知英(ジヨン)、個別インタビュー

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
全体 日本 韓国
知英(ジヨン)、個別インタビュー
知英(ジヨン)
知英(ジヨン)、個別インタビュー
「KARA」の元メンバーで、日本で女優として活躍する知英(ジヨン)が主演を務めた青春映画「私の人生なのに」(7月14日公開)。清智英(原案)・東きゆう(著)の小説を原作に、下半身不随になったオリンピック候補の新体操スター選手が、音楽という新しい夢に出会い、再び前に向かって歩み始める姿を描く。

知英演じる瑞穂の幼なじみ役・淳之介には、若手実力派俳優の稲葉友が扮し、絶望と孤独に苛まれる瑞穂が人生に希望を見出すきっかけとなる役どころを好演。「片思いスパイラル」「小川町セレナーデ」の原桂之介監督がメガホンをとった。 本作で、JYとして主題歌「涙の理由」も担当した知英が役作りのため、新体操や車いす、ギターの練習を繰り返して挑んだという撮影を振り返った。


「私の人生なのに」
7月14日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
<物語>
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ
新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう。競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう! 」と誘われるが戸惑いを隠せない。瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき…人生がふたたび動きはじめた彼女が見た新たな夢とは? 

知英
稲葉友/落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣
高橋洋 赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎

衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
? 2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分

公式サイト http://watashinojinsei.com/


2018/07/11 18:24:04 入力
最新イベントフォト

ユク・ソンジェ「BTOB」会見レポ
ユク・ソンジェ「BTOB」会見レポ

「VICTON」、個別インタビュー
「VICTON」、個別インタビュー

第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭チョン・ウソン特別展公式記者会見
第22回プチョン国際ファンタスティック映画祭チョン・ウソン特別展公式記者会見

SBS新週末特別企画「彼女はといえば」の制作発表会
SBS新週末特別企画「彼女はといえば」の制作発表会

tvN火星探査プロジェクト「ガリレオ:目覚めた宇宙」の制作発表会
tvN火星探査プロジェクト「ガリレオ:目覚めた宇宙」の制作発表会

強制わいせつ・特殊脅迫容疑で刑事裁判に出席する俳優イ・ソウォン
強制わいせつ・特殊脅迫容疑で刑事裁判に出席する俳優イ・ソウォン

「第14回堤川国際音楽映画祭」の記者会見に出席した「少女時代」ユリ
「第14回堤川国際音楽映画祭」の記者会見に出席した「少女時代」ユリ

John-Hoon、個別インタビュー
John-Hoon、個別インタビュー

知英(ジヨン)、個別インタビュー
知英(ジヨン)、個別インタビュー

tvN音楽バラエティ「イタカに行く道」の制作発表会
tvN音楽バラエティ「イタカに行く道」の制作発表会

「TARGET」、個別インタビュー
「TARGET」、個別インタビュー

2ndミニアルバム「F;UZZLE」のショーケースを開催した「MYTEEN」
2ndミニアルバム「F;UZZLE」のショーケースを開催した「MYTEEN」

韓流LIVE

Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.