【イベントレポ】イム・ジュファン、手作りチヂミのふるまいから熱いハグまで…約半年ぶりの来日ファンミで愛を惜しみなく披露

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】イム・ジュファン、手作りチヂミのふるまいから熱いハグまで…約半年ぶりの来日ファンミで愛を惜しみなく披露
【イベントレポ】イム・ジュファン、手作りチヂミのふるまいから熱いハグまで…約半年ぶりの来日ファンミで愛を惜しみなく披露

俳優イム・ジュファン

ドラマ「輝くか、狂うか」、「ああ、私の幽霊さま(原題)」などでその高い演技力と男性的な魅力で人気を集めているイム・ジュファンが、11月29日(日)、東京・山野ホールにてファンミーティング「Lim Juhwan 2015 Fanmeeting vol.2」を開催した。ことし5月に日本でファンミーティングとディナーショーを開催したイム・ジュファンの約半年ぶりのイベントとなった。

 ファンが楽しめるような内容にということにこだわったイム・ジュファンは、ファンミーティング開始前からファンを楽しませてくれた。会場の入り口を入るとすぐに小さな屋台が目に飛び込み、「チヂミ屋ジュファン’s」と書かれたその屋台には、なんとエプロンをつけたイム・ジュファンの姿が! 独自のレシピのもと手作りで用意したチヂミを来場したファンに直接振る舞った。

 思いがけないサプライズ演出に、ファンは「こんなことまでしてくれるなんて」、「感激しました」など喜びの声が聞かれた。「おいしかったですか? 」というイム・ジュファンの問いかけに、ファンから大きな拍手が送られると、「では今日はこれで店じまいとします! 」とユーモアたっぷりに応え、一度会場を後にした。

 ファンミーティング開始時間になると、メインステージからネイビーのスーツ姿でイム・ジュファンが登場、「皆さんお久しぶりです。僕はイム・ジュファンです」と日本語であいさつした。前日に来日したというイム・ジュファンは、日本で「寿司やおでん、天ぷら、から揚げを食べました。すき焼きや納豆、梅干しも好きです」と笑顔で話した。来月からは映画、ドラマの撮影に入るといい、映画ではテレビ局のプロデューサー役、ドラマではお金持ちの息子だが、ヒロインの女性のあしながおじさんのように、面倒を見て大事にする役柄だと説明し、次回作への期待を高めた。

 またこれまで出演したドラマを映像で振り返り、撮影当時のエピソードも語った。ドラマ「ああ、私の幽霊さま(原題)」でイム・ジュファンは、善良で正直だが、その裏に残酷な姿を持った警察官チェ・ソンジェを演じた。ドラマの中で故意に車に傷をつけるシーンがあるが、「あれはドラマのプロデューサーの車に本当に傷をつけたんです。赤い車だったのですが、傷がついたのでその後色を黒に変えたんです。色を変えたいなと思っていたのでちょうど良かったと言っていました」と話し、笑いを誘った。

 ファンからの質問コーナーでは、客席までイム・ジュファンが下りていき、ファンの目の前で質問を受け、答えた。10代の学生と思われるファンの「私は背が低いのですが、ジュファンさんはどんな女性がタイプですか? 」という質問に対しては、「今まで付き合った女性に共通点はなかったし、特に決まったタイプはないです」と話しながら、自身とかなり身長差のあるファンと目線を合わせるためにしゃがんだり、優しい表情で頭をなでたりとファンへの愛を惜しまなかった。また9月に俳優チョ・インソン、「EXO」のD.O、イ・グァンスとのプライベートの東京旅行がキャッチされたことについて、ファンからどこに行ったのかと質問されると、「麻布十番や六本木、表参道、明治神宮に行きました。マンガ『地雷震』の作家(高橋ツトム)にも会いました」と話し、「少し時間ができれば日本にプライベートで旅行に来ています」と続けて日本好きをアピールした。

 質問タイムが終わると白いシャツにセーターというカジュアルなファッションに着替えて今度は会場中央のステージに登場、出演ドラマ「おバカちゃん注意報」の主題歌「私の人生とは」を熱唱した。

 後半もファンが楽しめるコーナーが満載。「私のすべてはジュファンのもの! ドキドキ借り物競争」のコーナーは、イム・ジュファンが3つのお題に合うファンを会場から見つけて連れてくるというもので、1つでもクリアできなければ罰ゲームというもの。3つのお題は財布に10万円以上入っている人、彼氏もしくは旦那さんがイケメンの人、イム・ジュファンと同い年の人というものだった。イケメン探しでは、手を挙げたファンのもとに行きスマートフォンの写真をチェックしたが、なかなかジュファン基準にかなうイケメンが見つからず、「う~ん…」と渋い顔をしたり、「ごめんなさい! 」と何度も断り会場を笑いに包んだ。やっと「かこいい! 」と選んだものの、彼氏や旦那ではなく、恋人未満の人がイケメンだという人を連れてきてしまい、罰ゲームとしてファンの引っ張るゴムによりゴムパッチンを受ける場面では会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 また、これまでの出演ドラマのシーンを選ばれたファンと再現するコーナーでは、ドラマ「輝くか、狂うか」での女優オ・ヨンソとのシーンなどをファンと演じた。イム・ジュファンの首にクリームを塗ってあげた後、熱いハグをされる場面では会場から「キャー」と黄色い声が起こり、選ばれたファンだけでなく会場中のファンを胸キュンさせた。

 さらに「タムナ~Love the Island~」で女優ソウと争ううちに押し倒してしまうシーンを男性ファンと再現する時にはイム・ジュファンが笑ってしまいNGを出したり、今日が誕生日だというファンと再現した「ああ、私の幽霊さま(原題)」のシーンでは、首を絞めるシリアスなシーンのはずが、突然ファンをギュッとハグし、会場を沸かすなど盛り上がりを見せた。シーンの再現を終えるとそろそろお別れの時間に。

 「今日この時間が皆さんにとっても楽しい時間であればよかったと思います。日本に来る度に温かく迎えてくれてありがとうございます。幸せな気持ちで韓国に帰れます」と話すと大きな拍手が送られた。さらに「3月までは映画やドラマの撮影で忙しいですが、また春にファンミーティングをやりたいと思います」とすでに次の計画もあることを話しファンを喜ばせた。最後に「二人」を会場のあちこちをまわりファンとアイコンタクトをとり、握手をしながら歌ってファンミーティングは終了した。

 同公演はどこの座席からでも俳優イム・ジュファンの魅力を近くで感じることのできる内容になっており、ファンに対する配慮や深い愛が感じられたファンミーティングとなった。今後撮影に入る次回作、そしてまた来年の来日イベントにも期待がかかる。

イム・ジュファン ジャパンオフィシャルファンクラブ
http://www.juhwan.jp/
2015年12月7日23時8分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】シン・ヘソン(SHINHWA)、変わらぬ美声でファ... 【イベントレポ】シン・ヘソン(SHINHWA)、変わらぬ美声でファ...
 韓国グループ「SHINHWA(神話)」のシン・ヘソンが、約2年ぶりに韓国でリリースしたソロアルバム「Setlist」を引っ提げて、「SHIN HYE SUNG LIVE & TALK 20...
【会見レポ】映画「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督×ソン... 【会見レポ】映画「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督×ソン...
 第72回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。12月27日からの先行公開(東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・TOHOシネマズ梅田の2館限...
【イベントレポ】「AB6IX」、雰囲気からも伝わる仲の良さ! 愛嬌... 【イベントレポ】「AB6IX」、雰囲気からも伝わる仲の良さ! 愛嬌...
 作詞作曲、振付創作、プロデュースなどを自らこなす多芸多才な実力派アイドル「AB6IX」が、12月18日(水)神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて、「BRANDNEWBOYS―完全体リアリ...
【イベントレポ】KEVIN、初のクリスマスイベントで澄んだ甘い歌声... 【イベントレポ】KEVIN、初のクリスマスイベントで澄んだ甘い歌声...
 ことしはシングル「FREEDOM」、ミニアルバム「Treasure」をリリースし、全国ツアーを開催するなどソロアーティストとして2019年を駆け抜けてきたKEVIN(ケビン(U-KISS)...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.