「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」?

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」?
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」?
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」? (オフィシャル)
「彼女はキレイだった」「花郎〈ファラン〉」などヒット作に主演し、若手俳優のトップスターとして飛ぶ鳥を落とす勢いのパク・ソジュンが、ちょっと鈍感ながら繊細な心を持つ青年ドンマンをコミカルに演じた「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転! 〜」Blu-ray&DVD SET1&2が好評リリース中! 

 リリースを記念してコ・ドンマン役、パク・ソジュンのオフィシャルインタビューが届いた。


−ドンマンという役へのプレッシャーや心配事はありましたか。
ドンマンを演じるのにプレッシャーはなかったです。でも、格闘のシーンが心配でしたね。アクションは前作の「花郎<ファラン>」をはじめ、他の作品でも経験していたので自信はありましたが、一番心配だったのはテレビで上半身を見せることですね(笑)。体を作るために努力が必要だったし、時間がかかる作業なのでプレッシャーはありました。それでも魅力的な役だったので楽しく撮影できましたね。

−体作りや体調管理で大変だったことは。
正直、体を鍛えて作り上げるほどの時間がなかったんです。寝られる時はしっかり寝て、筋肉を落とさないように常に食べていましたね。料理を味わいながら食べるのではなく体重維持のために摂取していたので、本当に大変でした。不思議に思われるかもしれませんが、体重維持で食べるのと腹ペコで食べるのとでは天と地ほど違うんですよ。塩分が控えめでタンパク質が中心のメニューを食べなければならなかったので、肉を食べているのかゴムを噛んでいるのか分からなくなるほどでした(笑)。

−ご自分の体の中で一番自信がある部分は。
そうですね…この体形は親譲りだと思います。韓国では俗に「アヒル尻」というお尻を譲り受けました(笑)。子供の頃はお尻が大きいからよくからかわれたんです。でも今は長所だと思っていますね。

−エラを演じたキム・ジウォンさんとの共演はいかがでしたか。
共演できると聞いてうれしかったですね。実際に共演してみてやはり印象どおりの人でした。彼女は性格も明るいし社交性もあるので、すぐに親しくなれて息もピッタリでした。ドラマは自分だけが頑張ってもいい作品にはなりません。彼女とは息もピッタリだったし、彼女の芝居をそのまま受け止めるだけで「これは いいシーンになる」そう思うこともありました。学ぶことが多かったですね。彼女のおかげでいい作品になったと思います。

−ドンマンとエラのように友達から恋人になることをどう思いますか。
十分にあり得ることだと思いますね。よく知って
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」?
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」? (オフィシャル)

いるからこそ恋人になりにくい時もあるけど、その逆のパターンもあると思います。僕はそういう経験がないので、どんな気持ちか分からなくて、想像しながら演じていましたね。もし実際に起きればそれはいい経験になると思います。でもエラとドンマンは友人のフリをした恋人だったと思いますね。

−ソジュンさんにとって理想の恋人関係とは。
一番は互いの考えに共感できることですね。何か問題が起きた時に相手の主張を受け入れることができる関係…円滑な意思の疎通ができ、理解し合えるのが理想的な恋人関係だと僕は思いますね。

−キスシーンを美しく見せる秘訣はありますか。
画面越しにいかに美しく見えるかが一番大事だと思います。もちろん感情を表現しながら演じるのは芝居の基本ですが、カメラのアングルをしっかり把握して、枠から外れず美しく見えるように角度を考えるのも大事ですね。だけど最も重要なのは演出だと思います。芝居も映像も音楽もそれぞれが大事で、これらが一体化することで美しいシーンになると思います。

−ドンマン、エラ、ジュマン、ソリの仲良し4人組が住むナミル・ヴィラでの撮影の雰囲気はどうでしたか。
4人が集まるとおしゃべりばかりしてました。お互いの作品や役柄の話をしたり、個人的な話をするうちに親しくなっていったので、4人のシーンをもっと増やしてほしいと思うほどでしたね。

−ドンマンの少年の頃の夢はテコンドーの国家代表でしたが、ソジュンさんの学生時代の夢は何でしたか。
僕は中学3年生の時から役者になりたいと思っていました。演劇教室にも通っていましたね。いま考えるとあの頃、地下鉄に乗っていたのがよかったと思います。というのも、地下鉄移動は人間観察ができる貴重な時間だったからです。今は電車の中ではほとんどの人がスマホを見てますが、僕が高校生の頃はスマホも普及していなくて、人間観察が習慣になりました。役者にとっては重要なことだったと思っています。

−日本の視聴者にメッセージをお願いします。
日本の皆さんこんにちは。「サム、マイウェイ」は僕が暮らしている韓国
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」?
「サム、マイウェイ」セクシーボディを披露したパク・ソジュン、自慢は「アヒル尻」? (オフィシャル)

の若者たちの現実を描いています。全体的にとてもユーモラスで、ドンマンだけではなくエラ、ジュマン、ソリの人生も描かれています。夢に向かって成長していく若者たちの姿を多くの方に見ていただき、共感してほしいですね。面白い作品になるよう努力したので、楽しく観ていただけると思います。このドラマは体力的に限界を感じた作品でしたが、撮り終えてみると心が満たされていました。今作でまた1歩成長したパク・ソジュンをぜひ見てください。


「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転! 〜」 Blu-ray &DVDリリース中
◆Blu-ray SET1 ¥17,200+税
◆DVD SET1(お試しBlu-ray付き) ¥ 15,200+税
◆Blu-ray SET2 <約120分特典映像DVD付き> ¥ 18,200+税
◆DVD SET2<約120分特典映像DVD付き>(お試しBlu-ray付き) ¥ 16,200+税
◆レンタルDVD Vol.1〜13

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd.(C)2017 KBS. All rights reserved

トレーラー:https://youtu.be/zUJt50beHUQ
2018年7月6日16時13分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<インタビュー>エン(VIXX)、俳優チャ・ハギョンとして語る <インタビュー>エン(VIXX)、俳優チャ・ハギョンとして語る
 小憎らしいキャラクターにもなりうるチャ・ハギョンは、賢く憎まれずにたっぷり愛情を注がれた。撮影現場ではもちろん、視聴者からだ。  20日に放送終了したtvNドラマ「知ってるワイフ」で...
<インタビューその2>俳優チソン、妻で女優のイ・ボヨンについて語る... <インタビューその2>俳優チソン、妻で女優のイ・ボヨンについて語る...
 韓国俳優チソンが、妻で女優のイ・ボヨンについて愛情たっぷりに語った。  チソンとイ・ボヨンは韓国芸能界を代表するおしどり夫婦で、仕事と愛の両方を手にした“模範夫婦”として広く愛されて...
<インタビューその1>俳優チソン、映画について語る「映画はまだ難し... <インタビューその1>俳優チソン、映画について語る「映画はまだ難し...
 韓国俳優チソンが、最新映画「明堂」や妻で女優のイ・ボヨンについて語った。  tvNドラマ「知ってるワイフ」が好調なのに続き、パク・ヒゴン監督の映画「明堂」で中秋節の大ヒットも期待され...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優パ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優パ...
 占い師のchristy.です。今回は最近、韓国で放送終了したばかりのドラマ。 韓国の大人気ウェブ漫画が原作のドラマ 「キム秘書がなぜそうか? 」で熱愛も報道されたお二人!  パク・ソジ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.