【個別インタビュー】「U-KISS」、新曲「One Shot One Kill」の“ステッキダンス”のグループ内ルールを明かす

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー】「U-KISS」、新曲「One Shot One Kill」の“ステッキダンス”のグループ内ルールを明かす
【個別インタビュー】「U-KISS」、新曲「One Shot One Kill」の“ステッキダンス”のグループ内ルールを明かす

「U-KISS」左からジュン、フン、キソプ、ケビン、イライ、スヒョン

日本デビュー5周年イヤーに突入し、記念すべき5枚目のアルバム「One Shot One Kill」(3月23日発売)が、オリコンのデイリーCDアルバムランキング(22日付)で、3位を獲得した「U-KISS」。

 同作は、シングル「Stay Gold」「Kissing to feel」はもちろん、ツアーで発表したケビンとフンのソロ曲や、スヒョンのソロ曲のアルバムバージョン、そして新曲の全14曲が収録。アルバムタイトルの「One Shot One Kill」は、「一撃必殺」転じて、「一目ぼれさせる」という意味で、聴いてくれた人にとって、アルバムの中に自分に合う曲や気に入ってもらえる1曲が必ずあって、初めて「U-KISS」を知る人にも、音で一目ぼれさせちゃうぞ! という意味が込められている。

 さらに、同日には、ミュージックジャパンTVでオンエア中のレギュラー番組「U-KISSの手あたりしだい! 」と、2015年のオフショットをまとめたシリーズの「Days in Japan vol.5」のDVD2タイトルもリリースし、27日からはTBS「ママサカス2016」テーマソング「ぼくだけのヒーロー」も配信中。

 本格的に新曲プロモーションをスタートさせ、大阪、広島、愛知でのイベントを終え、東京に来た彼らが、忙しい合間を縫って、先月に続き、2か月連続でインタビューに応じてくれた。

 前回は、韓国での仕事のためフンが欠席だったが、今回はスヒョン、キソプ、イライ、フン、ケビン、ジュンが6人そろって登場! 「前回はフンさんがいなくて、1年前の『Action』の発売記念インタビューのときはイライさんがいなかったので、6人でのインタビューは久しぶりですね」と声を掛けると、「6人そろいました!  ヒュー」とスヒョン。拍手して盛り上がりながら、すでにテンションの高い6人が、いつもの和気あいあいとした雰囲気で、ニューアルバム「One Shot One Kill」の一撃必殺な曲やPV撮影秘話、一目ぼれ経験、DVDの見どころなどをたっぷりと語った。


―まずはニューアルバム「One Shot One Kill」がオリコンのデイリーチャート3位。おめでとうございます! 
一同:ありがとうございます!! 

―SNSでもファンに感謝のメッセージを書き込んでいましたが、改めて感想をお願いします。
スヒョン:毎回シングルとかアルバムを発売すると、オリコンのランキングが良いので、本当にうれしいですね。やっぱり今まで活動してこられたのは、「U-KISS」を応援してくれるファンの皆さんはもちろん、スタッフの皆さんも僕たちのことを全力でサポートしてくださったからです。おかげで、今回も良い結果になったと思います。そして、メンバーのみんなも今回は特に頑張りましたが、これからもたくさんの方に応援してもらえるように、もっと頑張らなきゃと思いました。
フン:僕もスヒョンさんと同じ考えです。
キソプ:僕も! 
スヒョン:やっぱり(笑)。
フン:「U-KISS」のことを一生懸命考えてくれるスタッフの皆さんと、「U-KISS」を愛してくれるファンの皆さんがいるから、3位になることができたと思いますが、今の結果に満足していないです。
スヒョン:お~。
フン:もっと「U-KISS」が全体的に実力を上げて、「KISSme」(=「U-KISS」のファン)にカッコいい姿を見せたいし、もっと感動させたいと思います。頑張ります! 
キソプ:曲が発売されるたびに、ファンの皆さん、スタッフの皆さん、そして「U-KISS」を初めて知った方たちも応援し、愛してくれるので、今まで僕たちがここまでやってこられたと思いますが、これからもいろいろな姿をたくさん見せられるように頑張ります。そして、5周年イヤーに入りましたけど、もっと頑張って、挑戦したことのない姿を見せたいです。
ジュン:「KISSme」の皆さんがいなかったら、3位も獲れなかったと思うので、心から感謝しています。今回のアルバムは、今までの「U-KISS」のイメージじゃなくて、歌詞とかも全体的に内容がストレートなので、僕自身もすごく気に入っています。
イライ:タイトル曲の「One Shot One Kill」はファンクミュージックだったので、初めて聴いたときは、“これ何? ”と思いましたけど、レコーディングをしてから、本当にいい曲になったと思います。僕たちもしっかりとファンクの感じを生かそうといろいろ考えました。
ケビン:コンセプトとかパフォーマンスとかね。「One Shot One Kill」は僕たちにとって、新しいジャンルへの挑戦だったので、ファンの皆さんがどう思うのか心配したんですけど、PVを公開した後、すごく反応が良かったのでホッとしました。それから、地方のリリースイベントで、ステッキダンスのパフォーマンスを披露したときも、すごく反応が良かったんです。皆さんからたくさんの応援をもらって、活動ができているので、本当にうれしいです。

―イベントでのファンの声援はどのように感じましたか? 
スヒョン:最初の大阪のイベントは「U-KISSの手あたりしだい! 」の公開収録だったんで、次の広島のイベントからステッキダンスを披露したんですけど、大阪のイベントに来てくれたファンの方もまた来てくれて、めちゃくちゃ反応が良かったんですよ。だから、僕たちも興奮して、もっと楽しくイベントができたと思います。そこまで反応が良いとは思っていなかったので幸せでした。

―ファンの皆さんをバックに撮った写真がSNSにアップされていましたが、たくさんの方が集まったようですね。
キソプ:本当にうれしかったです! 
ケビン:久しぶりに地方に行ったんですが、長い時間待っていてくれて、ファンの皆さんも「U-KISS」と会うのを楽しみしていたみたいです。だから、反応がすごく良かったんだと思うし、たくさんの方たちが来てくれたので、僕たちもうれしかったです。

―ステッキダンスは踊ってみていかがですか? 
フン:最初、めっちゃ難しかったです。ステッキは自分の体の一部じゃないから、思うように動かなくて。だから、踊りと合わせるのが難しくて、何回も何十時間も練習して、やっと完ぺきになったんですが、それを「KISSme」の皆さんに見せられるので、めっちゃうれしいです。イベントのときは、苦労したことを思い出しながら踊ったので、もっと楽しい時間を過ごせました。
ケビン:ライブ中に誰かがケガをしたら大変だと心配していたんですが、まだ事故はないので、良かったと思います。
スヒョン:でも、PV撮影のとき、フンさんのステッキがスヒョンに当たって(笑)。
ケビン:あ~、PVのときはありましたね。
スヒョン:僕たちのルールがあるんですよ。“ケガをした人が悪い”という。
フン:ステッキに当たった人が悪い。当てた人は悪くない。
ケビン:当たった人は、ちゃんと決められた位置にいなかったということなので。
スヒョン:だから、僕が当たったときも、「あっ、フンさんごめんね」って(笑)。
ケビン:あと、ステッキを落としたこともありますね。
フン:ステッキが滑りやすいので。落とすのは、ケビンが一番多いですね。
スヒョン:けっこう楽しいですよ、初めてアイテムを使って、ダンスをしているので。今回アイテムを使った理由は、ファンクなイメージをもっと見せたいと思ったからです。今までも、アイテムを使ってダンスをしたかったんですけど、今回はメンバーみんなとダンスの先生と相談して決めました。

―PVはセピアカラーで、大人っぽい雰囲気が漂っていてカッコいいですよね。
スヒョン:ジャケットもそうですね、モノトーンで。

―PVを自分たちでご覧になってどうでしたか? 
フン:最初のケビンのウインク! (笑)
スヒョン:本当はみんなウインクしたかったんですけど、ケビンが一番上手なので。
ケビン:(スヒョンに)やってみてください、ウインク! 
スヒョン:(ヘン顔をしながらウインクする)ただ、ヘン顔をやりたかったんです(笑)。
一同:(大爆笑)
スヒョン:すみませんでした(笑)。
フン:(ケビンの)ウインクのシーンだけ、いっぱい撮りましたね。
ケビン:笑いながらウインクとか、セクシーなウインクとかいろんなウインクを撮りました。
スヒョン:僕ずっと(ケビンの撮影を)見ていたんですけど。
ケビン:厳しかったよ~。「ケビン、もう1回! 」、「まだまだ! 」とか。だから、どんどん僕の顔色が悪くなっていって…。結局、最初に撮ったカットを使いました(笑)。
スヒョン:ハハハ、そうそう。
ケビン:でも、セットもレトロな雰囲気で、ステージとかテレビとかもモノトーンだったので、不思議な感じがしましたね。

―他にもPV撮影のエピソードがあれば教えてください。
スヒョン:キソプのパートで、キソプとイライ、ジュンの3人が新聞を広げて、おどけたように首を左右に振るシーンがあるんですけど。
ケビン:アドリブなんです! 
フン:ファンクなイメージとぴったりな動きを3人が作ったので、見たとき面白いと思いました。そう思いませんでしたか? 

―ハイ、そのシーンもすごく印象に残っています。
スヒョン:スヒョンも初めて見たとき、ビックリしました。撮影のとき、スヒョンはいなかったから。
ケビン:(スヒョンは)楽屋で寝ていたんです(笑)。
イライ:あと、車でのスローモーションの部分も楽しかったです。あれは、僕たちが本当にスローモーションで動いていたので、いいカットになったと思います。
ケビン:表情もすごく面白いですね。
スヒョン:やっぱり今回は、PV撮影が本当に楽しかったです。
キソプ:そうそう、楽しかった! 
スヒョン:曲が楽しくてファンクなイメージがあるから、みんな遊ぶように撮影ができたと思います。

―曲自体も一度聴いたら耳に残り、中毒性がありますよね。
スヒョン:僕最近はずっと、寝る前に「Tell me what you want」という部分が頭の中をグルグル回っています。あと、キソプの「話しかけた~」とこぶしを回す部分! (キソプのマネをして)「かけた~」「かけた~」がずっと頭の中で流れているから(笑)。
ケビン:(同じようにキソプのマネをして)「かけた~」。これ演歌ですよね(笑)。
スヒョン:たぶんファンの皆さんも初めて聴いた方も、キソプの声にハマると思います。中毒性めっちゃありますよ! 
キソプ:自分でもちょっと…。
スヒョン:恥ずかしいの? 
キソプ:恥ずかしくないです。この曲は、そういう感じだから。
ケビン:うん、そういう感じ。
キソプ:こぶしが似合っていると思います。
スヒョン:キソプの新しい姿ですね。

―皆さんがアルバム「One Shot One Kill」の中で、聴いた人を“一目ぼれさせる”1曲を選ぶなら? 
キソプ:スヒョンさんのソロ曲「君だけを」。今回のアルバムに収録されたのはアレンジして、オーケストラバージョンになっているので、めっちゃ良いです! 声が違って聴こえて、オリジナルバージョンとは雰囲気が違います。
スヒョン:ありがとうございます! 
フン:僕はキソプが作詞作曲した「Illusion」。
スヒョン:あ~、それスヒョンが言いたかったよ。
ケビン:僕が言いたかった! 
スヒョン:「One Shot One Kill」がタイトル曲なのに、(「Illusion」がドワンゴK-POP着うたチャートで)1位になったし。
フン:ハイ、めっちゃいい曲なので、ファンの皆さんには集中して聴いてほしいですね。歌詞の内容は皆さんの想像に任せるという曲なので、聴いた人によって受け取り方が違って、面白いと思います。
ケビン:そうです(と拍手)。
ジュン:僕は「Super Special Lady」です。ビートも速いし、歌詞も「One Shot One Kill」みたいにストレートだから、この曲も中毒性があるんですよ。
ケビン:(サビの部分を歌う)
ジュン:そして、間奏部分が印象的です。
ケビン:ライブで(踊るのが)楽しみだね。
ジュン:この曲は僕がダンスを作りたいです(笑)。
イライ:僕はオープニング曲「Opening~in mono~」です。英語でレコーディングしたこの曲が本当に大好きで。ダブステップが入っているし、「今から始まるよ~」みたいな。
一同:ハハハ。
スヒョン:「いきましょう」、「いこうか」、「いこうぜ」みたいな。
イライ:聴く準備をしてください、という感じで1曲目にぴったりだと思います。
ケビン:僕は「CRY BABY」が好きです。
スヒョン:そう言うと思った。
ケビン:ポップなダンスナンバーなんですが、メロディーも好きだし、歌詞が本当に印象的です。これもライブで楽しみな曲ですね。
スヒョン:僕は卒業ソングの「Shining Stars」が好きです。オープニングから、誰の声か分からないけど、本当に良くて…。あっ、僕の声です。ハハハ。すみません。今ちょうど卒業シーズンじゃないですか。ファンの皆さんがツイッターとかで、「Shining Stars」をBGMにして、卒業写真をアップしているのを見て、めちゃくちゃ僕が感動しました。今回「Shining Stars」がアルバムに収録されて、本当に良かったなと思いますね。メロディーも良いし、これから頑張っていこうっていう意味もあるから、個人的に好きな曲になりました。オープニングの声が本当に切なくて。…(その声は)僕です。すみません(笑)。

―皆さん自身が、人とか物に一目ぼれしたという経験はありますか? 
ジュン:3年前のデビューする前、当時「U-KISS」が「She‘s Mine」の活動をしていたんですが、テレビ局に行って、初めて「U-KISS」を見たんです。客席から皆さんのステージを見ていて、一目ぼれしました! 
スヒョン:僕たちの悪口じゃなくて、本当に良かったです(笑)。
キソプ:僕は今年1月、ミュージカル「カフェ・イン」に出演したのがきっかけで、ワインに興味がなかったのに、興味が出てきて、いろいろワインを飲んでいるうちに、味が分かるようになってきました。
ケビン:あ~、ワインね。
スヒョン:キソプとワインって似合いますよね。キソプは上品じゃないですか。しゃべっているときは分からないけど、見た目は(笑)。
ケビン:(キソプは)焼酎よりワインというイメージですね。
スヒョン:だから、ワインが似合います。

―キソプさんはワインを飲むとき、メンバーの皆さんと一緒に飲んだりしないんですか? 
スヒョン:(スネたように)くれないし。
ケビン:あの…。
スヒョン:えっ、ケビンだけ? 
ケビン:ホテルで…。
スヒョン:うわ~、2人だけで!? 
ケビン:ルームメートだから。
イライ:スヒョンさんは、いつもハイボールだけ飲んでいます(笑)。
ケビン:キソプはワインが好きで、ファンの皆さんからももらうから、ホテルで一緒に飲んだりしているんです。
フン:2人だけで? なんで他のメンバーは呼ばないの? 
スヒョン:スヒョンはコンビニで買ったハイボールなのに…。
ケビン:コンビニのハイボールも良いよ! 
スヒョン:ありがとうございます。でも、ワインも飲みたいですよ~(笑)。ハイ、じゃあ次、フンさんは? 
フン:やっぱり僕はアーティストとしては、いろんなものに一目ぼれしているし、趣味もプラモデル、パズル、漫画、アニメ、ドラマとか時間が足りないぐらいいっぱいあるんですけど、スポーツが好きなので、最近はボーリングに一目ぼれしました。
スヒョン:フンさんはボーリングが上手ですね。プロみたいに。
フン:(プロを)目指しています(笑)。

―ボーリングはメンバーの皆さんと行くんですか? 
フン:日本にいるときは、みんなで一緒に行ったりしますね。でも、そのときはめちゃくちゃ下手なので、メンバーに認めてもらえていないんです(笑)。
スヒョン:フンさんはマイボールがあって、マイボールでやるときだけ上手いんですよ。
フン:だから、マイボールでいっぱい練習しています(笑)。
イライ:僕は洗車して…。
フン:うわ~。
イライ:キレイになった車に毎回一目ぼれをしています。洗車は、ストレスを受けたときにすることが多いですね。
キソプ:ストレス解消で。
イライ:週に3、4回しているんで、もう中毒ですね(笑)。
フン:スヒョンさんは月1回なのに。
スヒョン:いや、僕3か月に1回(笑)。

―だったら、スヒョンさんがイライさんに洗車を頼んだらいいんじゃないですか? 
スヒョン:でも、(イライは)自分の車だけです。
イライ:自分の車をキレイに磨くことに、魅力を感じています(笑)。
ケビン:僕は写真を撮るのが好きなんですよ。自撮りももちろんだけど、自然なところ、例えば空とか景色とか、食べ物とかをキレイに撮るのが好きなので、そういう写真を投稿できるInstagramに一目ぼれしました(笑)。Instagramを始めてから、すごく楽しいです。
スヒョン:僕はダーツが好きなんです。
フン:スヒョンさん、ダーツがめっちゃ上手いんですよ。
キソプ:昨日もやりました。
スヒョン:初めてやったとき、ダーツに一目ぼれしましたね。それから、時間があるときはダーツをしています。
フン:スヒョンさんはマイダーツもあります。
スヒョン:でも、まだ自宅にボードはないんで、今回日本で買っていこうかなと思っています。

―ニューアルバムに加え、DVDも2本同時発売されました。まず、「U-KISSの手あたりしだい! 」の見どころを教えてください。
フン:2年間続けてきた番組なんですけど、印象に残っている映像をピックアップして、6つ収録しました。ファンの皆さんも気に入る内容だと思います。
キソプ:男子会とかね。
フン:僕とイライさん、ジュンさんの男子会。めっちゃ楽しかったです! それ以外にも、面白い企画を厳選して収録しているんで、見応えがあると思います。

―高所恐怖症のキソプさんが、神戸ロケで観覧車に乗っている姿もありますね。
キソプ:めっちゃつらかったです(笑)。そのとき、スヒョンさんと一緒に乗ったんですけど、スヒョンさんは怖くないから、僕にいじわるして。
スヒョン:僕は楽しかったです。キソプの表情がめちゃくちゃで。カッコいいのに、「えーん」って怖がっていて、本当にかわいかったです(笑)。

―皆さんの素顔を垣間見ることができて、ファンでなくても“「U-KISS」ってこういうグループなんだ”とよく分かる内容だと思いました。
フン:ちょっと心配ですけど。こういう映像を見ると、「U-KISS」が歌手って分からないんじゃないかと。
スヒョン:お笑い芸人さんみたいな(笑)。
フン:でも、このDVDを見てから「U-KISS」のステージを見て、そのギャップに一目ぼれして、ファンになってもらえたらいいなと思います。

―番組では今後、どんなことしたいと思っていますか? 
フン:まだやってないことがたくさんありますからね。例えば「KISSme」と一緒に何かをする企画とか。
スヒョン:個人的には、僕が「KISSme」になって、「U-KISS」を見るというのをやってみたいです。
フン:あっ、僕は「U-KISS」が「KISSme」のファンになって、「KISSme」がミュージカルみたいなお芝居をしているのを僕たちが「KISSme」というボードを作って、それを掲げながら見るとか。
スヒョン:あ~、「U-KISS」が「KISSme」を応援するっていう。
フン:「KISSme」はステージの上、僕たちは客席。
スヒョン:だったらステージはドーム!? (笑) 広い場所がいいよね。
フン:「KISSme」のファンは僕たち6人。

―面白そうですね(笑)。では、もう1本の「Day in Japan vol.5」は、2015年の活動を振り返る内容ですが見どころは? 
スヒョン:1年間、日本で活動ができたのも、みんな本当にうれしくて、いつもファンの皆さんに感謝しているんですけど、それをこたつに入って見ながら、「あのときはこうだったよね」とか振り返って。「U-KISS」と「KISSme」の大切な思い出がたくさん詰まっているDVDですね。

―ケビンさんはタワーレコードのイベントで、フンさんとキソプさんはツアーの東京公演で感極まって泣いているシーンも収録されていましたね。
フン:あ~、恥ずかしいね~。
ケビン:またもう1回見て、恥ずかしかったです。しかも、こたつでみかんを食べながら(笑)。
スヒョン:やっぱり泣く姿を見られるのは、恥ずかしいですよね。だから、僕は泣くのを頑張って我慢しているんです。
フン:スヒョンさんは、本当は泣き虫なんですよ。メンバーの中では今までで一番、泣いたと思います。
スヒョン:でも最近はなかったでしょ? 
ケビン:最近はね。
フン:そろそろ30代だから、泣いちゃダメです。
ケビン:もう涙が全部出ちゃったから、流す涙はもうないです(笑)。
スヒョン:あるある。いっぱいありますよ! 

―今年も日本でたくさん活動されると思いますが、今後の活動に向けて、ファンにメッセージをお願いします。
フン:今回のアルバム「One Shot One Kill」は、「U-KISS」が「KISSme」に新たなイメージを見せるアルバムになったと思います。これからがもっと重要だと思うから、「KISSme」をもっと大切にして、もっと頑張っていきます。「KISSme」、大好きです。
スヒョン:そうですね、「U-KISS」は大変なこともあったし、つらいこともあったんですけど、何があっても、「U-KISS」だけを信じてついてきてくれたので、今まで活動ができたし、これからの活動も、「U-KISS」は頑張らなきゃいけないと思っています。曲やステージで、もっと新しい姿をファンの皆さんに見せていくことをメンバーも楽しみにしているし、本気で感謝しているということを皆さんにたくさん伝えたいです。いつもありがとうございます! 


 この日は取材日ということで、ひっきりなしに取材を受けていた「U-KISS」だが、相変わらず明るく元気な様子で、メンバーたちの笑い声が何度も響きわたった。特にケビンは、インタビュー中もそうだったが、メイクルームでもご機嫌に歌っていたり、撮影していたジュンにこちらのスタッフが「先月よりもまたちょっと身長が伸びたんじゃないですか? 」と話し掛けていると、後ろから「靴が高いんですよ」とニッコリ笑い、終始“ほほ笑み天使”ぶりを発揮。

 楽しい雰囲気の中にも、謙虚な姿勢や感謝の気持ちを忘れず、さらにもう一段階上への飛躍を目指す彼らに、今後も注目したい! 

2016年3月31日21時32分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】ジヒョク&ゴニル(Funky Galaxy)、「G...

【イベントレポ】ジヒョク&ゴニル(Funky Galaxy)、「G...
 新進気鋭のアイドルグループがパフォーマンスを競うバトル型K-POP番組『Power of K Lab7』。半年にわたる全6回のバトルステージを終え、2020年3月2日、集大成となるイベント...

【個別インタビュー】スヒョン(U-KISS)、新曲「Start A...

【個別インタビュー】スヒョン(U-KISS)、新曲「Start A...
 昨年9月に兵役を終えた「U-KISS」のリーダー、スヒョンが日本での活動を本格始動! 自身の誕生日である3月11日(水)、ニューシングル「Start Again」をリリースする。2月には大...

【公演レポ】韓国バンド「HYUKOH」、アートな世界観で日本の観客...

【公演レポ】韓国バンド「HYUKOH」、アートな世界観で日本の観客...
 韓国発ロックバンドの「HYUKOH」(ヒョゴ)が、世界42都市のワールドツアーに先駆け、2/18~24にかけて福岡・大阪・名古屋・大阪の4都市5公演の日本ツアーを駆け抜けた。今ツアーでは、...

【個別インタビュー】韓国映画「PMC:ザ・バンカー」キム・ビョンウ...

【個別インタビュー】韓国映画「PMC:ザ・バンカー」キム・ビョンウ...
 「テロ、ライブ」の監督キム・ビョンウ×主演ハ・ジョンウが再びタッグを組んだミリタリー・サバイバル・アクション「PMC:ザ・バンカー」。舞台となるのは、韓国と北朝鮮の軍事境界線の地下30メー...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.