<Wコラム>イ・ミンホ 際立つ発信力の秘訣

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<Wコラム>イ・ミンホ 際立つ発信力の秘訣
<Wコラム>イ・ミンホ 際立つ発信力の秘訣

スターハウスエンターテイメントから所属事務所がMYMエンターテイメントに変わったイ・ミンホ(写真提供:OSEN)

スターハウスエンターテイメントから所属事務所がMYMエンターテイメントに変わったイ・ミンホ。新しい所属事務所はまさにイ・ミンホを世界に売り出すために設立されたかのようだ。イ・ミンホの強みはルックスだけでなく、その卓越した発信力にある。彼の言動から、その魅力の秘訣をさぐってみよう。


■新しい所属事務所で始動

 新しくMYMエンターテイメントで活動を行なうイ・ミンホ。まだ兵役を終えていないが、所属事務所を変えるほどだから、すぐの兵役入りはないと考えられる。

 彼は1987年6月22日生まれ。兵役計算年齢では、ことし1年間が29歳扱いで、来年は1月1日から30歳扱いになる。新しい事務所の方針にもよるが、可能なかぎり兵役入りを延期するというのが本音のようだ。

 しかし、兵役まで残された時間は長くない。新しい所属事務所で戦略的な活動計画を練っていることだろう。

 彼の持ち味は、世界規模でスターになれるルックスにあることは間違いないが、同時に際立っているのが発信力である。

 この場合の発信力とは何か。

 それは自らの個性をファンにアピールする強い力を意味している。

 取材していて目を見張ったのが、2009年11月26日に東京で開かれたファンイベントのときだ。


■率直なコメントに好感! 

 そのイベントの最後にイ・ミンホは「将来プロポーズすることになったらどのようにしますか」と尋ねられた。

 ファンにとっては、とても気になる質問だった。

 それに対して、イ・ミンホはこう答えた。

「プロポーズなら、このような舞台やイベントの場所でします。自分のところから見える席に座っていただいて、どこにいるかを確認した後に、こっそりと指輪を忍ばせておきます。その指輪を取り出して、『今日は特別に告白することがあります。結婚してください』と言います。サプライズイベントとしてやりたいですね」

 なんとセンスがある答えだろうか。

 ファンもこの答えには大喜びだった。

 2013年6月10日もイ・ミンホの発信力が冴えていた。

 彼はその年の5月27日に初めてアルバム『My Everything』を発売した。その記念の記者会見が東京で行なわれ、イ・ミンホはアルバムを作ったきっかけを質問された。

 彼はこう答えた。

「僕は『花より男子』が終わってから4年間、たくさんの国を回ってファンミーティングを行なってきました。そのときは僕が好きな曲をメインにして歌っていました。これからは自分の曲でファンのみなさんと触れ合いたいという思いがありましたので、それを記念する意味で今回の曲を作りました。ですから、この曲がスタートになります」

 つまり、オリジナリティを大切にしたいという発言だった。

 さらに彼はこう言った。

「僕は、今まで盛り上がれるような曲を歌った経験がありませんでした。このアルバムに入っている『Love Motion』という曲をレコーディングしたときなのですが、速いテンポの曲のレコーディングは初めてで、とても苦労しました。それから日本語で歌うときには、発音がとても大変でした」

 飾らないで、心から出てくる率直なコメントは好感が持てた。それだけに、取材する側としても、とても心に残っている。


■いつも「良いこと」を考える

 イ・ミンホは2014年3月28日、横浜でファンイベントを行なったが、その前の記者会見で「ご自身の魅力は何だと思いますか」と尋ねられた。

 イ・ミンホはこう答えた。

「今の質問はよく聞かれるのですが、答えにくい質問の1つです。どこの国のファンでも、とにかくみなさんの眼差しを感じて、できるだけ触れ合うように心掛けています。ファンのみなさんと一緒にいると、とても幸せなので、その気持ちを素直に表現するようにしています。もしかしたら、そういった点が気に入っていただけるのではないでしょうか。最初は、作品の中のキャラクターをみなさんが魅力的だと思って、私自身もそのキャラクターを通してアピールして、みなさんに近づいていくわけです。ファンとの絆が深まるのは、こういうファンイベントとか公演の場で、お互いに真心や本心を見せあうからだと思います」

 つまり、イ・ミンホは常にファンの前に本心を見せているという。これがファンから一番信頼される秘訣ではないかと思う。

 記者会見に続いてファンイベントが開かれた。

 このとき、イ・ミンホはファンから「私たちが若返るためには、何を心がければいいですか」と聞かれた。イ・ミンホは率直にこうアドバイスした。

「まずは、ストレスをためないことですね。いつも良いことを考えたり行なったりすることが若さの秘訣だと思います」

 まさに、イ・ミンホの真髄が表れたコメントだった。彼もまた常に「良いこと」を発信し続けている韓流スターなのである。


文=康 熙奉(カン ヒボン)
(ロコレ提供)
2016年5月7日12時22分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON... <Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON...
 産業化と都市化の時代。社会の急激な変化の中、夢を求め故郷から都市に集まってきた若者たちは苦労して仕事を探す。やっと仕事が見つかり、少しずつ生活に余裕ができ、家族を作ったり、子供が生まれたり...
<Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC... <Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC...
 1965年の日韓国交正常化。韓国は産業化の時代に入り、ソウルは急速な都市化の時代を迎える。1973年、世界経済を強打したオイルショック。急成長中のソウルは麻痺状態に陥る。  石油は産...
<Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」 <Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」
 1945年、日本の統治が終わった朝鮮半島。韓国の人々は20年にわたり、理念の衝突と戦争、独裁とクーデータの時代を経験する。そして、1965年の日韓国交正常化。「韓国の産業革命」とも言われる...
<Wコラム>「CNBLUE」ヨンファ、“学歴社会”韓国アイドルの不... <Wコラム>「CNBLUE」ヨンファ、“学歴社会”韓国アイドルの不...
 昨夜、韓国のニュース番組でスクープ報道があった。アイドルA氏が韓国で有名な慶煕(キョンヒ)大学の大学院に「不正入学」または「裏口入学」を働き、警察が捜査に乗り出しているとのこと。  ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.