【イベントレポ】RAIN(ピ)、約1年半ぶりファンミで神対応! ファンのお悩み相談やアンコールを巡る駆け引きなど、気さくでお茶目な人柄にファンメロメロ!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】RAIN(ピ)、約1年半ぶりファンミで神対応! ファンのお悩み相談やアンコールを巡る駆け引きなど、気さくでお茶目な人柄にファンメロメロ!
【イベントレポ】RAIN(ピ)、約1年半ぶりファンミで神対応! ファンのお悩み相談やアンコールを巡る駆け引きなど、気さくでお茶目な人柄にファンメロメロ!

約1年半ぶりとなるファンミーティング&ミニライブ「RAIN 2gether 2019 Fanmeeting in Japan」を開催したRAIN

Rain(ピ)が10月16日(水)東京・板橋区立文化会館にて、約1年半ぶりとなるファンミーティング&ミニライブ「RAIN 2gether 2019 Fanmeeting in Japan」を開催。ステージパフォーマンス、ゲームコーナーなどを通して、神対応のファンサービスを見せ、ファンを熱狂させた。

 この日は、ジャケット×ジーンズのオシャレな大人のジャケパンコーデに、サングラスというスタイルで登場したRAIN。圧倒的なオーラを放ちながら、総立ちで迎えるファンの前で、「太陽を避ける方法(Gtr.Remix)」をセクシーなダンスと共に魅せると、会場は一気にヒートアップ。曲の途中で、RAINがサングラスを外すと、会場にはさらに黄色い歓声がこだました。

 そんなカリスマ性を発揮しながらも、客席に向け、笑顔で手を振ったり、おじぎをするなど、ファンとの再会をうれしそうにするRAIN。続く「I DO」では、なんといきなり客席に降りていき、ファンの手を握るなど、ファンを歓喜させた後、ステージに戻り、ダンスブレイクではDJプレイをするような、しなやかなパフォーマンスを見せると、「チョン・ジフン」コールが。オープニングから、会場は一体となって盛り上がった。

 まずは、「皆さん、お久しぶりです。RAINです! きょうもたくさんの方が来てくださって、ありがとうございます」と笑顔であいさつし、「きょうは自然な感じで、楽しく遊びたいなと思っています」と意気込んだRAIN。続けて、「つい最近、台風で大きな被害があったと聞きました。そんな最中に、ファンミーティングをしてもいいのだろうかと思いました。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます」と数日前、日本を襲った台風19号の被災者への気遣いを見せた。

 オープニングトークでは、Yumiの司会で、近況写真を公開しながらエピソードトークを披露。韓国で9月まで放送されていたドラマ「ウェルカム 2 ライフ」の撮影現場で、共演者に手をマッサージしてあげる写真が出ると、「僕のマッサージは最高です! 超超超最高です(笑)」と得意気に自慢したり、撮影現場で待ちくたびれて、不機嫌な表情をつくった写真が出ると、すごい目力で怒った表情を再現したりするなど、お茶目な一面を連発。
他にも、前日にカフェで注文したコーヒーを待っている姿や、店外で麺を打っている職人をしばらく見学していたときの姿など、何気ない日常のひとコマを公開し、ファンにより親近感を与えた。

 続くゲーム企画コーナーでは、さらに親しみやすい魅力を発揮したRAIN。今回は3つのコーナーが用意され、まず最初は、アイマスクをかけ、味だけで高級食材を当てる「高級なのはどっち!? RAINのもぐもぐTIME」から。「グルメと言えば僕じゃないですか」と自信満々のRAINは、1斤1000円相当の高級食パンと普通の食パンの違いを見事に正解。続いて、高級シャンパンと普通のスパークリングワインでは、飲んだ瞬間に分かったようで、「実は高級シャンパンの方がおいしくなかったです。僕はあんまりシャンパンが好きではなく、美味しくて高いものほど、口に合わなくて。安いお酒の方が僕の口には合うんです(笑)」とまたまた正解! 

 最後の高級ブドウ(シャインマスカット)と普通のブドウも、食べた瞬間にニコッとし、3問とも全問正解。ドヤ顔をしながらピースサインをし、“違いが分かる男”であることをしっかり証明したRAINは「味覚だけは敏感なので。次は難易度の高い問題をお願いします」と余裕すら見せた。ちなみに、全問正解のRAINに高級虫メガネがプレゼントされたが、それを抽選でファン1人に逆プレゼント。2ショットポラロイドも付け、ファンを喜ばせた。

 次のコーナーは、ジェスチャーゲームの「RAINと通じ合う! 以心伝心ゲーム」。抽選で選ばれた3人がステージに上がり、RAINのジェスチャーを1番多く当てた人には、2ショットポラロイドがプレゼントされるというもの。RAINは「モデル」、「野球」、「飛行機」、「うさぎ」、「ラグビー」、「ゴリラ」、「サッカー」などを次々とジェスチャーし、ファンも順調に当てていったが、1つだけ当てられなかったお題があった。それが「アイドル」。RAINがさまざまなキュートなポーズをしたが、アイドルに見えなかったのか、Yumiからつっこまれると、「だって、僕はアイドルじゃないじゃないですか! 」と必死に言い訳をし、会場を爆笑させた。

 そして、何よりも抽選で選ばれたファン3人が、ステージに上がったときも、ステージを下りるときもハグをしてあげるなど、優しく振る舞うセンスが抜群だった。

 最後のコーナーは、事前にファンクラブで募集したお悩み相談の「RAINに聞いてみよう! 思いっきり生相談! 」。しかも、RAINが客席にいる相談者の元まで行き、アドバイスをしてあげるという前回も好評だった企画だ。「気付くと暗い顔をしているので、愛されるコツを教えてほしい」という質問では、「僕もじっとしていると、しかめっ面をしていて、怖いと言われるんです。でも、ムリをして直す必要はないですよ。それは個性だから。僕自身も変えようとは思っていません」と答え、RAINを前にした相談者がニコニコしていると「いつも、そうやって笑っていればいいと思いますよ」とスッキリ解決した。

 また、「お菓子を食べすぎてしまう」というダイエット関連の質問をした相談者には、「僕は食べたいものは食べるけど、音楽を聴きながら1時間歩きます。そうすれば、ちょっと痩せますよ」と答えると、「でも、年齢と共に痩せなくなってきました」と食い下がるファンに、「僕も最近は痩せにくくなってきました。でも、運動を続けたら、いまより太ることはないと思います」と親身にアドバイスしたRAINは、「簡単な筋トレを教えてほしい」という相談者に、息を止めながら、10秒お腹にグッと力を入れ、3秒休んで、また10秒お腹に力を入れる運動があると言うと、「皆さん、準備してください! せーの」と会場全体を巻き込んで、レクチャー。さらに、二の腕を引き締める運動として、腕を水平にし、円を描くように回す運動と、首のアイソレーションのお手本を見せ、相談者がコツをつかむと、「僕、教えるの上手いんですよ。日本でダンススクールでも作ろうかな(笑)」と上機嫌でリップサービスも。

 「ゴルフがなかなか上達しない」という男性相談者には、「僕もゴルフを始めて3年になりますが、なかなか上達せず、レッスンを受けないといけないぐらいなので、教えられることがないんです」と正直に答え、「各自練習して、いつか一緒にゴルフができるように頑張りましょう」とエールを送った。RAINの人柄が伺える回答の数々に、会場はアットホームな雰囲気に包まれた。

 そんな中、8月19日にファンクラブ「RAIN JAPAN OFFICIAL FANCLUB」がオープンしたのを記念し、ファンがRAINのために特別に準備した、サプライズ映像が公開された。「Welcome 2 RAIN Life」をテーマに、RAINと出会ってから、生活がどのように変化したかを伝える内容で、映像の最後には「RAINに出会って私たちはとっても幸せ♡」という文字が。さらに、その言葉と同じメッセージが韓国語で書かれたスローガンを客席のファンが一斉に掲げる演出で、RAINへの愛を伝えた。

 すると、RAINは「ありがとうございます。皆さんは僕が来るたびに、感動したように迎えてくださるので、血を分けた兄弟、姉妹のように情が沸き、いつもありがたく、家族のような存在です。かつてワールドツアーで数万人規模の会場で公演をしたこともあるし、小さい会場でも公演をしてきましたが、このように残ってくれている皆さんこそが、まさに真の家族ではないかなと思っています」とし、「僕がどんな活動をしようと、いつも理解し、短い期間の来日でも、温かく迎えてくださり、本当にありがとうございます」とファンに感謝。

 さらに、「この先、ステージに立てなくなるまで、皆さんのために一生懸命頑張って、カッコいいステージをお届けしていきます。たしか15年前、ワールドツアーでも申し上げたと思いますが、皆さんとは一緒に年を重ねていく友達のような関係じゃないかなと感じています。僕は皆さんを見ながら、自分の20代を思い返し、皆さんは僕を見ながら、若い頃を思い返して(笑)。僕たちはほぼ、『サンドゥ、学校へ行こう! 』の頃からの付き合いじゃないですか? これからも、さらに努力を重ね、ステキな公演をお見せしていきたいと思います」と約束した。

 そして、客席をバックに記念写真を撮影した後、後半はライブステージへ。大ヒット曲「It's Raining」で始まり、変わらぬキレのあるパワフルなダンスパフォーマンスで、ファンを魅了していくRAIN。その熱気をさらに高めようと、「盛り上がろう! 」とあおると、会場は興奮のるつぼに。続く「30 Sexy」では、お悩み相談でレクチャーした、腕をグルグル回す運動をアドリブで取り入れるセンスも見せ、会場を沸かせた。

 スポーツトレーナーのように、「この運動をやったら本当に痩せますよ」ともう一度ファンに練習させ、ここはトレーニングセンター(!? )といわんばかりの不思議な光景を作ったRAINは、最後の曲を前に、アンコールのコール練習までさせるという茶目っ気ぶりを発揮。しかも、大きな声ではなく、小さい声で、控えめにコールしてほしいと求め、団員を指揮するかのように、客席の声を揃えた。

 会場の心が一つになったところで、本編最後の曲「さよならの代わりに」では、再び客席に降り、会場をくまなく回りながら、ファン一人ひとりとハイタッチをするなど、直接触れ合い、本編を締めくくった。

 すぐに、先ほど練習した通り、「アンコール」を静かな声でコールするファンたち。ところが、我慢できなくなったのか、徐々に大きな声での「チョン・ジフン」コールに変わると、RAINがステージに現れ、ファンにダメ出し(笑)。再び、小さい声で練習し、少しでも大きな声になると、眉をひそめて注意するという、まるでコントのようなやり取りを楽しむRAIN。会場の声がちょうどいい声に揃い始めると、「そのままキープして」と言い残して一旦ステージを後にし、ようやくアンコールに突入した。

 「Love Song」では、RAINの上半身をウェーブさせるセクシーなダンスと切ない歌声に、ファンの「ナヌン オットケ~」の掛け声も加わり、幻想的な雰囲気に。続くバラード曲「Love Story」では、後半部分を無伴奏で情感たっぷりに歌い上げるという圧倒的な歌唱力を披露し、ファンをうっとりさせた。

 すると、今度は大きな声で「アンコール」をしてくれたら、もう1曲歌うというRAIN。アンコールを巡って、最後までファンとの駆け引きを楽しんだRAINは最後の曲「La Song」で、またもステージを降りてファンの元へ行き、もう一度、例の腕をグルグル回しながら運動する姿を見せ、満面の笑みでピースサインをし、礼儀正しく左右、中央に90度のおじぎをして、充実のステージを終えた。

 公演後にはハイタッチ会も行われたが、今回、何度もファンの近くまで行き、飾らない自然体な姿で、人間味あふれる魅力を見せたRAIN。まさに「2gether」という公演タイトルの通り、RAINとファンが一緒に楽しみ、終始、RAINワールド炸裂のあっという間の2時間だった。




(C)RAIN COMPANY



RAIN JAPAN OFFICIAL FANCLUB
https://rain-cloud.jp/
2019年10月25日17時45分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「SEVENTEEN」、大先輩「SUPER JUN... 【イベントレポ】「SEVENTEEN」、大先輩「SUPER JUN...
 1月に韓国でリリースしたミニアルバム「YOU MADE MY DAWN」がオリコンアルバムランキングで1位を獲得。4月には20万人動員の日本ツアーを成功させ、5月にリリースした日本1stシ...
【公演レポ】「OH MY GIRL」、Zeppツアーを完走「来年は... 【公演レポ】「OH MY GIRL」、Zeppツアーを完走「来年は...
 「OH MY GIRL」が初のZeppツアー「OH MY GIRL Zepp LIVE TOUR 2019 “starlight”」を行い、大阪、福岡に続き10月27日(日)、東京・Zep...
【公演レポ】「FTISLAND」ジェジン、念願のソロデビュー&ソロ... 【公演レポ】「FTISLAND」ジェジン、念願のソロデビュー&ソロ...
 「FTISLAND」のベーシスト・ジェジンが、初のソロミニアルバム「scene.27」を引っ提げ、東京・愛知・大阪をめぐるソロツアーを行い、10月23日(水)に「LEE JAE JIN(f...
【イベントレポ】「Golden Child」、“僕たちの宝物”「G... 【イベントレポ】「Golden Child」、“僕たちの宝物”「G...
 ダイナミックなカル群舞と優れた歌唱力が魅力のボーイズグループ「Golden Child」(ゴールデンチャイルド)が、10月22日(火)千葉・舞浜アンフィシアターにて、「2019 GOLDE...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.