマ“Love”シリーズがスタート!メンバーたちにとってのLoveなもの、ときめいたこととは?
【個別インタビュー】「WEi」、今作から新たなテーマ“Love”シリーズがスタート!メンバーたちにとってのLoveなもの、ときめいたこととは?

【個別インタビュー】「WEi」、今作から新たなテーマ“Love”シリーズがスタート!メンバーたちにとってのLoveなもの、ときめいたこととは?(画像提供:wowkorea)

ニューアルバム「Love pt.1:First Love」が絶賛発売中の実力派6人組ボーイズグループ「WEi」。韓国での初の単独コンサート(4月16日・17日)に続き、日本でも横浜(4月28日・29日)と大阪(5月2日)で、初の来日公演「WEi FIRST LOVE in JAPAN -Live & Fanmeeting-」の開催が決定するなど、勢いを加速させている彼らが、書面インタビューにてニューアルバムの注目ポイントや“Love”にまつわる話などを語ってくれた。


Q.前作シリーズ“IDENTITY”を経て、今回のアルバムから“Love”シリーズが始まります。テーマを“Love”に決めた理由を教えてください。

チャン・デヒョン:“IDENTITY”では「WEi」の成長と本来の姿を描いたので、今度は“Love”シリーズを通じて、現在の僕たち「WEi」と同じような若者たちの感情を盛り込んだ音楽を聴かせたいと思いました。さまざまな形で、誰もが経験する愛をテーマに、もう少し多くの方々と共感していきたいです。


Q.チャン・デヒョンさんがラップメイキングに参加されているタイトル曲「Too Bad」の注目ポイントは?

チャン・デヒョン:まず、「Too Bad」の歌詞が抽象的で比喩的な表現が多いのですが、雰囲気が一変するラップ部分では直接的な愛を表現しようと思いました。全体的な曲の雰囲気である初々しさと、ときめく感情をパフォーマンスとして表現している部分に注目していただけたら嬉しいです。また、メンバーたちの相性が感じられるパフォーマンスもたくさんお見せする予定なので、期待していただけたらと思います。


Q.ニューアルバム「Love pt.1 : First Love」の中で、特に気に入っている曲を教えてください。

ユ・ヨンハ:「BLOSSOM(花咲く)」が一番好きです。デヒョン兄さんが話した通り、デヒョン兄さんの曲はいつもメンバーを想って書いている曲なので、より共感できるような気がします。
カン・ソクファ:僕もデヒョン兄さんが作詞作曲をした「BLOSSOM(花咲く)」が、初恋が始まったかのように、季節の始まりの春を連想させてくれるので、初々しい青春と一番近い歌だと思います。
チャン・デヒョン:僕は「Super Bumpy」です。ヒップホップのジャンルもよく似合うメンバーたちを見て、もっと好きになったような気がします。
キム・ヨハン:僕は「Bad Night」が今回のアルバムのテーマである初恋と一番似合っている曲だと思うのと、一日中聞いても飽きない曲だと思います。
キム・ジュンソ:僕は「花束(Bouquet)」という曲です。この曲はメンバーたちの音色を淡白に込められていると思っていて、一番好きな曲です。
キム・ドンハン:僕はセクシーな雰囲気の曲が好きなので、「Know Ya」を選びました。僕たちのダンディーな雰囲気をアピールしてくれる曲だと思います。


Q.「Too Bad」のミュージックビデオではメンバーの皆さんがポップコーンを持って映画を見ながら喜怒哀楽を表現するような場面などもありましたが、撮影中のエピソードなどを教えてください。

キム・ヨハン:そのシーンを撮りながら、たくさんポップコーンを食べたことが記憶に残っています。
キム・ジュンソ:ポップコーンを投げたり、3Dメガネをかけたりしたんですけど、思っていたよりもカメラが見えなくて少し焦りました。


Q.実際に皆さんはどのジャンルの映画が好きで、どのようにして見るスタイルですか?

キム・ヨハン:僕は映画を見るときは、飲み物以外は何も食べないです。ロマンスやアクション系のジャンルが好きです。
ユ・ヨンハ:僕は映画館で見るより、家で他の人たちと話しながら映画を見るのが好きです。
キム・ジュンソ:僕は映画館ならポップコーンとナチョスを必ず食べるタイプです。友達とマーベルシリーズを見るのが好きです。
キム・ドンハン:深夜映画を見るのが好きなのですが、最近は見られなくて悲しいです。
チャン・デヒョン:僕は一人で見る映画が好きです。食べ物をたくさん持って行って、一人で映画を見るのが好きなんですけど…。もう長い間、見に行けていないので悲しいです。ジャンルの中ではホラーは見られないです。
カン・ソクファ:映画館にはあまり行かない方なので。ヨンハ兄さんと家で見たりはします。


Q.アルバムのイメージカットでは、皆さんのスウィートな雰囲気が感じられたのですが、実際にメンバーの中で一番スウィートなメンバーというと?

ユ・ヨンハ:いないと思います。
チャン・デヒョン:僕が一番スウィートだと思います。
(ヨンハ、デヒョン以外のメンバーたちが「違います」と反論)
キム・ジュンソ:僕のあだ名が「キムジュンスウィート」です。
カン・ソクファ:僕はよく分からないですが、ヨンハ兄さんの足がスウィートだと思います。
キム・ジュンソ:実はスウィートなメンバーの話をするのは、お互い恥ずかしいです。
チャン・デヒョン:みんなスウィートだと思います。

Q.今回のアルバムのテーマでもある“Love”にちなんで、自分にとってのLoveなことを教えてください。

カン・ソクファ:僕のLoveなものは家族で、家族といえばメンバーとクッキー。そして、僕の家族です。
キム・ジュンソ:僕にとってLoveなものはデヒョン兄さんだと思います。
チャン・デヒョン:そうですね。愛しています。
キム・ヨハン:メンバーたちがたくさん愛について話してくれたので、僕はRUi(=「WEi」のファンネーム)と僕たちの愛の話をしたいです。


Q.今は季節柄、“春のときめき”、またニューアルバムのような“初恋のときめき”など、さまざまな“ときめき”がありますが、最近どのようなことにときめきましたか?

キム・ジュンソ:初の単独コンサート開催が決まったことに一番ときめきました。
キム・ヨハン:初の単独オフラインコンサートなので、とてもときめいている事なのですが、上手くできるか心配でもあります。


Q.今回のアルバム活動、初の日本公演に期待している日本のファンにメッセージをお願いします。

カン・ソクファ:常に新しい姿をお見せしますので、期待していてください!もうすぐ会いに行く予定なので、あと少しだけ待っていてください!
チャン・デヒョン:いつも見守りながら待ってくださり、ありがとうございます!僕たちもうすぐ会いましょうね。

2022年4月4日14時42分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「AB6IX」、日本初ファンミ「2022 AB6I...

【イベントレポ】「AB6IX」、日本初ファンミ「2022 AB6I...
6月16日(木)パシフィコ横浜 国立大ホールにて、4人組ボーイズグループ「AB6IX」が「2022 AB6IX FAN MEETING AB_NEW AREA IN JAPAN」を開催。約2...

【イベントレポ】是枝裕和監督最新作「ベイビー・ブローカー」キャスト...

【イベントレポ】是枝裕和監督最新作「ベイビー・ブローカー」キャスト...
第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞、エキュメニカル審査員賞を受賞し、2冠の快挙を達成した是枝裕和監督最新作「ベイビー・ブローカー」。日本でもついに6月24日(金)から公開が始まったのを記...

【取材レポ】「JO1」、ショーケースでアルバム収録曲とJAMへの想...

【取材レポ】「JO1」、ショーケースでアルバム収録曲とJAMへの想...
日本のグローバルボーイズグループ「JO1」が、6月20日(月)神奈川・KT Zepp YokohamaでJO1 2ND ALBUM発売記念ショーケースイベント「PARTY With Us」を...

【イベントレポ】「JO1」、YSL BEAUTY大型コラボイベント...

【イベントレポ】「JO1」、YSL BEAUTY大型コラボイベント...
イヴ・サンローラン・ボーテのジャパンアンバサダーである「JO1」が最新ファンデーションの発売を記念し6月15日(水)渋谷ヒカリエ ホールAにて記者会見と初の全英語詞曲「ALL HOURS」の...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.