【公演レポ】パク・シフ、野外プレミアムライブで歌って踊ってサービス全開! ノリノリで“スンジョ・ダンス”も

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【公演レポ】パク・シフ、野外プレミアムライブで歌って踊ってサービス全開! ノリノリで“スンジョ・ダンス”も
【公演レポ】パク・シフ、野外プレミアムライブで歌って踊ってサービス全開! ノリノリで“スンジョ・ダンス”も

俳優パク・シフ

俳優パク・シフが10月7日(金)、TOKYO SEASIDE FESTIVALお台場J地区特設会場にて、「パク・シフ トークコンサート&プレミアムライブ~空(ハヌル)&海(パダ)」を開催。

 昼公演の空(ハヌル)ではトークコンサート、夜公演の海(パダ)ではプレミアムライブという構成で、気持ちの良い空の下、“歌って踊れる俳優”というエンターテイナーぶりを発揮しながら、開放感あふれるステージを展開。会場のあちこちから「シフシ(シフさん)~」という声が上がるたびに、にっこり笑顔で手を振り、ファンを魅了した。

 すっかり日も暮れ、キレイなお台場の夜景に包まれた夜公演。韓国の4人組ダンスボーカルお笑いグループ「H5」(エイチファイブ)によるオープニングアクトが終わり、オープニング映像が流れた後、「TUBE」の「Season In The Sun」(韓国語カバー)を歌いながら、なんと客席後方から登場したパク・シフ。

 会場は一気に総立ちとなり、「キャー! 」っと歓声が湧き上がる。ダンサーを従えて中央通路を通り、ファンとハイタッチしながら勢いよくステージに上がるパク・シフと至近距離で触れ合ったファンたちの興奮で、肌寒かった会場の温度が一気に上昇! 
「ヨロブン(皆さん)、アンニョンハセヨ(こんばんは)」とあいさつするパク・シフの爽やかな歌声と軽快なダンスで、華々しく幕を開けた。

 ところが、続くイ・スンギの「WILL YOU MERRY(結婚してくれないか)」では、いきなり歌詞を忘れてしまい、天を仰いで苦笑いするパク・シフ。会場から「頑張れ~」、「ファイティン! 」などの声援を受けると、すぐに持ち直し、楽しそうに歌い踊る姿に、ファンの表情も自然と笑顔であふれ返る。歌の終わりに、日本語で「僕と結婚してください」というコメントを用意していたが、上手く言えずに噛んでしまっても、パク・シフの照れ笑いにファンはメロメロだった。

 司会のキム・テイが登場し、「夜のステージはどうですか? 」と聞かれたパク・シフは、「夜になってもっと雰囲気が良くなりましたね。でも、緊張しすぎて、歌詞をうっかり忘れてしまいました。ハハハ」と照れ笑いを浮かべ、「温かく見守ってください」と呼び掛けると、客席からは温かい拍手が。

 会場には、昼夜2公演参加のファンが多く、「そうだと思って、昼公演と夜公演を違う構成にしました」とニヤリとするパク・シフが「皆さん、楽しく遊びましょうか! 」と声を張り上げると、ファンも「イェーイ! 」と反応し、会場の雰囲気がぐっと盛り上がった。
【公演レポ】パク・シフ、野外プレミアムライブで歌って踊ってサービス全開! ノリノリで“スンジョ・ダンス”も

俳優パク・シフ


 次に、この日会場で配られた事前アンケート「シフのどこが好き? 」「シフと2人で1日過ごせるなら何をする? 」の回答を発表。
特に、「シフのどこが好き? 」という質問では、「作品で好きな女性に向ける切ない目」という答えが紹介され、切ない目をリクエストされると、「夜公演でもドラマを1本撮ることになりそうですね(笑)」と言いながら、カメラに切ない目を向け、その姿がスクリーンにも映し出されると、「ヒュー! ヒュー! 」と黄色い声が。「大きな背中」という答えでは、立ち上がって後ろを向いて、スラリと伸びた背中を強調して見せたり、「左側の顔」という答えでは、横を向いて左の顔を見せた後、視線を正面に向けるという悩殺的なまなざしで、ファンを胸キュンさせた。

 逆にパク・シフが、「自分がカッコいいと思うところは? 」と聞かれると、「ファンの皆さんが熱狂的に応援してくださっているときの自分がいいなと思います。ハハハ」とはにかみ、「シフ氏~」とファンから大声援が送られると、「ありがとうございます! 」とほてった顔を両手で押さえるキュートな仕草も。
そして、「シフさんが憧れの人と1日過ごすなら何をしたい? 」と聞かれると、しばらく考えた後、「新しく建てている家で、夕日を眺めながら横になっていると思います(笑)」と恥ずかしそうに笑みを浮かべた。

 再び、甘い歌声でドラマOSTを2曲続けて熱唱したパク・シフ。ドラマ「王女の男」の「今日も愛してる」、ドラマ「快傑春香」の「応急室」をしっとり歌い上げ、ファンはブルーのペンライトを揺らしながら聴き入っていた。

 パク・シフが衣装チェンジをしている間、スクリーンには、この日会場で発売された写真集の撮影で、イタリアを訪れたときの様子が映し出された。
ファンの「シフシ~」という呼び込みで、白シャツに黒のベストというダンディーな装いで再登場したパク・シフ。そのままイタリアでの撮影エピソードトークへ。

10日間ほど、イタリア南部を回りながら撮影したそうで、「どの街も良かったんですけど、特にポジターノがとても良かったです。景色が絵のように美しかったです。あっ、ポジターノは写真集の撮影で行ったのではなく、その後、弟分の友人と旅をしたときに行った場所ですね。ハハハ」とひとりツッコミし、イタリアでは毎日パスタばかり食べていて太ったそうだが、その後ダイエットをして痩せたけれど、最近また少し太ってしまったと笑い飛ばした。

 ヨットで撮った写真、パスタを食べている写真などを公開し、さすがに1か月もパスタばかり食べていたので、嫌気がさしたそうだが、やはりパスタは好きらしく、「昨日、おとといも食べました」とニッコリ。「でも、量は減らそうと思っています。次の作品の撮影をしなければならないですからね」と明かすと、会場からは次回作への期待から、大きな拍手が起こった。

 そして、ファンの熱烈なリクエストに応じ、昼公演でも披露して「楽しかった」というスンジョ(「清潭洞<チョンダムドン>アリス」でパク・シフが演じた役)ダンスを夜公演でも披露することに。
乗り気ではないそぶりを見せながらも、ちゃっかり仕込んでいたサングラスをかけて、準備万端のパク・シフ(笑)。音楽が鳴ると、首や腰をフリフリするダンスを始め、上機嫌で客席にまで降りていき、隅から隅まで回り、踊りながらファンと触れ合った後、ステージに戻ってくると、「カット! 」と自分のタイミングで勝手にやめるお茶目っぷりに、ファンも大喜び。パク・シフも「楽しかったです! 」と満足そうな笑顔を見せた。
【公演レポ】パク・シフ、野外プレミアムライブで歌って踊ってサービス全開! ノリノリで“スンジョ・ダンス”も

俳優パク・シフ


 ここからはまたライブステージが続く。ポップチューンの新曲「LOVERS」で、腰をくねらせるセクシーなダンスを見せた後、ステージにピアノが設置されると、「ピアノが見えますね。次の曲はバラードだから雰囲気を作らなきゃいけないのに、やたらと笑いが出てしまいます(笑)」とムードを作るどころか、むしろ会場を笑いに包むのが彼らしい。「ミスをしても応援し、温かく見守ってください」と求めると、真剣な表情でピアノの前に座り、「そんなプライドのために」を弾き語りで披露。会場は一瞬にしてシーンと静まり返り、パク・シフの切ない歌声、ピアノの旋律が夜空に響いた。

 さらに、ファンへの感謝の気持ちや愛をつづった日本デビューシングル「君を…」では、想いをメロディーに乗せて届け、ファンを感動させた。

 パク・シフが次のステージの準備のため、一旦はけた間に、ドラマ「町のヒーロー」のサイン入り台本を5人にプレゼントする抽選会も。

 その後、準備の整ったステージには、ベンチに座るパク・シフが。「2度目の別れ」を女性ダンサーの手を取り、ミュージカル仕立てのパフォーマンスで披露。曲の最後、花束を客席に投げ込んで、「みんな、ありがとう! 」と言うと、ファンは「シフ氏~」と目をハートに。ファンミの定番曲「Shampoo」では、ファンも大きな手拍子で盛り上げ、会場が一体となった。

 「昼公演も楽しかったんですが、夜はもっと雰囲気も良くて、皆さんが情熱的に応援し、拍手を送ってくださったので、パワーをいただきました。本当に楽しかったです! 」と最後まで笑顔を絶やさないパク・シフは、「時間があっという間ですね。残念ですけど、次回またお目にかかれることを期待し、お約束をしながら、最後の曲を一生懸命歌います。ありがとうございます。サランヘヨ~(愛してます)」と最後のあいさつ。

 ギターを抱えながら、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」の挿入歌「にわか雨」を踊りながら歌い、楽しそうに弾けるパク・シフとともに、ファンも総立ちでノリノリのステージが繰り広げられ、終了した。

 アンコールを受け、動物のかぶりものを着けたダンサーたちと現れ、「おどるポンポコリン」を全力で歌い踊るパク・シフ。涼しげな顔立ちとは、あまりにもギャップのあるコミカルなダンスを見せる彼に、ファンは大熱狂。全てを出し切ったパク・シフは「ヨロブン、サランヘヨ~。ト マンナヨ~(またお会いしましょう)」と投げキスをし、ステージを後にした。

 公演中、何百回と手を振り、よく笑い、明るくエネルギッシュに歌って踊ったパク・シフ。サービス精神も旺盛で、ファンは彼の無限の魅力に魅せられたに違いない。ファンを楽しませようと、公演のたびにいろいろなことにチャレンジしながら、少しずつ完成度を高めていき、さまざまな姿を見せてくれるパク・シフなだけに、次の公演も楽しみだが、俳優としての姿も期待せずにはいられない。


パク・シフ オフィシャルサイト
http://www.park-sihoo.jp/
2016年10月26日22時54分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「ASTRO」、それぞれの魅力炸裂でファンミ大盛況 【イベントレポ】「ASTRO」、それぞれの魅力炸裂でファンミ大盛況
 ことし4月に待望の日本デビューを果たした「ASTRO」が、神戸と横浜でファンミーティング「2019 ASTRO JAPAN FANPARTY~Wanna Be My Star~」を開催。フ...
【囲みレポ】俳優テジュ、舞台「蘇州夜曲」で謎のバーのマスター役を熱... 【囲みレポ】俳優テジュ、舞台「蘇州夜曲」で謎のバーのマスター役を熱...
 俳優テジュが出演する水木英昭プロデュース15周年記念舞台「蘇州夜曲」が、11月17日(日)~24日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演。本作は、東京のとある繁華街を舞台に、裏社会を生きる...
【イベントレポ】「ONEWE」、日本で2枚目のインディーズシングル... 【イベントレポ】「ONEWE」、日本で2枚目のインディーズシングル...
 2019年10月27日。季節は冬の入り口に差し掛かり、少し肌寒い中迎えた『ONEWE JAPAN SPECIAL MINILIVE ~Regulus~』。会場のLUMINE 0 は満席で、...
【イベントレポ】「SEVENTEEN」、大先輩「SUPER JUN... 【イベントレポ】「SEVENTEEN」、大先輩「SUPER JUN...
 1月に韓国でリリースしたミニアルバム「YOU MADE MY DAWN」がオリコンアルバムランキングで1位を獲得。4月には20万人動員の日本ツアーを成功させ、5月にリリースした日本1stシ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.