【公演レポ】ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、「Funky Galaxy from超新星」、「Golden Child」ら9組のアーティストが大集合! 「Power of K in Japan 2018」開催

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【公演レポ】ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、「Funky Galaxy from超新星」、「Golden Child」ら9組のアーティストが大集合! 「Power of K in Japan 2018」開催
【公演レポ】ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、「Funky Galaxy from超新星」、「Golden Child」ら9組のアーティストが大集合! 「Power of K in Japan 2018」開催

ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、「Funky Galaxy from超新星」、RAVI(VIXX)、「Golden Child」、「JG(JOONHO & GYUMIN)」、KARAM、「MAP6」、「7 O‘Clock」の豪華9組が大集合しK-POPファンたちを魅了した

韓国の人気アーティストからライジングスターまで幅広いアーティストを紹介する音楽番組「Power of K」。6月2日(土)、東京国際フォーラムホールAでは「Power of K in Japan 2018」と題した同番組の公開生中継LIVEイベントが行われ、ホ・ヨンセン、キム・キュジョン、「Funky Galaxy from超新星」、RAVI(VIXX)、「Golden Child」、「JG(JOONHO & GYUMIN)」、KARAM、「MAP6」、「7 O‘Clock」の豪華9組が大集合しK-POPファンたちを魅了した。

 暗転するとともに、色とりどりのペンライトが揺れカラフルな会場に出演者が次々と映し出されると、まるで競い合うかのような大声援を送るファンたち。

 トップバッターを飾ったのは、オールブラックコーデで登場した「7 O‘Clock」。メンバーのVaanが不参加、そしてヨンフンが昼公演中に足を怪我してしまうというアクシデントがありつつも、全力でステージを作り上げた。「花より男子-Boyys Over Flowers」のOST「パラダイス」とデビューアルバムのタイトル曲 「時計の針(ECHO)」を披露した。
自己紹介では覚えたての日本語でハニカミながらも一生懸命話す姿に、客席からは 「可愛い! 」、「頑張れ! 」という声が相次いだ。

 MCを務める「JG(JOONHO & GYUMIN)」とのトークで、グループ名の由来を聞かれると「1日の立ち上がりである午前7時と、1日を締めくくる午後7時に皆さんに幸せを届けたいという意味が込められています」と話し、笑顔を見せた。また、最近覚えた日本語は? との問いには、「アタリ! 」、「飲み放題! 」 などの珍単語が飛び出し会場を笑わせた。

 続いてのルーキーは、「MAP6」。「FOLLOW ME.JP」を日本語で歌い終わると、「生放送だからお昼の公演より緊張している! 」、「緊張しすぎて、夜だからこんばんはなのに、こんにちはと言ってしまいました! 」、「ド、ド、ドキドキドキです」などなど緊張を隠し切れない様子。「緊張しているけど、皆さんと一緒だから大丈夫! 」と言うと、「優しいー」とメンバーから言われ、「そこは優しいじゃなくて、カッコイイって言うんだよ! 」とツッコミ合うメンバー達が会場を和ませた。「僕たちの魅力を確認してください」と曲紹介をした「魅力発散TIME.KR」は可愛らしい振り付けで目を引いた。

 6月6日に日本ソロデビューを控えている「大国男児」メンバーのKARAMは、新曲「I‘m sorry」を披露。にごりや訛りが一切ないKARAMにピッタリの日本語のバラードだ。デニムジャケットとホワイトのスキニーデニムスタイルのKARAMは「ことしから1人で活動することになり、頼れるメンバーがいないのでビビってしまうことがあるけど、一人でやれば成長できると思うし、グループが再稼働する時に、こんなに成長したよと言えるようになりたい」と真っ直ぐな想いを伝えると会場からは温かい拍手が送られた。「座ったまま見てても大丈夫ですけど、盛り上がっちゃったら立ってもオッケーですから~」とユーモアたっぷりに観客を煽りつつ新曲「Rise Up」を歌いステージを楽しんでいた。

 「ルーキーアイドルPKゲーム」と題したミニコーナーでは、「7 O‘Clock」と「MAP6」のルーキー同士がけん玉対決! 30秒間で何回玉を乗せられるかを競い合うゲームで両チームともに譲らずの接戦でわずかの差で「MAP6」が勝利し、ご当地カレーの詰め合わせをプレゼントされた。

 続いて「Golden Child」が登場すると会場の温度は急上昇。イエローとオレンジを差し色にした、グレーやネイビーのジャケットコーディネートでキメた10人は「DamDaDi」で会場を沸かせた。さらに事務所の先輩である「INFINITE」のヒット曲 「Be Mine」の日本語バージョンとキレのあるフォーメーションダンスを完ぺきにこなしてさらに会場を熱くした。

 「いつか自分たちも日本語の曲をリリースできるように頑張るのでたくさんの応援をよろしくお願いします。」とあいさつをし、デビューミニアルバムのタイトル曲「It‘s U」をパフォーマンスし、イベントに花を添えた。

 次にステージに登場したのは本イベントのMCで大活躍の「JG(JOONHO & GYUMIN)」の2人。シルバーのチェーンや細いベルトで装飾された真っ赤なシャツ姿で登場し、「ツバサKorea」を熱唱。安定の日本語と、まるで本当の兄弟のように自然なやり取りをする二人が微笑ましい。初オリジナルバラードの「My only flower」を届けると抜群のハーモニーを聴かせた。

 心臓に響く重低音を鳴らし、独自の世界観を見せつけたのはRAVI(VIXX)。オールバックの髪型、ゴールドのゴツめのアクセサリーにラメを散らした刺繍入りスタジャンで男らしく、セクシーなステージを披露。「BOMB」、「Ravi Da Loca」を立て続けにパフォーマンスした後、低い声で「皆さん元気ですねー」と満足そうに客席を見つめるRAVI。日本でのソロステージは初めてとのことだが、微塵も感じさせないような迫力だった。

 MCでは「ここにいる方で、僕を知らない人がいると思います。僕はラップをして、曲を作って、すき焼きが好きな25歳です」とお茶目に自己紹介。「昨日は牛カツとお好み焼きと蕎麦を食べました。日本は食べ物が美味しくて楽しいです」と束の間の日本滞在のエピソードを明かした。
その後は「NIRVANA」と「Do the Dance」も披露。最後にはドリンク用の水を自ら頭から被り、艶やかなスタイルと表情をファンにプレゼントして会場を盛り上げた。

 グァンス、ゴニル、ジヒョクのラップチームが結成したユニット、「Funky Galaxy from 超新星」が登場すると、星型のペンライトが客席を埋め尽くす。カジュアルで力の抜いたスタイルで登場した3人は「Second Chance」からライブをスタート。観客とのコール&レスポンスを楽しみながらも会場を一体にしていく姿は余裕すら感じさせる。

 あいさつでは、「ジヒョクです! 皆さんの宝物です! 皆さんの恋人です! 」とスイートな言葉でファンを喜ばせつつ、「最近ダイエットして痩せてカッコよくなりました。自分で言ってすいません。でも可愛いキャラは守るから楽しみにしてて」と笑いも忘れないジヒョク。「ゴニルです、30歳です。ミルキーウェイというファンクラブの皆さんを一方的に…愛しています(笑)」、「グァンスです。マイウェイな性格です。最近はゴルフのし過ぎで、ファンの皆さんに怒られています(笑)。でも今日はアーティストとして皆さんのために歌って踊ってラップします」とそれぞれが思いを伝えた。

 「Funky☆Star」、「Saturday LUV~FEEL IT -medley mix-」「ジーザス」を披露し、ステージを駆け抜けた。観客を巻き込んで、皆で楽しもうとする心意気が伝わってくる楽しい時間となった。
最後のあいさつでは、「超新星」6人の再活動を予感させるうれしい発言も飛び出し、ファンの心をときめかせた。

 ツイッターからの質問に答えるコーナーでは、RAVIと「Funky Galaxy from 超新星」が登場。
「1日オフがあったら何をしたいですか? 」と質問されたRAVIは「犬と散歩をして美味しいものを食べに行きたいです」と答え、「愛犬との可愛いエピソードはありますか? 」との質問には、「最近お手を覚えました」と発表。スクリーンに愛犬と戯れるRAVIの写真が写し出されるとその可愛らしさに会場から歓声があがった。「Funky Galaxy from 超新星」へは、「もし自分が女性だったら、メンバーの誰と付き合いたいですか? 」との質問。グァンスは「昔よくこういう質問をされましたが今でも変わっていません、ジヒョクです」と言うと、ジヒョクも「僕も同じです。グァンスです」とまさかの相思相愛! しかし「でも浮気するならゴニルです! 」と謎の発言で会場の笑いを引き出した。

 クライマックスに登場したのは、キム・キュジョン。オーバーサイズのプリントシャツを着こなし、華麗なダンスパフォーマンスと歌声で「Yesterday」を披露。「今日は暑い中来てくれてありがとうございます」と感謝の言葉を伝えてから、「この国際フォーラムという会場は、僕にとって懐かしい場所なんです」と会場をゆっくり見回し懐かしむキュジョン。
「Wuss Up」で会場をノリノリにさせると、最後はこれからの季節にピッタリの明るく爽やかな楽曲「Summer Love」で締めくくった。

 トリを務め上げたのはホ・ヨンセン。シンプルな白シャツ姿で「地球が滅亡しても」 のバラードからスタート。繊細で儚いけれども、同時に力強さも内包しているような歌声に耳と心が奪われる。ゆっくり、じっくり聴いていたい歌声は静寂の会場に響きわたった。
透き通るような声が十分に堪能できる一曲「Fly away」も、大人な魅力をアピールした「Let it go」もファンを歓喜させた。

 最後はキム・キュジョンと「僕の頭が悪くて」のデュエットを披露してイベントを豪華に締めくくった。


2018年6月8日18時59分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「防弾少年団」、「TWICE」、「SEVENTEE... 【イベントレポ】「防弾少年団」、「TWICE」、「SEVENTEE...
 ことしで11回目の開催となるアジア最大級の音楽授賞式「2019 Mnet Asian Music Awards(2019 MAMA)」が、12月4日(水)に愛知・ナゴヤドームで行われた。授...
【イベントレポ】「防弾少年団」、最強のビジュアルで「2019 MA... 【イベントレポ】「防弾少年団」、最強のビジュアルで「2019 MA...
 初のドーム開催となる「2019 Mnet Asian Music Awards (MAMA)」が、12月4日(水)愛知県のナゴヤドームで開催された。  「2019 Mnet Asia...
【イベントレポ】ユナク(SUPERNOVA)プロデュースのグローバ... 【イベントレポ】ユナク(SUPERNOVA)プロデュースのグローバ...
 「SUPERNOVA」リーダーのユナクとY-crewがプロデューサーとして指揮をとる、日本発! NEWプロジェクト グローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」...
【会見レポ】ユナク(SUPERNOVA)がプロデュースのグローバル... 【会見レポ】ユナク(SUPERNOVA)がプロデュースのグローバル...
 「SUPERNOVA」リーダーのユナクとY-crewがプロデューサーとして指揮をとる、日本発! NEWプロジェクトグローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」が...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.