【個別インタビュー】テウン(SNUPER)&ミンス、「マイ・バケットリスト」でミュージカル初挑戦「24時間一緒にいて、台本の話しかしない(笑)」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
【個別インタビュー】テウン(SNUPER)&ミンス、「マイ・バケットリスト」でミュージカル初挑戦「24時間一緒にいて、台本の話しかしない(笑)」
【個別インタビュー】テウン(SNUPER)&ミンス、「マイ・バケットリスト」でミュージカル初挑戦「24時間一緒にいて、台本の話しかしない(笑)」
左からミンス、テウン(SNUPER)
命の美しさと尊さを描く韓国発ヒューマン・コメディ・バディミュージカル「マイ・バケットリスト」。同作は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する「プラシーボ・プロジェクト」を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。
2014年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演された後、2015年、2016年に再演、2017年に日本で初上演され、このたび、2月20日(火)から東京・新宿シアターモリエールにて初の日本語公演が上演される。

 カング役はキム・ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス、キム・ナムホがトリプルキャストで、ヘギ役はテウン(SNUPER)とインジュンがWキャストで演じる。開幕に先駆けて行われた制作発表会では、作品への熱い思いを語り、絶妙なチームワークを見せていたキャストたち。制作発表会が終わった後、カング役のミンス、ヘギ役のテウンに話を聞いた。


―テウンさんはミュージカル初出演となりますが、出演が決まってから、「SNUPER」のメンバーはどんな反応でしたか? 
テウン:「お前が? できるの? 」って最初は冗談っぽく、からかっていましたが、グループの中では僕が初めてミュージカルに出演するから、いまは「頑張って『SNUPER』をもっと広めてね」と応援してくれています。

―「SNUPER」のほかのメンバーたちも、機会があったらミュージカルに出演したいという考えは? 
テウン:もちろん、機会があれば、みんな出演したいと思っています。だから、今回の僕の出演はとても大事です。僕がスタートを切るわけですから。メンバーたちにつなげるように頑張って、希望を与えたいです! 

―ミンスさんは「いつだって最高の友達」で舞台デビューしましたが、ミュージカルは今回が初めてですよね。前回とは気分的に何か違いますか? 
ミンス:僕、元々グループ(BEE SHUFFLE)の中で、テウンもそうですけど、ボーカルではなく、ラップ担当で、5年ぐらいやってきたんですけど、皆さんの前であんまり歌を歌ったことがないんですね(笑)。それで、ミュージカルって聞いたとき、できるかなって思いました。でも、人生は1度しかないし、やってみようって。僕は自分で、歌がヘタくそだと思っていたんですけど、みんなが「大丈夫じゃん。もうちょっと頑張ったら大丈夫になるよ」って言ってくれるから、いまめっちゃ歌の練習をしていて、ミュージカルへの出演を決めて良かったなって思っています。

―元「BEE SHUFFLE」のメンバーたちはラップ担当だったミンスさんがミュージカル出演ということで、驚いていましたか? 
ミンス:俺にはあんまり、興味がないんです(笑)。いまギュミンと一緒に住んでいるんですけど、「えっ、兄貴ミュージカルやるの? どんな作品なの? 」って言うから、「面白いし、感動もあるし、めっちゃいい作品だよ」って答えたら、「頑張れ〜」って。でも、「見に来るよね? 」って聞いたら、「時間あったら行くね。僕たち忙しいから」って。「ふざけんじゃねーよ! 」って言いました(笑)。でも、この前もソウルで、みんなで会って話をしたんですけど、「こういうミュージカルやるから緊張するよ」って言ったら、ジュノもギュミンも「大丈夫だよ、お前なら」「兄貴なら大丈夫ですよ」って言ってくれたから、仲間の応援がすごくうれしかったです。

―厚い友情ですね。
ミンス:付き合いがすごく長いんですよ、僕たちは。あ、涙出てきそう……。
テウン:ダメですよ。

―ミンスさんは制作発表会でも、もらい泣きをしていましたが、涙腺がゆるいんですか? 
ミンス:キュンと来たら泣きますね。一番泣くのがお母さんのこと、次がメンバーのことって感じで。思い出がたくさんあるから、それが僕にとって、涙が出るツボです。メンバーの話をするときは、いつもウルウルしますね。本当に大好きなんで。

―じゃあ、今回は見に来てくれるでしょう。
ミンス:分からないですよ〜(笑)。電話してみますね。

―2人ともミュージカルは初めてですが、ミュージカルの楽しさってどういう部分だと感じていますか? 
ミンス:歌ですね。ナムホさんに聞いたんですけど、ミュージカルの歌は、「歌だけど、歌ではないよ。一番自分がこれを強く言いたい、話したいことを集めたのがその歌になっているんだよ。だから、自分のセリフだと思って歌ってね」って。それをきのう聞いて、僕ショックを受けたんですよ。なんで、俺はそれを知らなかったんだろうって。そしたら、「当たり前だよ、僕は15年ぐらいやっているんだから」って。「なんでカングがここでこんなことをするのか、それを考えながらやったほうがいいよ」ってアドバイスをしてくれたんで、なんでその歌を歌うのか、歌詞に集中して練習しています。
テウン:僕もやっぱりミュージカルといえば、歌が大事だと思います。そして、その歌の中で、感情を表現するのがミュージカルの楽しさだと思います。そして、振付もあるし、演技もあるし、見どころがたくさんあるから、ギフトセットみたいな、それがミュージカルの面白さじゃないかと思います。

―では、反対にミュージカルの難しさは? 
テウン:歌で、その感情を表現するのが、僕にとっては一番難しいです。
ミンス:いや〜、舞台だと歌もないし、カットカットじゃなくて、スムーズにいくんですよ。でも、ミュージカルって、いきなり踊るし、話すし、みんなとワイワイするし、それで演技入るし、泣いたり、それが難しい。そのやり取りをどうすればいいかなって。自分が一番心配なのは歌ですね。いままで歌は、メインボーカルが歌っていたんで。それが悔しい。俺やっておけばよかったなって(笑)。

―でも、歌に関してはナムホさんから、いいアドバイスをもらっているじゃないですか。
ミンス:いつも深夜4時まで、ハーモニーの練習をしているんですよ。できないから。兄貴はずっと「はぁ〜」ってため息。それで「すみませんって」って(笑)。でも、根気強く教えてくれるんで、頑張っています。

―テウンさんはヘギ役で、インジュンさんとのWキャストになりますが、インジュンさんとは役について話したりしているんですか? 
テウン:そうですね。相談したり、自分が見逃していた部分とかを教えてもらったり。僕よりインジュンさんのほうが、日本語が上手だから、インジュンさんの演技を見て、いろんなことを勉強しています。

―ヘギ役を演じるにあたって、インジュンさんとはどうやって違いを出そうと思っていますか? 
テウン:僕はもっと感情的に表現したいと思っています。

―ミンスさんはカング役、ほかの2人とどういう違いを出そうと思っていますか? 
ミンス:いや〜、ヨンソクも僕もまだ初心者のレベルなんで、いつもナムホさんの演技を見て、感じるものがあるんですけど、「これが演技なんだぁ。あ〜、俺はいままで何をしていたんだろう」って。きのうも、稽古で最初の歌を歌ったとき。
テウン:泣いちゃった。
ミンス:ナムホさんが泣くから、なんでだろうって考えたんですよ。僕はその歌で、泣かなかったから。それがショックで、「なんで泣くの? 」ってきょう朝7時まで考えていたんです。深夜2時に稽古が終わって、一緒に帰るとき、コンビニでおでんを食べながら、なんでカングはこんな感情をするのかって話をしたんですよ。ナムホさんが「本当のカングの気持ちでやりたい」って言うから、「あ〜、そうなんですか。そしたら僕は」って言ったら、「僕はじゃなくて、本当のカングになればいいんだよ」って。自分が何を見せるじゃなくて、本当のカングになればいいって教えてもらって、そのせいで、寝られなかったんです。すごく難しいじゃないですか。ただセリフを覚えるだけじゃなくて、本当のカングが何を考えているのか、それをもっと勉強しないと、と思って。朝7時まで台本を読んだのに、眠くならなくて。でも、いったん寝ないと、きょう取材ができないと思って、7時に寝たんですけど。ま、もう1回最初から台本を読みこもうと思っていますね。

―制作発表会でも、ミンスさんは「本番で見せます」と言っていましたが、そういうことですね。
ミンス:本番で見せるしかないです。

―それぞれ役に共感できる部分、自分と似ている部分というと? 
テウン:僕はガンにかかったヘギを理解したくて、本当にいろんなことを調べて、その感情を理解しようと頑張っています。そして、ヘギはとてもピュアな子なんですけど、自分で言うのはちょっと恥ずかしいですが、まだピュアだと思います(笑)。
ミンス:合ってるよ。完ぺき。
テウン:それで、そのピュアな部分がちょっとヘギと似ているかなって。
ミンス:僕は、カングって本当に大切なのは何かを知っているじゃないですか。ヘギに教えてもらって。その思い出とかが、自分とちょっと似ているなって思いました。昔中学生の頃、運動をやっていたとき、強く見せるのが、一番カッコいいと思っていたんですよ。でもそれはカッコいいんじゃなくて、かわいそうな人だったなって。そんな強く見せなくてもよかったのに、強く見せなきゃって感じになったカングと似ているなって。いま、昔の友達と会って話すと、当時なんで強がっていたのか、恥ずかしいぐらいです。その感情が、カングとちょっと似ているなって思います。

―今回はバディミュージカルで、日によって、いろんな組み合わせができますが、ミンスさんとテウンさんの組み合わせは、どのような部分が魅力でしょうか? 
ミンス:俺はカングだから、この純粋な人をぶっ飛ばすって感じでやるしかないですね。つかむときは、めっちゃ強くつかんで。
テウン:痛いよ〜(笑)。
ミンス:ハハハ。演技だから。
テウン:僕から見ると、3人のカングがちょっとずつ違うんです。ミンスさんは、声とかめっちゃカッコよくて、本当の不良みたいで。
ミンス:ハハハハハ。
テウン:すみませ〜ん(笑)。
ミンス:いいよ、いいよ、大丈夫だよ。
テウン:本当の不良みたいなカングを見て、なんか怖いとか、カングと一緒にこのバケットリストをやりたい、という感情をしっかり出せるように、ミンスさんと一生懸命練習して、本番では2人ならではのケミストリーを起こせる公演をお見せしたいです。

―ミンスさんは釜山(プサン)出身だから、韓国語で話すときは釜山の方言が出ますよね。
ミンス:そうです。だから、怖いって言うんです。本当はすごく優しいんですけど(笑)。

―カングとまではいかなくても、不良っぽい時期などはなかったですか? 
ミンス:なくもないというか。ん〜、(とぼけたように)そんなときあったかな? って感じ(笑)。

―今回カング役にぴったりで、いいじゃないですか。
ミンス:いや〜、でも演技がまだ足りていないんで、そこが。だから、頑張っています。

―今回は2人芝居だから、セリフの量も多そうですが。
テウン:多いです。
ミンス:こんなにセリフが多い台本は初めて見ました。

―セリフはどこでどうやって覚えているんですか? 
テウン:宿舎とか会社の練習室で、ずっと読んで、少しずつ覚えています。でも、インジュンさんとヨンソクさんは、覚えが早くて、機械みたいです。どうしたら、できるのか。
ミンス:ナムホさんと僕とテウンが、うわ〜スゲーなって。僕は外で歩きながら覚えています。今回、台本が100ページですよ! それをきょうは20ページまでやろうとか決めて。自然が大好きだから、外に出て練習しているんですけど、1人でぶつぶつ言っているから、周りの人が、変な目で見るんですけど、自分はそのやり方で覚えているから、そうするしかない。あと、めっちゃうるさいカフェにも行ったりします。そこだと、集中できるんで、セリフを覚えるにはいいですね。

―稽古をやっていて、辛いなと思うことはありますか? 
テウン:僕はいつもストレスをいっぱいもらっていますけど、このストレスはとてもいいストレスだと思います。だから、一生懸命台本を読みながら、頑張っています。大丈夫です。皆さんにいい姿をお見せしたいですから。

―どういう部分がストレスになるんですか? 
テウン:やっぱり日本語のイントネーション。韓国語は最後の音がちょっと高くなるんですよ。
ミンス:違うよ。釜山弁は! 韓国語って言わないで、標準語って言って! 
テウン:ハハハ。韓国の標準語はちょっと上がるんですが、日本語は最後の音が下がるから、それが難しいです。感情を入れてセリフを言うと、最後の音が上がっちゃうから、そのストレスをいっぱいもらっています。でも、これは僕にとっての宿題だから頑張ります。
ミンス:この作品が終わったら、日本語めっちゃ上手くなっていると思うよ、マジで。
テウン:ありがとうございます。僕は初めてみんなに会ったとき、とてもビックリしました。こんなに日本語が上手い人たちと作品をやるのかと、自分が小さくなりました。
ミンス:ちゃんと俺たちのこと調べてきてよ。日本の先輩なんだよ! (笑)
テウン:ハイ、先輩ですね。

―今回のキャストでは、テウンさんは可愛い末っ子という感じですね。
ミンス:めっちゃ可愛いですよ。本当に可愛い。僕たち先輩じゃないですか。だから、テウンは前で笑えないから、いつも後ろで、ずっと「へへへ」って。「お前、何で笑ってんだよ」って言うと、笑いながら逃げたりして、めっちゃ可愛いですよ。さっきも、一緒に楽屋にいたとき、ナムホさんとか、「CROSS GENE」、「大国男児」とかみんながグループ活動していたときの動画を見ながら、後ろでずっと笑っていたんですよ。

―皆さんの若い頃の動画だったとか? 
テウン:ハイ、若いときの。いまも若いんですけど。
ミンス:若いよ! まだ25年しか経っていないよ(笑)。

―皆さん、仲がいいから稽古場の雰囲気も楽しそうですね。
テウン:ハイ、毎日。
ミンス:でも、こんなに仲の良い稽古場はないですよ。正直、みんなストレスだし、そういうときって、僕もそうなんですけど、1人でいたいじゃないですか。だけど、今回はキャストのみんなと一緒に住みたいなって思って、宿舎に行ったんです。

―キャストの皆さんが生活している宿舎に? 
ミンス:そう。自分の家があるんですけど、みんなが「お前、来ないの? 」って誘ってくれたんで、「じゃあ、行くわ」って。だから、一緒に寝て、食べて、一緒に演技して、歌って。みんなと一緒にいるのが幸せだなって感じています。

―すごいですね。24時間一緒ってことですよね? 
ミンス:完全に24時間一緒ですね。だいたい稽古が昼12時ぐらいに始まって、夜8時ぐらいに終わるんですよ。それから、テウンだけは宿舎が違うから、「テウン、気を付けて」ってバイバイして、その後は4人でずっと話しているんですけど、台本の話しかしないですね。ヤバイっすよ。だから、頭が痛いです(笑)。でも、それぐらい本気です。

―ストレスを発散したいときはどうするんですか? 
ミンス:歌っていますね。
テウン:(カングは)ロッカーだから。僕はストレスを受けたら、すぐ寝ます。寝たら、どんな考えもしなくていいから。
ミンス:いいな〜。俺は寝られないんだよ、心配が多くて(笑)。

―いまインフルエンザが流行っていますが、体調管理などはどうですか? 
テウン:ビタミン剤を毎日飲んでいるのと、日本の宿舎に加湿器がないから、濡れたタオルをかけています。
ミンス:(テウンの事務所スタッフに)買ってくださいよ、こんなに頑張っているじゃないですか(笑)。
テウン:ありがとうございます。そして、毎日、鼻の通りをよくしています。そうすると、風邪を引かないんですよ。
ミンス:それ、めちゃいいんですよ。僕もしています。あと、僕は寝る前に絶対マスク。外に出るときと、歌の練習が終わった後と、寝るときもマスクをして。のどを壊したら、歌の練習ができないから、怖くてずっとマスクをしています。でも、インフルエンザとかかかったことないから。
テウン:強いですから。
ミンス:7年日本にいるけど、1回もかかったことない。
テウン:いま韓国めっちゃ寒いですから、いまの日本は僕にとって、あんまり寒くないです。
ミンス:なんなら、この衣装でも外に出られますよ(笑)。
テウン:僕が日本に来たとき、韓国はマイナス17度、18度とか。
ミンス:死ぬかと思ったよ、俺。
テウン:なんか外に出たら、心臓が痛くなるような寒さで。でも、日本に来たとき「あっ、春? 暖か〜い」って思いました(笑)。

―2人とも元気なんですね。
テウン:ハイ、元気です! 
ミンス:あ、そうだ! 風邪をひかないために一番いいのは、裸で寝ることです! 

―でも、ミンスさんはいまキャストの皆さんと生活しているんですよね? 
ミンス:だから、いまはパンツ1枚で寝ています(笑)。ネットで調べたんですけど、めっちゃいいんですよ。血液循環が良くなって。だから、元気なんですよ。3時間しか寝ていないのに(笑)。

―うわ〜、3時間ですか。テウンさんは何時間寝るんですか? 
テウン:僕は7時間ぐらい(笑)。
ミンス:大事だよ。僕は寝られないんだよ。羨ましい〜。
テウン:僕は夜3時まで台本を読んで、寝ます。それで、朝10時に起きて、稽古に行くんで、たぶん7時間ぐらい寝ています。

―「マイ・バケットリスト」にちなんで、ことし絶対にしたいことを教えてください。
テウン:僕は本当にヨーロッパ旅行に行きたいです。お金をたくさん貯めて、1人で。なんか、去年イギリスに行きましたが、めっちゃ新しい世界でした。それで、世界は広いなぁと思って。もっといろんなことを経験したいです。
ミンス:ことしはもっとドラマとか舞台とか、役者の仕事を頑張りたいです。あと、アメリカに行きたいなと思っていて。こんなに世界は広いのに。
テウン:そうそう。
ミンス:俺、ヨーロッパには行ってきたんですよ。アジアも全部行ったけど、アメリカは自分のアメリカンドリームがあるから、最後に残していて。いつか自分の力で行く、というのが僕の目標です。


 インタビューは、ほぼ日本語での受け答えだったが、たまにテウンが言葉につまったりすると、ミンスが「韓国語で話していいよ。俺が通訳するから、任せろ」とフォロー。そんな男気を見せるミンスの話を、テウンはすごく良いリアクションをしながら、ずっとニコニコして聞き、本当に仲の良い兄貴と弟、という感じだった2人。

 ミンスは取材中も、ちょっとでも時間があると歌い始め、テウンも歌と日本語のイントネーションを毎日練習していると話し、今回のミュージカルにかける熱い思いが伝わってきた。本気で挑む彼らの姿を、ぜひ括目してほしい。

2018年2月8日22時7分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

【速報会見レポ】韓国俳優グループ「5urprise」、「SURPR... 【速報会見レポ】韓国俳優グループ「5urprise」、「SURPR...
 ドラマ『アントラージュ〜スターの華麗なる人生〜』『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』に出演のソ・ガンジュン、 『ピョン・ヒョクの恋(原題)』や『ハベクの新婦』出演のコンミョンなどが所属する韓...
【個別インタビュー】韓国発ミュージカル「マイ・バケットリスト」イン... 【個別インタビュー】韓国発ミュージカル「マイ・バケットリスト」イン...
 2月20日(火)にキム・ヨンソク(CROSS GENE)とテウン(SNUPER)のバディで、大盛況のうちに幕を開けた韓国発ミュージカル「マイ・バケットリスト」。全編日本語での上演となる今回...
【イベントレポ】「CROSS GENE」セヨン、生誕祭イベントで多... 【イベントレポ】「CROSS GENE」セヨン、生誕祭イベントで多...
 メンバーごとに誕生日を記念し、毎回趣向を凝らした生誕祭イベントを開催している「CROSS GENE」。今回は1月8日に誕生日を迎えたYONGSEOK(以下、ヨンソク)と、2月8日に誕生日を...
【イベントレポ】「CROSS GENE」ヨンソク、生誕祭イベント開... 【イベントレポ】「CROSS GENE」ヨンソク、生誕祭イベント開...
 メンバーごとに誕生日を記念し、毎回趣向を凝らした生誕祭イベントを開催している「CROSS GENE」。今回は1月8日に誕生日を迎えたYONGSEOK(以下、ヨンソク)と、2月8日に誕生日を...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.