「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」
「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」

「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」(オフィシャル)

「宮廷女官チャングムの誓い」以来13年ぶりにドラマ復帰した韓国を代表する名女優イ・ヨンエと、「秋の童話」など韓流ブーム初期から第一線で活躍し続けるソン・スンホンが豪華共演を果たした、超大型純愛史劇「師任堂(サイムダン)、色の日記」。ブルーレイ&DVD BOX1~3が好評発売中となっている。

 この度、主演女優イ・ヨンエのオフィシャルインタビューが届いた。

-ドラマでは実に13年ぶりとなるかと思いますが、復帰作にこの「師任堂(サイムダン)、色の日記」を選ばれた理由があると思います。特にサイムダンのどのような魅力がイ・ヨンエさんに響いたのかお聞かせください。

まずは、(脚本が)面白かったんです。どんなことよりも一番重要なのは面白さですよね。作品のメッセージも重要ですし、他にも様々なことが重要ですが、私にとって一番重要だった“面白さ”がありました。

そして「師任堂は古く凝り固まっている」と思うところが私にもありましたが、500年前の師任堂は、こういう姿を望んではいなかっただろうと想像してみました。今の師任堂のイメージは、5万ウォン札に描かれ剥製のように飾られた、そんなイメージです。でも、本当に500年前にあの方がそれを望んでいただろうか…と思ったんです。

「宮廷女官チャングムの誓い」で、歴史に1行だけ残されていた人物を500年後に新たに生命を吹き込んだように、師任堂も私たちが決めつけているイメージ、こうだろうと思っていた師任堂に、その時代の師任堂はどうだったのだろうかと、新たな人物として生命を吹き込む、というところに魅力を感じました。

また、500年前の師任堂も現代の女性も、女性として母としての悩みというのは同じだということを撮影しながら感じました。そしてもうひとつ、女性たちが好きな愛の物語が描かれているので、私も演じながらときめきました。
ですからご覧になる方たちも、さまざまな角度からご覧になることができて、面白いと思います。


-「師任堂」という実在の人物であっても、師任堂の新たな面に光を当てようとすると、史実とは異なる部分が出てきてしまう、ということがつきものですが、実在の人物を演じるうえでどのように気を遣われましたか。

今回のドラマがきっかけになり、師任堂に対する見方が再び評価されるのも面白いだろうと考えました。私たちが知っているきちっとして堅苦しい師任堂ではなく、当時の有名女流画家だったら、とてもセンシティブでもあり芸術的な姿も見られたのではないか、と。

そうだとしたら、師任堂を演じる際に、皆さんがご存じの控えめで上品な姿だけではなくて、その裏側の、炎のようで情熱的でエネルギーにあふれた、ダイナミックな師任堂の姿を見せるのはどうだろうか、役者の立場としては、そのような視点で見ていました。

そしてまたそこに少し恋愛(要素)を加えるとしたら、そもそもこれはドキュメンタリーではなくドラマなので、見る方たちに少しでもメロドラマを通じて女性らしい師任堂を見せられるのではないか、と。

そのように、毎話、現場で監督さんや俳優さんたちや作家さんと悩みながら、新たに師任堂という人物を作っていきました。そういった点が、視聴者の方に感じていただける新しい面白さだと思います。


-13年ぶりのドラマ復帰ですね。「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ヨンエさんと「師任堂(サイムダン)、色の日記」でのイ・ヨンエさんは、ご結婚もされ、出産もされ、明らかに女性として大きな変化があったと思います。それでもやはり「チャングム」の強いイメージを持っている方が多いと思うのですが、どんな部分で悩んで作品に臨んだのか、そして、実際にワーキングマザーとしてワーキングマザーである師任堂とソ・ジユンを演じるとき、どのような思いで撮影に臨まれたのか知りたいです。

(ドラマから遠ざかっていた13年)この間に、もう私は母になり、師任堂を演じることになりました。パク作家、ユン監督、俳優の方々も私に対していいお話ばかりしてくれましたが、実際、私の方がずっと感謝しなければならないです。

私は久しぶりにカメラの前に立ったので、むしろ私のほうが至らない部分があり、緊張する思いもあったのですが、ソン・スンホンさん、オ・ユナさん、ヤン・セジョンさん、それ以外すべての俳優の方々が、そばでうまくフォローして支えてくれて、無事に終えることができたと思います。その点は、皆さんに感謝しております。
「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」

「師任堂(サイムダン)、色の日記」イ・ヨンエ「母親になってからの様々な感性を盛り込めるよう努力した」(オフィシャル)


ワーキングマザーとは言いますが、過去の師任堂も、現在の女性と変わらないだろという思いでスタートしました。彼女は家事をして絵も描いて父親の役割もするしかなかった立場だったとしたら、もう少しおおらかな姿もあったのではないかな、と思います。そういった点で、チャングムという人物ともカラーが重なることもあると思います。
見る人が師任堂を通してチャングムを見ても面白いかな、とも思うんです。そういったことを、パク監督とも現場で話しました。

その代わり、私も働く母親ですので、未婚の時に私がチャングムを表現した部分と、母そして妻の立場で師任堂を表現した部分では、今のほうが幅が広がり深みも増して、そのためより演技が面白いと感じながら撮影に臨みました。
ですので、チャングムとは大きく違うし、皆さんが思っていた師任堂のイメージとも大きく違うので、結果的にはとても面白い! ということを言いたいです。(笑)


-サイムダンとソ・ジユンという違う時代に生きる2人の人物を表現しなければいけませんでしたが、時代が違うこともありますが、それぞれ違った2人の人物の個性を表現するために、どのような違いを念頭において演技されたのでしょうか。

1人2役が私にとって負担になるだろうとは思いましたが、俳優としては本当に面白い作業でした。1人2役なうえに、過去と現在を行き来するので、ご覧になる方も、韓服を着た私の姿を見ることもできますし、現代では、サイムダンとは少し違う、サバサバとして力強い女性の姿を見ることができるので、退屈せずに楽しんでいただけると思います。

そのために私も、台本や衣装、セリフやその他たくさんのことを自分なりに研究しました。きっと満足していただけるだろうと、控えめに言わせていただきます。


-撮影の際に思い出に残っているエピソードがあれば話してください。

そもそも“師任堂が恋愛をした”といえば、人々はとても驚くと思います。師任堂の母として妻としての役割はよくご存じだと思いますが、ここに恋愛が加わるということに対して、新しくて新鮮だという感覚でした。

撮影しながらも、メロドラマ的なまなざしなどが、俳優として、そして視聴者の立場でモニタリングすると、面白かったんです。特別なエピソードではないですが、サイムダンのメロドラマがどのように展開されていくか、そのような部分をご覧になると面白いと思います。

私は息子が1人、娘が1人いますが、夫と一緒に時々撮影現場に遊びに来ました。すると、夫よりも息子がソン・スンホンさんに嫉妬していたんです。「頭から火が出る」というような表現まで使って(笑)。でも、そこまで嫉妬してくれるという事は、うちの息子もドラマは楽しんで見るだろう、と思いました。そんな面白いエピソードがありましたね。


-イ・ヨンエさんが演じられたサイムダンと、ソン・スンホンさんが演じられたイ・ギョムの切ない愛は、セリフというよりも表情やお二人の作り上げた雰囲気で表現されていたことが多いように思います。そういったシーンを撮影するにあたり、気をつけたり、お互いに相談したりしたことはありますか。

本作で描く愛は、今までよく描かれてきた愛とは違い、とても切ない心に響く愛です。
だから言葉で表現するよりは、視線で表現するシーンが多かったです。その感情をより醸し出すために音楽をたくさん聴きました。
その中でも、タイトルを思い出せなくて恐縮なのですが、日本の映画の主題曲を聴きながら感情を盛り上げていたことが記憶に残っています。


-本当に年齢を感じさせない美しさですが、その秘訣は何かうかがいたいです。

高評価をしてくださってありがとうございます。近くで見るとちょっと違いますよ。(笑)
ですから、ユン監督やスタッフさんにありがたく思っています。どうしたって、私がオ・ユナさんほどにはなれませんよね。現場でたくさん工夫してくださいました。いろいろと助けていただいてうまく撮れたので感謝しています。

特別な秘訣といえば、制作発表会がある日には、緊急ダイエットをしたりしています(笑)。こんな風に、子供たちと平凡な生活をしていても、俳優の時はこうして変身もします。そのような面白さが私にとってはむしろいい影響を与えてくれているのではと思います。ありがとうございます。


-最後に「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれから見る日本のファンに、メッセージをお願い致します。

こんにちは。イ・ヨンエです。「宮廷女官 チャングムの誓い」以後、しばらくごあいさつできませんでしたね。このように関心を寄せてくださって本当に感謝しています。皆様のご期待に添えるよう頑張りましたし、母親になってからの私の様々な感性を盛り込んだよい作品にするため努力しました。
ぜひ、ご期待ください。


<商品情報>
Blu-ray/DVD BOX1~3 発売中
Blu-ray 各21,000円+税  DVD各18,000円+税
レンタルDVDも好評リリース中
セル発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー


<TV放送>
BSフジにて、8月11日(金)  より放送スタート 毎週月~金曜 14:59~ 16:00
BSフジ公式サイト:http://www.bsfuji.tv/top/index/top.htm

LaLaTVにて8月21日(月)より放送スタート 毎週(月~金)13:30~(再放送:同日21:30~)
LaLaTV公式サイト:http://www.lala.tv/


「師任堂(サイムダン)、色の日記」日本公式サイト
http://www.cinemart.co.jp/saimdang/
2017年6月27日9時51分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! プ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! プ...
 占い師のchristy.です。日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル”オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の『#11』が12月5...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ...
 占い師のchristy.です。昨年11月30日に除隊し、この1年様々な分野に挑戦し話題となっているチョン・イルさん。 除隊後の復帰作「ヘチ 王座への道」も先週からNHK BSプレミア...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優イ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優イ...
 占い師のchristy.です。今回は2017年5月からソウル江南区庁で社会服務要員として服務を開始し、この5月に除隊したアジアのトップスター俳優イ・ミンホさんを鑑定したいと思います。 ...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う「FT... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う「FT...
 占い師のchristy.です。今年でデビュー12周年を迎えた「FTISLAND」、人懐っこい笑顔と圧巻の歌唱力で、グループを引っ張って来たイ・ホンギさん。 先日9月30日に遂に入隊するこ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.