「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」キム・ソヨン「イ・サンウさんと撮影しやすかった」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天SocialNewsに投稿! 友達にメールですすめる スクラップする
「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」キム・ソヨン「イ・サンウさんと撮影しやすかった」
「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」キム・ソヨン「イ・サンウさんと撮影しやすかった」
女優キム・ソヨン(オフィシャル)
レストラン「家和萬事成」を舞台に繰り広げられる家族の愛と絆を描いたハートウォーミングストーリー「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」。5月2日(火)より、TSUTAYA先行DVDレンタルスタートした。

 このたび、女優キム・ソヨンのオフィシャルインタビューが届いた。

−「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」の魅力・視聴者に愛される理由はどんなところですか。
視聴者の立場から見れば俳優さんたちの熱演がその一つではないかなと思いました。ドラマを見るたびに先輩方、後輩演技者の皆さんの演技を見ながら深い余韻が残り、共に笑ったり泣いたりしています。制作陣の皆さんも含め、俳優さんたちの熱演が皆さんの視線をくぎ付けにするのではないかと思います。また、このドラマは余韻が深く残るドラマだと思います。笑って泣いて終わるドラマではなく、ドラマが終わった後もその夜、また次の日も切々な感情や余韻が残ります。皆さんもその魅力にはまるのではないでしょうか。

−人気ドラマになりましたが実感は。
はい、とても実感しました。次回の内容が気になると言われましたし、私の姉は家まで来て次の台本を見せてほしいというくらい関心を持ってくれますし、「結末はどうなるのか、一体誰と結ばれるのか」で、こういう質問をたくさん受けましたので、本当に人気を体感しました。

−長編ドラマですが、現場の雰囲気はいかがでしたか。
初めは長期間撮影のドラマだし、とても寒い冬の撮影から始まって猛暑の夏まで撮影があったので、ドラマが始まる前から皆さんナーバスにならないか心配していました。でも皆さんとても良い方たちが集まって、いくら暑くても寒くても今まで眉間にしわを寄せている人を一人も見たことがなかったです。現場の雰囲気も本当に良いし、後輩たちが意気投合して先輩に接するよりも先にユン・ダフン先輩をはじめソ・ヒジョンさん、キム・ジホさん、ウォン・ミギョン先生、皆さんが現場を盛り上げてくださったので、良いエネルギーを受けながら気分よく撮影しました。

−撮影中の面白いエピソードは。
楽しく撮影したシーンがヘリョンが十数年前の過去にプロポーズを受けるシーンで、前夫役のイ・ピルモさんが私に指輪を差し出しながら「愛しています! 」と言うんですが、昔のシーンなので過去の衣装を着たり、私の双子の兄であるマンホ役のチャン・インソプさんがかつらをかぶって登場したり、ユン・ダフンさんもタイムスリップしたように古い服を着て出てきて、その場面を撮影した時はとても可笑しくて放送を見ても笑ってしまうほど楽しく撮影できました。

−ボン・ヘリョン役を演じる上でどんな準備をしましたか。
ボン・へリョンと似た部分が私にあるだろうかと思うほど大変な経験をしてきた女性なのですが、役作りのために初めはドキュメンタリーなどをたくさん見たし、静かな音楽やヘリョンというキャラクターに合う歌詞が込められた曲をイヤホンで聞いたりしました。最近は相手俳優さんたちが熱演して下さるおかげで、私もその中に吸い込まれて演じるので、特別に準備をしなくなりましたね。

−相手役のイ・サンウさんのドラマでの魅力は。
ソ・ジゴンというキャラクターは、本当に寛大な男性ですよね。女性が何をしようとそれを許してくれる心の広い男性ですが、ソ・ジゴンのような男性がこの世に存在するだろうか? と俳優たちと話し合ったことがあるほど、心が温かく、一緒にいたら癒されるようなキャラクターだと思います。

−イ・サンウさんと共演していかがでしたか。
イ・サンウさんが何とおっしゃるかわかりませんが、私は本当によく合っていたと思います。事前にサンウさんはリハーサルを沢山されるんですが、私もご一緒したのでそのシーンがよりしっかりしたものになるし、イ・サンウさんの持っている魅力とソ・ジゴンの魅力に共通点が大きいので、撮影に入る時もそうでない時もすぐに感情移入できるようなキャラクターをそれぞれ持っているので、おかげで撮影しやすかったですね。

−ソ・ジゴンとイ・サンウさんとの共通した魅力とは。
まずとても温かくて細やかで、大きくて広い心の持ち主だと思います。それに、時々しらっとするユーモアを見せる部分も似ています。とても良いパートナーだと思いますね。

−演じながらイ・サンウさんとのラブラインについては共感されましたか? どんなシーンに共感しましたか。
ボン・へリョンとソ・ジゴンはどちらも思いもよらないほどの痛みを抱えているキャラクターなので、人々は理解できなくても二人だけに通じる温かい機運を持っていると思います。ボン・へリョン、キム・ソヨンもソ・ジゴン、イ・サンウとして出会う時は気楽で温かくて癒される感じがしたのでそういった部分で共感できたし、撮影の日が待ち遠しくもありましたね。

−ソ・ジゴンとのシーンで一番お勧めのシーンは。
とても試練が多くて良いシーンを選ぶのが難しいんですが、森の中での結婚式シーンが綺麗に収められていると思います。実際は大変なシーンでしたが、私たちを祝福してくれるかのように雨もしとしと降ってきたり、また行きたいと思うほどとても素敵な場所で、花の冠も気に入ったし、放送でもよく映し出されていたので個人的にそれが名場面だと思います。

−「ハッピー・レストラン」の見どころと視聴ポイントは。
見どころと視聴ポイントは多くの方々がご存知かと思うので、ボン・へリョンの見どころをお話しすると、私も演じていながら、どうして一人の女性にこんなに心痛い事情が起こるのか、次はどうなるのか、どんな波乱に巻き込まれるかと心配されると思いますが、友人を慰めるかのようにご覧いただけたら、50話を通して視聴される間、心痛いけれども待ち遠しいドラマになるのではないかと思います。

−最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。
日本のファンの皆さん、こんにちは! キム・ソヨンです。寒かった冬に始まり蒸し暑い夏に至るまで一生懸命撮影しています。私がとても愛しているボン・ヘリョンキャラクターも是非ご覧下さり、「ハッピー・レストラン」温かく見守って下されば幸いです。ありがとうございます。


【レンタル】全38巻 TSUTAYAにて先行レンタル
2017年5月2日(火) Vol.1〜7   
2017年6月2日(金) Vol.8〜14
2017年7月4日(火) Vol.15〜22
2017年8月2日(水) Vol.23〜30
2017年9月2日(土) Vol.31〜38
発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
2017年5月16日9時49分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

「彼女はキレイだった」チェ・シウォン(SJ)「皆さんが憂うつな時や... 「彼女はキレイだった」チェ・シウォン(SJ)「皆さんが憂うつな時や...
 6月、「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」において、パク・ソジュン主演の「彼女はキレイだった」や人気ドラマの一挙放送を展開する。  「彼女はキレイだった」はパク・ソジ...
「彼女はキレイだった」パク・ソジュン「初恋は中学生。思春期らしいピ... 「彼女はキレイだった」パク・ソジュン「初恋は中学生。思春期らしいピ...
 6月、「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」において、パク・ソジュン主演の「彼女はキレイだった」や人気ドラマの一挙放送を展開する。  「彼女はキレイだった」はパク・ソジ...
「ラスト・チャンス! 」テギョン(2PM)「先輩方がみんな優しくて... 「ラスト・チャンス! 」テギョン(2PM)「先輩方がみんな優しくて...
 6月、「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」において、テギョン(2PM)出演「ラスト・チャンス〜愛と勝利のアッセンブリー〜」をベーシック初放送することが決定した。  カ...
「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」イ・ピルモ「現場のムードメー... 「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」イ・ピルモ「現場のムードメー...
 レストラン「家和萬事成」を舞台に繰り広げられる家族の愛と絆を描いたハートウォーミングストーリー「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」。5月2日(火)より、TSUTAYA先行DVDレンタルス...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2017AISE Inc. All Rights Reserved.