【イベントレポ】「AB6IX」、雰囲気からも伝わる仲の良さ! 愛嬌溢れる一挙一動にファン熱狂のスペシャルファンミーティング開催!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】「AB6IX」、雰囲気からも伝わる仲の良さ! 愛嬌溢れる一挙一動にファン熱狂のスペシャルファンミーティング開催!
【イベントレポ】「AB6IX」、雰囲気からも伝わる仲の良さ! 愛嬌溢れる一挙一動にファン熱狂のスペシャルファンミーティング開催!

スペシャルファンミーティングを開催した「AB6IX」

作詞作曲、振付創作、プロデュースなどを自らこなす多芸多才な実力派アイドル「AB6IX」が、12月18日(水)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて、「BRANDNEWBOYS―完全体リアリティ」AB6IXスペシャルファンミーティングを開催した。

 ことし5月に公式デビューを果たした「AB6IX」は、10月に1stフルアルバム「6IXENSE」をリリースすると韓国の音楽番組で1位を獲得。「2019 Asia Artist Awards」では新人賞、「2019 Melon Music Awards」では「ホットトレンド賞」を受賞するなど、大注目の新人ボーイズグループである。

 イベントは開演前からファンの熱気で会場は充満。待ちわびるファンの前にメンバーが姿を現わすと、たちまち大歓声が響き渡った。メンバー1人ずつスポットライトに照らされ、手を振ったり、ポーズをとってファンにあいさつ。メンバーがアクションするたびに、割れんばかりの歓声が飛び交った。オープニングステージはデビュー曲「BREATHE」でスタート。ファンの掛け声が大きく揃う中、スタイリッシュなパフォーマンスを披露し、会場はさらなる熱気に包まれた。「久しぶりです~」と呼びかけると熱い反応を示すファンに、メンバーは笑顔でサムズアップ。「みなさん、『AB6IX』のヨンミンです」、「久しぶりだな~みなさん、ウンです」、「会いたかったです! みなさんのデフィです」、「お久しぶりです! ドンヒョンです」と表情豊かに1人ずつあいさつを済ますと「最後まで一緒に楽しみましょう! 」と声をあげた。

 「AB6IX」のデビューに密着したリアリティ番組「BRANDNEWBOYS」では、「Wanna One」のウジン&デフィ、「MXM」のヨンミン&ドンヒョン、練習生のウン、とそれぞれの場所で活動していた「BRANDNEWBOYS」が、完全体となりデビューするまでの過程が収録されている。キーワードトークのコーナーでは、「希望」「努力」「メンバー」「とまどい」のテーマにそって、デビューするにあたって感じたことなどを振り返りながら、それぞれの気持ちを語った。「完全体を目標としながら、より大きく広いステージに希望を持って準備してきた」と話すヨンミンに、「5人それぞれが、それぞれの位置で努力してきました。その努力のおかげで『ABNEW』(=「AB6IX」のファン)に会うことができました。『ABNEW』にとって誇りになれるように努力していきたいです」とドンヒョン。「ぼくが練習生だった時、他のメンバーはすでに活動していたので、一緒のステージに立つということは少しプレッシャーも感じました」と当時の心境を明かしたのはウン。しかし、「優しくいつも助けてくれて、今では安らげる場所となっています。家のようです」と、今では信頼できるメンバーへと感情に変化があったよう。「ケンカしたことありません! マジで! 」と言う通り、イベント開始から間もない時間の中でも、メンバーから醸し出される雰囲気や会話の節々から仲の良さをうかがわせた。新しく始めるということに、とまどいを感じるタイプだというデフィは、「新しいことを始めるのはあまり好きではないので、新しいことはできるだけやらないようにと思っていました」というも、挑戦したおかげでこのメンバーとデビューすることができたのだと語り、新たな一面を感じさせた。

 “エンディングカット&セルカポーズ”コーナーでは、メンバーたちのキメ顔披露で会場は大盛り上がり。ヨンミンの挑戦では、しゃがんでかっこいい表情でキメるも、デフィからは「うーん(100点中)5点? 」と辛辣な評価が下された。ヨンミンは「頑張るよ…」と落ち込む姿で笑いを誘った。ドンヒョンは、ファンたちが歌う歌に合わせてエンディングポーズ。キラキラとした笑顔でアイドル全開の表情を見せると、客席からは「100点! 」との声が。するとすかさず「ぼくは? 」と問うヨンミン。可愛くうなだれるヨンミン見たさに、「5点」とファンは口を揃えた。

 「ナヤ ナ(PICK ME)」でのエンディングが話題だったデフィは、元祖エンディング妖精らしく、自信感のあるエンディングポーズで当時を再現。「鼻の穴が大きくなってはいけません」と冷静に話し、観客を笑わせた。ウンはバラード曲バージョンのエンディングカットに挑戦。ラストフレーズを歌って、切ない表情のまま口元を震わせて余韻を残すウン。泣きそうな感じがポイントだとし、こだわりを感じさせた。またウンは、顎でピースしアヒル口をしたセルカポーズで可愛い表情を見せ、デフィは「セルカはフィルターが重要です。腕は45度、顎を光の方へ向けて」と流暢にセルカポイントを説明。ケータイを構えるフリをするファンたちに「せーので1番かわいい表情! 」と実践形式でレクチャー。「みなさんが1番きれい! 」と褒め言葉も忘れず、セルカ講座を終えた。

 「今日のTMI」を聞かれ、元気よく挙手したのはドンヒョン。普段はホテルの朝ごはんを食べないヨンミンが、今日は自ら誘ってきたのだという。「ぼくが言おうとしていたのに」と話題が被ってしまいをしょんぼりするヨンミンだったが、「今日は3食食べました」と補足。元々食に関心がなかったが、「最近食べることに幸せを感じるようになったと思います」というヨンミン。「だから太ったかも」と頬を膨らませたり、朝食はパンだったと言うと、メンバーから「パンミン(かわいいヨンミン)」といじられ、「パンミンじゃない〜! 」と声を上げるヨンミンは、最年長と思えない可愛らしさを放った。ウンのTMIは、「ヒョン、行かないとですよ! 」とデフィが朝起こしてくれたこと。デフィはコンビニで買ったいちごケーキが美味しかったことを話し、「いちフィ(いちごデフィ)…あんっ! 」といちごを体現したような愛嬌でファンの顔をほころばさせた。

 ゲームコーナー"IDカードをGETせよ"では、1万円分のチャージが入ったIDカードをかけて、メンバーがミッションに挑戦。1万円という言葉を聞きテンションがあがったメンバーたちは、早速ウンへのプレゼントがかかった、輪ゴムリレーをすることに。口にくわえたスティック菓子の先端に輪ゴムをかけ、手を使わずに次の人へと輪ゴムをパスしていき、制限時間内に一往復できれば成功となる。「うまっ」と声を漏らしながら使用するスティック菓子を食べてしまったウンは、短くなったスティック菓子でおこなうこととなり、始まる前から先行きに不安を感じさせた。

 しかしスタートすると、メンバーたちはスティック菓子の長さは関係ないかのように、相手の首に手を回し顔を引き寄せゲームに熱中。沸き上がる会場とは裏腹に、メンバーたちは真剣な表情でミッションを成功させた。続くオレンジリレーは、バトン代わりとなるオレンジを、あごにはさんで次の人のあごへと渡していき、制限時間内に一往復できればクリア。ヨンミン、ウンと出だしは順調だったが、「くすぐったい! 」と言い手こずるデフィとドンヒョン。諦めたのか手を使い不正するメンバーも見受けられながらゴールをするも、当然結果は失敗に。プレゼントがかかっていたヨンミンは、もう一度チャンスをもらうため愛嬌を披露することとなり、「MELTING」のヨンミンパート「サランへ〜」で会場を沸かし、チャンスゲット。

 順番を変更し再挑戦したオレンジリレーは、スムーズに進み、見事ミッションクリアとなった。いもむしキャラメル、幼虫和菓子、オオサンショウウオこんにゃく、といった本物そっくりな変わり種食品にトライするミッションでは、「ドンヒョンのミッションなので、ドンヒョンだけ食べればいいと思います」とキッパリ言うデフィ。虫嫌いなデフィは気が重い様子。1人1個食べればクリアのいもむしキャラメルでは、意外と躊躇なく口にするメンバーたち。ジャンケンで負けた2人が食べることになった幼虫和菓子では、ジャンケンで負けると固まって動けなくなってしまったヨンミンとドンヒョンであったが、意を決したようにヨンミンはナイフで丁寧に幼虫を二等分。すると中にある餡子を見て安心したのか、2人は一口で食べきった。

 オオサンショウウオこんにゃくは4人でひとつを食べることに。大きめに切った尻尾部分を勢いよく口に入れたはいいものの、なかなか咀嚼に踏み切らないドンヒョン。薄っぺらく切って食べるも、口に合わないのか顔を歪めるヨンミン。「しょっぱい! 」と言いながらも頑張って食べるウン。食事制限している時にこんにゃくを食べていたというデフィは、みんなの期待を背負い、イスに座り襟元にタオルをかけ、ディナーかのように上品に食べ始めた。「うんうん」と頷き平気そうな顔をするも、途中で断念。残念ながらギブアップで終わった。最後はデフィへのプレゼントがかかった、超高速ダンス。どんどんテンポが速くなる「BREATHE」を、メンバーたちは完ぺきに踊り、楽々とクリア。1人だけプレゼントを逃したドンヒョンだったが、最後に「ジュテヨ~(くだちゃい)」と最大級の愛嬌を披露し、見事プレゼント獲得となった。

 ゲームで楽しんだ後は、リアリティ番組再現コーナーで当時の感動を蘇らせた。ヨンミン、ドンヒョン、デフィの推薦で「BRANDNEW BOYS」 5人目のメンバー候補となったウン。5人でのパフォーマンスを準備しながら、絆を深めるメンバーたち。そして緊張感漂うBRANDNEW MUSIC 代表の前での披露当日。番組内で明かされた完全体デビューやお互いに対しての想いを、メンバーによる生演技とVCRで振り返った。途中、セリフ中に笑ってしまうヨンミンにつられ、会場には笑いが広がり、それからは、オーバー演技のデフィとドンヒョンと、一気に和気あいあいムード。最後はみんなでハグし、完全体完成の喜びを分かち合った。

 イベントラストはライブステージ。「みなさんの愛があるから、僕たちは輝けるのです」(ドンヒョン)、「これからは僕たちが星座になって、輝かせます! 」(デフィ)、「ファンたちに感謝の思いを込めた歌」(ヨンミン)、「はじめてのファンソングをお届けします! 」(ウン)と伝え、始まったのは「ピョルチャリ(星座)」。
ファンに手を振り、優しい表情を浮かべながら、気持ちを届けるように歌い上げた。そして新曲「BRIND FOR LOVE」 で、再び観客を熱気の渦に巻き込んだ。

 最後に、「今回はウジンが(右ひざの負傷のため)来られなくて残念ですが、次はウジンも一緒に、完全体でみなさんの前に現れたいと思いますので楽しみにしててください! 」(ヨンミン)「もっとすてきな姿を見せられるように頑張ります。来てくれて、マジで、本当に、ありがとうござます! 」(ウン)、「今日は楽しい時間を過ごすことができました。次はコンサートでお会いしましょう! 」(デフィ)、「遠くから応援してくれて、愛してくれて、ありがとうござます。これからもかっこいい『AB6IX』になるので、よろしくお願いします! 」(ドンヒョン)と1人ずつあいさつし、ステージを後にした。

2019年12月25日15時16分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】俳優チ・チャンウク、除隊から初のファンミでYouT... 【イベントレポ】俳優チ・チャンウク、除隊から初のファンミでYouT...
 韓国俳優チ・チャンウクが約3年振りに神奈川・パシフィコ横浜にてファンミーティング「JI CHANG WOOK 2020 ASIA FANMEETING TOUR <Waiting for ...
【イベントレポ】「SEVENTEEN」、LAでのワールドツアーが盛... 【イベントレポ】「SEVENTEEN」、LAでのワールドツアーが盛...
 「SEVENTEEN」が19日にロサンゼルス “The Forum”にてワールドツアー「SEVENTEEN WORLD TOUR ODE TO YOU IN LA」を成功させた。この日、全...
【イベントレポ】シン・ヘソン(SHINHWA)、変わらぬ美声でファ... 【イベントレポ】シン・ヘソン(SHINHWA)、変わらぬ美声でファ...
 韓国グループ「SHINHWA(神話)」のシン・ヘソンが、約2年ぶりに韓国でリリースしたソロアルバム「Setlist」を引っ提げて、「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 20...
【会見レポ】映画「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督×ソン... 【会見レポ】映画「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督×ソン...
 第72回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。12月27日からの先行公開(東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田の2館限...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.