【公演レポ】SE7EN、クリスマスイブのアコースティックライブで“ブンタクロース”になって熱唱&SPゲストの“パパ”と親子競演も!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【公演レポ】SE7EN、クリスマスイブのアコースティックライブで“ブンタクロース”になって熱唱&SPゲストの“パパ”と親子競演も!
【公演レポ】SE7EN、クリスマスイブのアコースティックライブで“ブンタクロース”になって熱唱&SPゲストの“パパ”と親子競演も!

歌手SE7EN

12月24日(月・祝)東京・豊洲PITにて、昨年に続き、ことしもクリスマスの時期にアコースティックライブ「2018 SE7EN Winter Acoustic Live “Christmas Concert”」を開催したSE7EN。今回はSE7ENがサンタクロースとなり、ファンに歌やトーク、そしてキャンディなどのプレゼントはもちろん、サプライズでスペシャルゲストまで登場し、見どころ満載の豪華なクリスマスステージを届けた。

 昼公演では、オープニング映像が流れた後、スモークと共に全身黒でキメたSE7ENが登場! 開口一番に「盛り上がろう! 」と叫ぶと、グリーンの“7棒(=SE7EN公式ペンライト)”を持った観客は総立ちに。最新曲となるミディアムテンポのR&B曲「Scared」をダンサーと共にムードたっぷりにパフォーマンスし、早くもファンの目をくぎ付けにしたSE7ENは「こんにちは。みんな元気? 久しぶりですよね。きょうはスペシャルデイ。クリスマスイブに皆さんと一緒にライブをすることができて、本当に本当にうれしいです。メリークリスマス~! それではきょうのライブ始めましょうか。Are you ready? 」と客席をあおり、バンドを紹介すると、次の曲へ。

 「TATTOO」、「I‘M GOING CRAZY」、「会いたい」と続いたブロックでは甘いボイス、切ない歌声など、歌詞に合わせて曲の世界観を表現。特に「会いたい」は照明でSE7ENの汗がキラリと光り、熱唱する姿と相まって幻想的ですらあった。そんなグイグイ引き込まれる圧巻のステージングに、客席からは曲が終わるたびに大歓声と大きな拍手がわき起こった。

 余韻に浸るファンに向け、「皆さんからは『TATTOO』のリクエストが一番多かったんですけど、久しぶりに僕も歌ってみて、良かったです」とSE7EN。ところが、会場を見渡し、「でも、なんで皆さん、立っていますか? スタンディングじゃないから。席があるんで(笑)」と会場を笑いに変え、「ずっと立っていると、足痛くないかなって。大丈夫ですか? 」と優しさを見せた。そんなカリスマ性あふれるステージ上の姿と、人間味あふれる面白トークのギャップがSE7ENの魅力でもある。

 そうして、ファンが着席したのもつかの間、昨年日本で発売されたアルバム「1109」の中で、一番好きな曲だという「Story of my life」が始まると、ファンは再び立ち上がって応援。SE7ENもまたもう一段ギアが入り、客席を盛り上げた。そして、曲の終わりでボイパを披露しながら「Through The Night」へと入ると、客席に降りていって、ファンと直に触れ合った。

 「Story of my life」から「Through The Night」へとつながるこのミックスが好きだというSE7ENは、「今回新しい“7棒”ができて、ピカピカ明るくて、すごくいい感じです」とニッコリ。グッズを持っているファンも見つけ、客席と気さくにコミュニケーションを図った後、昨年のクリスマスライブの話
【公演レポ】SE7EN、クリスマスイブのアコースティックライブで“ブンタクロース”になって熱唱&SPゲストの“パパ”と親子競演も!

歌手SE7EN

に。

 ほかの歌手のカバー曲を歌ったら、SE7ENの曲より反応が良くて、微妙な気持ちになったとすねるように話したSE7ENは“これからはSE7ENの曲しか歌わない。カバー曲は歌わない”と心に誓ったそうだが、「きょうはスペシャルな日だから、僕もワクワクして(笑)。SE7ENの曲よりいい反応になるようなカバーソングを準備しました。このステージはスペシャルステージだから、これで(カバー曲を歌うのは)最後。もうカバーはしないから」と茶目っ気たっぷりに話し、ブルーノ・マーズの「Versace on the floor」をしなやかなダンスと共に披露した。

 この日のハイライトはここからだった。スクリーンに映像が流れ、SE7ENが父の影響で歌手になったこと、その父は歌手になることが夢だったが、祖父の反対で断念したことなどを明かし、「この場で父の夢を叶えます」と言ったところで映像が終わり、ステージにSE7ENが登場。「紹介します! お父さんです」と言うと、なんとSE7ENパパが「緑色地帯(Green Zone)」の名曲「愛するつもり」を熱唱しながら現れた! 思いもよらぬスぺシャルゲストの登場に、ファンは大歓喜。

 スクリーンには、SE7ENの幼少期の写真が次々と映し出される中、2人はハモリも見せながら、親子競演を果たし、このときばかりはSE7ENも息子の顔に。うれしそうに肩を組んで歌うなど、2人のほほ笑ましい姿に会場は大熱狂となった。

 大歓声で迎えられたSE7ENパパは、なんと日本語で「こんにちは。15年間変わらずに、SE7ENを愛してくださったファンの皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございます」とあいさつ。SE7ENは「こういう日が来るとは思わなかったです。皆さんのおかげで、うちのパパがきょうデビューすることができて、本当にうれしいし、皆さんにも僕のパパを紹介することができて、うれしいです」と喜びを爆発させ、お互いを思いやる姿に会場は感動に包まれた。

 今回の競演は、パパと歌った動画をSNSでアップしたところ、評判がよかったことから、SE7ENがいつかステージでやりたいと考えていたとのこと。「その日がきょうになって、僕もドキドキしたし、感動しました。お父さん、上手いでしょ? 本当はこれよりもっと上手いんですけど、初披露なんで、すごく緊張しています。でも、このまま終わるのは寂しいので、もう1曲歌います。ここからはお父さんのソロステージです」と言うと、お父さんを後ろから抱きしめて、「頑張れー! 」とエールを送り、ステージを後に。1人残ったSE7ENパパはアン・サンスの「Forever to me」を伸びやかに歌い上げ、公演の前半を締めくく
【公演レポ】SE7EN、クリスマスイブのアコースティックライブで“ブンタクロース”になって熱唱&SPゲストの“パパ”と親子競演も!

歌手SE7EN

った。

 後半は、赤のジャケットに衣装チェンジしたSE7ENが、さらにクリスマスムードを高めた。「Christmas with you」に次いで、「花を持って」ではバラの花が入ったかごを持って客席を練り歩き、ファンにプレゼント。すると、逆にファンからも花束をもらって、ステージに戻ってきた。

 そして、この曲がなかったら、ファンと会えていなかったというぐらい大事な曲だという「光」を熱唱した後、ダンスナンバー「ALL NIGHT LONG」ではコール&レスポンスで会場を一つにした。

 「あ~、疲れた」とイタズラっぽく笑い、ファンの前では気取らない姿を見せるSE7EN。アコースティックライブなので、休みながらできると思っていたら、踊ることになって、熱くて汗も出て大変だという話から、年齢の話になり、「こういう風に踊れるのも何年残っているか分からない。頑張るには頑張るけど。いつまで動けるのかな(笑)」と自虐的に話すと、客席からは「まだまだ大丈夫! 」の声。「でしょ! ありがとうね~」と明るく笑い飛ばし、ファンへの感謝の気持ちを伝えた。

 次の曲はバラードだからとファンを着席させたSE7EN。「ありがとう」の最後の歌詞「ずっと愛してるよ」のところで、「愛してます」と指ハートをしてファンを胸キュンさせた。続くダンスナンバー「GIVE IT TO ME」ではダンサーとパワフル、かつセクシーにパフォーマンスを魅せながら、会場をヒートアップさせ、その勢いのままに「JACKPOT」でもスタイリッシュなパフォーマンスでファンを魅了した。

 本編最後の曲を前に、ことしの活動を振り返り、「来年はもっとたくさん、皆さんに会えるように頑張りますから応援よろしくね」と伝えたSE7EN。すると、客席から「SE7ENパパのライブも! 」とリクエストされ、「やっぱりきょう、僕よりお父さんが主人公になって、寂しい感じ」と笑いながらも、「きょうしか見られないかもしれないステージだったから、パパと息子には思い出に残る日になりました。本当にありがとうございます」と感謝し、「韓国でも最近アルバムを準備しているから、それも応援してください」と来年の活動に向けても意気込んだ。

 最後は冬にぴったりな曲「白銀」。「降り注いだ雪が」という歌詞のところで、紙吹雪が舞う演出が施され、SE7ENはステージ上でクルクル回ったり、客席に手を振ったり、ピースしたりしながら、はしゃぐ姿を見せ、「メリークリスマス~! 」と叫んで、本編が終了した。

 アンコールでは、サンタクロースの衣装を着て、キュートな姿になって現れたSE7EN。クリスマスソングの定番「All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)」を歌いながら、またも客席に降りて、キャンディを投げ入れるファンサービスも。「We Need is Love」ではファンも一緒になって踊りながら、楽しい雰囲気が充満した。

 久しぶりにサンタの格好になったというSE7ENに、「かわいい~」とファンたち。今回もファンと会話をしながら、ありのままの自分を見せ、ファンを楽しませてきたSE7ENだが、伝えたい言葉が100%伝えられなくて、もどかしかったから、来年また日本語の勉強を頑張るという宣言も。

 そして、最後の曲をサンタの格好で大丈夫かと心配したSE7ENは「脱ぐ? サンタでいい? 」と客席に聞き、「じゃあ、サンタで。ブンクロースで(笑)」とサンタのままで歌うことに。「2019年、僕も頑張るから、皆さんもいつも元気で、幸せになって、自分のことも頑張って、僕の音楽も聴いて、どこでも最高になってください」と最後のあいさつをし、ラストは「Come Back To Me」。ファンも一緒に歌いながら、温かい一体感に包まれた。「来年また会いましょう~! 」というSE7ENの笑顔で、ことしのクリスマスイベントも大盛況のうちに幕を閉じた。


SE7EN日本公式ファンクラブ「LUCKY SE7EN」 
http://lucky-7.jp/
2018年12月26日20時35分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】藤井美菜、イ・ミンギ×ソ・ヒョンジン主演ドラマ「僕... 【イベントレポ】藤井美菜、イ・ミンギ×ソ・ヒョンジン主演ドラマ「僕...
 “ロマコメ王子”イ・ミンギד次世代ラブコメ女王”ソ・ヒョンジン主演の韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」のDVD発売&レンタル開始を記念し、10月16日(水...
【イベントレポ】来年日本デビュー15周年を迎えるSE7EN、長年の... 【イベントレポ】来年日本デビュー15周年を迎えるSE7EN、長年の...
 来年、日本デビュー15周年を迎える実力派アーティストSE7EN。7月に行われたライブツアーを収録したDVD「SE7EN LIVE TOUR IN JAPAN 7+7」の発売を記念して、10...
【公演レポ】ホ・ヨンセン、約1年ぶりファンミーティング開催! ライ... 【公演レポ】ホ・ヨンセン、約1年ぶりファンミーティング開催! ライ...
 韓国歌手ホ・ヨンセン(SS501)がソロデビュー8週年を記念した4thミニアルバム「MOMENT」を引っさげ、9月28日(土)東京・山野ホールにて、「HEO YOUNG SAENG Liv...
【オフィシャルレポ】デビュー2か月で初来日の「D1CE」、東京でフ... 【オフィシャルレポ】デビュー2か月で初来日の「D1CE」、東京でフ...
 今年8月1日に韓国でデビューした「D1CE」(メンバー:チョ・ヨングン、キム・ヒョンス、チョン・ユジュン、パク・ウダム、ウ・ジンヨン)がデビュー後約2か月で初来日を果たした。「D1CE」は...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.