【イベントレポ】俳優チェ・ウシク、「恋愛上手ではないけど子どものあやし方には自信あり」DVD発売記念イベントで明かす

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】俳優チェ・ウシク、「恋愛上手ではないけど子どものあやし方には自信あり」DVD発売記念イベントで明かす
【イベントレポ】俳優チェ・ウシク、「恋愛上手ではないけど子どものあやし方には自信あり」DVD発売記念イベントで明かす
俳優チェ・ウシク
韓国ドラマ「ホグの愛」DVDの発売を記念し、「『ホグの愛』DVDイベントwithチェ・ウシク」が11月19日(土)都内某所にて開催された。

 「チェ・ウシクさ~ん」とファンのかけ声で、スタイルの良さを際立たせるシンプルなジャケットとパンツに身を包んだチェ・ウシクが登場。拍手で迎えられると、丁寧にお辞儀をしながら客席を通ってステージへ。間近で見るチェ・ウシクのかっこよさにファンは大興奮となった。

 ステージに上がると、「アンニョンハセヨ。今日は雨が降っているので、皆さんこちらに来るのが大変じゃないかと心配していましたが、たくさんお越し頂いてありがとうございます」と、最初のあいさつから来場したファンを気遣う優しさを見せ、「僕を愛してくださる皆さんと小さなパーティを開いているようで、とてもうれしいです」と喜びを伝えた。「可愛い~」と歓声が上がると照れながらも「今後はもう少し体を作って男性らしい格好にしたいと思います(笑)」と応じる場面も。

 チェ・ウシク初主演作となったドラマ「ホグの愛」は、恋愛経験ゼロのお人好しな草食系男子ホグ(チェ・ウシク)と、ホグの初恋相手で水泳の韓国代表として活躍するドS美女ドヒ(ユイ(AFTERSCHOOL))が繰り広げる、最高に心温まる純愛ラブコメディ。

  “ドラマの裏話を聞いちゃおう”のコーナーではファンと共にドラマの名場面を見ながら、撮影時を振り返ることに。ここでユイから応援メッセージが届き、トークは和やかな雰囲気の中で進行した。

 同ドラマで草食系男子を演じたチェ・ウシクは自身と似ている点を尋ねられ、「ホグのキャラクターはこの世にはいないのではないかというくらい優しくて善良なキャラクター。似ているところは空気をよく読むところ。周りに迷惑をかけたくないという気持ちが大きいですね。恋愛は…上手い方ではないです」と共通点を答えた。

 高校で初めてドヒに会うシーンでは、「僕はカナダで学生時代を過ごしていたので制服を着たことがなかったんです」と話し、ずっと着てみたかったというチェ・ウシク。ドラマで叶えられてとてもうれしかったと振り返った。自身の高校時代は女子には興味がなかったという。会場から「え〜?! 」と疑いの声が上がると「本当に! 本当に! 」と笑って否定しながら、外でバスケやサッカーをするスポーツが大好きな学生時代だったと語った。

 同窓会で再会したドヒにホグが勇気を出して海を見に行こうと誘うシーンでは、ホグの人生の中でここが一番勇気を出したところだと考えて演技をしたという。「もしドヒのように本当に心から愛する人ができたら、僕もホグのように勇気を出してこのように近づいて行くと思います」と話すと、実際は勇気を出せなかった後悔がとても多かったのだと明かした。

 この他にも、ユイと会って間もない序盤に撮影したという海辺でのドヒとのキスシーンや、共演したスロン(2AM)とベストフレンドになったこと、赤ちゃんのおでこの匂いを嗅ぐのがスタッフの間で流行っていて自分もやってみたことなど、一つひとつのエピソードをユーモアも交えてたっぷり語り、「暑いですね」と額の汗を拭ったり、ファンの持っていたお手製のウチワを借りて扇ぐなど、飾らないチェ・ウシクの人柄にファンもほっこり。

 “ウシクさんはどんな人? ”のコーナーでは質問に○か×で答え、チェ・ウシクの魅力にさらに迫った。“酔うと決まってしてしまう習慣がある”という質問に「○」と上げ、「お酒を飲むと楽しくなりたいという気持ちが大きくなるんです。それで酒癖は…おじさんになってしまうんです。昔の楽しい話を何度もしてしまう(笑)」と意外なクセを打ち明けた。“女性に気持ちを伝えるときストレートに好きだと言える方だ”という質問には「○」。「ホグの愛」の撮影後に少し性格が変わり、女性に対して気持ちをはっきり言えるようになったのだという。
“子どものあやし方は完ぺきだ”という質問には自身を持って「○」を上げ、赤ちゃんのゲップもうまくさせられるし、お尻を拭いたりローションを塗ったりもできると言い、「完ぺきではないと思いますが、妥当な処理はできます」と自信を見せると、将来のイクメンぶりに会場から拍手が起こった。“2人でしっぽり飲むのが好き”には「○」と答え、「静かに飲むのが好きです。静かに一緒に飲んでこそ、自分の昔の楽しい話を何度もできるんですね(笑)」とお茶目に答えて会場を笑わせた。

 ドラマの場面をファンと演じる“あなたがヒロイン”のコーナーでは、選ばれた2人のファンがステージへ。チェ・ウシクからハグをされるシーンと、ファンの方から彼をハグするシーンをそれぞれが照れながらも見事に演じきり、ファンは「幸せです」と満面の笑顔を浮かべた。また、日本語での直筆メッセージ入りの同ドラマポスターや、2ショットチェキのプレゼント抽選会なども行われ、ファンと過ごす楽しい時間はあっという間に過ぎた。

 初めてのファンミーティングのときに、次回は小さなチームのような感じで楽しい時間を過ごそうとファンと約束したというチェ・ウシク。「実際まだ2回目のファンミーティングは決まっていないですが、今日このような機会が持てたことが本当にうれしく思っています」と、この日のイベントに臨んだ気持ちを明かし、「これからもっともっと認知度を上げて、ぜひ次回のファンミーティングで皆さんとお会いできたらいいなと思います。いつも日本に来る度にこのように歓迎してくださって本当にうれしく思っています。これからも一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いします」と今後の決意を伝えた。

 今後日本で公開となる出演映画「釜山行き」について少しだけ内容を聞かれ、「韓国でバァーッとヒットしたんです。全世界的にものすごく有名な映画になってしまったんです! “全世界的に”は大げさかな…“アジア的に”かな(笑)」と言って笑いを誘い、「簡単に言うと“災難ゾンビ映画”…ここまでにします! 」と映画もしっかりアピール。

 最後に「これから映画やドラマで皆さんにお会いする機会があると思います。こういう作品あったよねという風にお会いして頂けるととてもうれしいです。今日は本当にありがとうございました」とファンに感謝すると、会場からは大きな拍手が送られた。

 再び客席近くを通り、ファン一人一人とアイコンタクトを取るかのように丁寧に目を合わせ、大小さまざまなサランへマークをファンに贈りながら会場を後にしたチェ・ウシク。彼の人柄を映し出したような温かく穏やかなイベントは笑顔で幕を閉じた。


※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。
2016年11月22日22時16分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「SUPERNOVA」、挿入歌を担当した映画『L(... 【イベントレポ】「SUPERNOVA」、挿入歌を担当した映画『L(...
 “壁ドン”ブームを巻き起こした『L(ハート)DK』を新キャストで再映画化した『L(ハート)DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(3月21日公開)の公開に先駆け、3月17日(日)東京・...
【イベントレポ】「D-CRUNCH」 、K-POP新人発掘・支援オ... 【イベントレポ】「D-CRUNCH」 、K-POP新人発掘・支援オ...
 K-POP新人アーティストを発掘し、支援するためのオーディション「DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN」の最終審査が3月16日(土)千葉・舞浜アンフィシアター...
【イベントレポ】俳優ナム・ジュヒョク、日本初写真集「YOUTH」発... 【イベントレポ】俳優ナム・ジュヒョク、日本初写真集「YOUTH」発...
 韓国ドラマ「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などで主演を務め、2018年初出演映画となった「安市城」では韓国の映画賞の各新人賞を総なめにするなど、いま最も注...
【個別インタビュー】キム・ジュンス、一瞬も目が離せないコンサート日... 【個別インタビュー】キム・ジュンス、一瞬も目が離せないコンサート日...
 高い歌唱力と表現力と親しみやすい人柄で、韓国、日本はもちろん、世界各国から高い人気を誇り、現在ではハイレベルな韓国ミュージカル界においても確固たる地位を築いているジュンス。  そんな...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.