<WKコラム>「I-LAND」、2チームが新曲披露の「ケミテスト」PD評価1位はジェイク…次回「SEVENTEEN」パフォーマンスチーム登場!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>「I-LAND」、2チームが新曲披露の「ケミテスト」PD評価1位はジェイク…次回「SEVENTEEN」パフォーマンスチーム登場!
<WKコラム>「I-LAND」、2チームが新曲披露の「ケミテスト」PD評価1位はジェイク…次回「SEVENTEEN」パフォーマンスチーム登場!

「Flicker」チーム。(画像:画面キャプチャ)(画像提供:wowkorea)

11人のI-LANDERによるPart.2の2番目のテスト「ケミテスト」の模様が8月28日(金)、「I-LAND」(Mnet、tvN)第9話で公開された。

「ケミテスト」は異なる魅力を持つ練習生たちが2チームに分かれ、ステージ上で最高のシナジー効果を見せるテスト。カーテン、紐、スティックなどの小道具を活用した難易度の高い振付がポイントでもあるが、何といっても、このテストのためだけに総括プロデューサーのパン・シヒョク代表が自らプロデュースした新曲「Flicker」と「Dive into You」が課題曲というのも見どころだ。

今回のテストは100%グローバル視聴者投票によって、順位が決められ、1人が脱落する。最初の「BTSテスト」でプロデューサー評価1位となったイ・ヒスンが、曲とメンバーを選択するベネフィットが与えられたため、今回は対決ではないが、イ・ヒスンに選ばれたチームと、選ばれなかったチームという構図に。誰もが“絶対エース”であるイ・ヒスンに選ばれたいという思いだったが、これが波乱の展開を呼んだ。

「連結」をテーマにした楽曲「Flicker」を選んだイ・ヒスンは、曲のイメージに合う人を集めてチーム作りをしようと考え、最初に選んだのは現在3位のパク・ソンフン。続いて、7位のジェイク、2位のヤン・ジョンウォン、最後に4位のケイをチームに迎え入れた。デビュー圏内に入っているランキング上位者が揃ったというわけだ。

よって、自動的に残った6人がチームとなり、パワフルな振付が多い「Dive into You」をパフォーマンスすることになった。特に、イ・ヒスンに選ばれず、悔しさを前面に出したのが6位のジェイ。それでも、腐ることなく、むしろその悔しさをバネにし、「見せてやろうぜ」と「Dive into You」チームを引っ張る姿はお見事だった。パート分けでも、メンバーたちの個性を分析し、最大限長所を生かせるようにパートを決めたり、メンバーたちの体力をつけるため、腕立て伏せなど筋力トレーニングをスパルタで行うなど、頼もしいリーダーシップを発揮し、ギラギラ燃えていた。

<WKコラム>「I-LAND」、2チームが新曲披露の「ケミテスト」PD評価1位はジェイク…次回「SEVENTEEN」パフォーマンスチーム登場!

「Dive into You」チーム。(画像:画面キャプチャ)

そんな一致団結する「Dive into You」とは対照的に、どんよりした空気が流れていたのが「Flicker」チーム。それはパート分けから始まった。このチームはイ・ヒスンが意図して集めたチームであり、パートもイ・ヒスンなりの考えがあったのだが、それをケイが自分の考えで推し進めてしまい、結局ケイの言う通りに。練習の仕方も、振付の細かい部分も、いつしかケイがリードするようになり、メンバーたちは何か違和感を覚え始めているようだったが、最年長でダンスも上手いケイに、イ・ヒスンだけでなく、他のメンバーたちも何も言えなくなっていたのだ。

ケイの顔色をうかがってばかりで、楽しく練習できないこの状況は、さすがに違うと判断したイ・ヒスン。全員を集めて話し合いの場を持ち、ケイに本音をぶつけた。重い空気の中、メンバーたちはケイに対し、自分たちが意見を言うと、嫌そうな表情を見せたりすることや、自由に意見交換ができない雰囲気にするのを直してほしいと伝えた。

すると、全く予想もしていなかったメンバーたちの不満に困惑したケイは涙を見せ、一人外に出て行ってしまった。メンバーたちは「傷ついちゃったかな? 」と気遣いつつ、それでも、ここでケイと距離感ができてしまったらダメだし、本音で話せるのが良いチームだとケイのもとに行き、お互いにケンカをしたり、良くない話をしたりするのが嫌だったから、言いたいことが言えなかったということを説明し、これまでのわだかまりを解消する時間を設けた。

前回の「BTSテスト」ではケイが作ったチームで、独りよがりな行動をするニキを注意するケイの姿があったが、今回はイ・ヒスンが作ったチームで、ケイが独りよがりな行動をしてしまったということか。これはあくまで番組の編集上、そう見えたということだが、ケイは前回の放送でも、実力の高いイ・ヒスンより、“I-LAND”と“GROUND”を行ったり来たりしていたキム・ソヌとダニエルの人気が高いことに怪訝そうに首をかしげるシーンなども映されていたことから、グローバルファンはこれをどうとらえるのか。それでなくても、グローバル視聴者投票の中間経過で、葛藤するシーンを見せたケイとニキは9位、10位と発表され、安心できない位置にいる。次はグローバル視聴者投票で順位が決められるため、これらのシーンがどう作用するのか。

練習過程では、そんな不協和音が生じた「Flicker」チームだったが、パフォーマンスではプロデューサーから高評価を受けた。パン・シヒョク代表は「このチームは“アベンジャーズ”だと誰が言い出したのか分からないけれど、それに恥ずかしくないステージだった」と満足そうな表情を見せ、他のディレクターからも、ケイが曲中、ヤン・ジョンウォンとのアイコンタクトを入れたことや、ジェイクが最初から集中し、パフォーマンスが安定していて、表情も良かったことや、ヤン・ジョンウォンが危険な魅力がぷんぷん出ていたことが好評だった。

一方、「Dive into You」チームはパン・シヒョク代表から、「ベストを尽くしたというのは感じられた」とし、ニキは「俺がニキだ」というパフォーマンスを見せていたと褒められたが、タキとダニエルの力不足により、ステージのバランスが崩れたと残念がった。他のディレクターもジェイが中心となり、チームのエネルギーを生かしたのは良かったが、キム・ソヌが自分の魅力を意識しすぎて、他のメンバーとトーンが合わない表情もあるなど、「Dive into You」はグローバルファンを意識していて、チームではなく、自分に集中していたような感じだったと総評した。

そして、プロデューサー評価で1位になったのはジェイクだった。今回1位になったジェイクには、グローバル投票締め切り前の24時間の投票数が2倍になるというベネフィットが与えられた。これがどのような結果を生むのか。次回放送では、「ケミテスト」のグローバル投票の結果が発表され、2人目の脱落者が決定する。
<WKコラム>「I-LAND」、2チームが新曲披露の「ケミテスト」PD評価1位はジェイク…次回「SEVENTEEN」パフォーマンスチーム登場!

次回、「SEVENTEEN」の登場が予告された。(画像:画面キャプチャ)


また、次回予告で驚かされたのが「SEVENTEEN」の登場。パフォーマンスチームのホシ、ジュン、ディエイト、ディノが“I-LAND”に降臨した! 「BTS」は直接I-LANDERたちと会うことはなかったが、「SEVENTEEN」は実際にI-LANDERたちと対面し、一緒に踊っている姿も。次のテストのユニットを決める「小ミッション」で登場するようだ。引き続き、次回も「ケミテスト」のグローバル投票の結果発表、そして、「SEVENTEEN」がどのようにI-LANDERたちと絡んでいるのか、見どころ満載だ。
2020年8月30日21時56分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>サンドゥル(B1A4)、「Dynamite」を超えら...

<WKコラム>サンドゥル(B1A4)、「Dynamite」を超えら...
 最近、韓国のバラエティではちょっとしたスピンオフブームが起きている。といっても、仕掛けているのはほぼtvNなのだが、ユ・ジェソク×チョ・セホの「ユ・クイズ ON THE BLOCK」のスピ...

<WKコラム>「U-KISS」ジュン、前回大好評だった「全知的おせ...

<WKコラム>「U-KISS」ジュン、前回大好評だった「全知的おせ...
 “ライジングスター”イ・ジュンニョンとして、ますます勢いに乗っている「U-KISS」ジュンが1月23日(土)放送の「全知的おせっかい視点」(MBC)に出演した。同番組への出演は昨年11月以...

<WKコラム>「ユンステイ」イ・ソジン、ゲストに「朝鮮で一番イケメ...

<WKコラム>「ユンステイ」イ・ソジン、ゲストに「朝鮮で一番イケメ...
 「ユンステイ」(tvN)が回を増すごとに面白さを増し、1月22日(金)に放送された第3話は視聴率11.5%(ニールセンコリア調べ、全国世帯)を記録。初回から右肩上がりで、3週目も絶好調だ。...

<WKコラム>「iKON」SONG(ユニョン)、大好きな油そばを韓...

<WKコラム>「iKON」SONG(ユニョン)、大好きな油そばを韓...
 1月15日(金)にスタートした料理バラエティ「赤頬神仙遊び」(MBC)。第1弾は「ラーメン」をテーマに、挑戦者がさまざまなラーメンレシピを披露し、レギュラー陣の神仙たち(ソン・シギョン、キ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.