【会見レポ】ジュノ(2PM)、「僕は大人になったと思ったことがない! まだ子供です(笑)」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【会見レポ】ジュノ(2PM)、「僕は大人になったと思ったことがない! まだ子供です(笑)」
【会見レポ】ジュノ(2PM)、「僕は大人になったと思ったことがない! まだ子供です(笑)」

ジュノ(2PM)

無限の可能性を秘めながら、人生で最も多くの困難に立ち向かう“20歳”の男子たちの青春を描いた映画「二十歳」。

 3月に韓国で公開され観客動員数300万人を突破し韓国で多くの人から共感を得た本作が異例の早さで11月28日(土)に日本公開が決定した。

 ジュノ(2PM)、キム・ウビン、カン・ハヌルという今もっとも注目される若手俳優3人が共演し、話題を呼んでいるこの作品の公開を記念し、来日記者会見が9月23日(水)東京・国際フォーラムにて行われ、日本でも野獣アイドルとして圧倒的な人気を誇り、活躍中の「2PM」メンバーのジュノが“俳優イ・ジュノ”として登壇した。

 ジュノ(2PM)が得意のジュノスマイルを見せながら会見場に登場。報道陣から拍手で迎えられると「『2PM』のジュノです」と真摯にあいさつし、記者会見がスタート。


―本日(9/23)、2回のプレミアム上映会と舞台挨拶に俳優として国際フォーラムのステージに立った感想を聞かせてください。
これまで「2PM」のジュノとしてソロで2年前「キミの声」のツアーファイナル公演で東京国際フォーラムのステージに立たせて頂きましたし、去年「2PM」の「FEEL」のツアーもこちらの会場で行いましたが、今回俳優として一人でステージに立ち、ドキドキして緊張しましたがワクワクとも感じて楽しかったです。

―漫画家志望のドンウを演じるにあたってどのような役作りをしましたか? 
ドンウという役柄は夢がありますが現実にぶつかりその夢を諦めなければいけない役柄なのです。誰にでも夢もありますし、現実との間で葛藤して悩むということは誰にでも起こりえることだと思います。そのような意味で悩みというのを僕もよく理解できましたし、周囲の色んな人の話しも聞きました。役作りをするにあたりニュースを見たり周囲の人たちの中で大学に進学するために実際に学費を稼ぐためにアルバイトをしている人たちもいましたし、大学に実際に行くためには韓国では登録金という大きなお金が必要で、そういった社会的な話に耳を傾けながら、自分の練習生の時の感情を思い出しながら役作りをしていきました。

―映画「二十歳」の魅力はどんな所ですか? 
まずは「二十歳」というタイトルにもありますが20歳の3人の友情の物語でもあります。社会に出たばかりのまさに初々しい20歳の青春ドラマです。学校という守られた場所から出ることによって社会に出て色々な事にチャレンジしながら色々な現実に突き当たるところがとても魅力的だと思いました。

―共演のキム・ウビンさん、カン・ハヌルさんとは同い年ということでとても楽しく撮影されたと聞きましたが今だから話せる当時の撮影秘話があれば教えてください。
僕たち3人は本当に同い年だったのでぎこちなさが全くありませんでした。何かエピソード1つを選ぶのはとても難しいですが、映画の中では最後のハイライトシーンでもある中華料理屋店でのシーンですが、このシーンは3人の息がとてもよく合っていますし、お互いの動きもシナジー効果が出たシーンだと思います。とてもおもしろく撮られていて実際の撮影の時も楽しかったです。3人が社会にこれからいざ出ようという時に最後の大暴れをする場面でそれがとてもウィットを持って描かれています。観ている人も愉快でもあり、同時にその3人の必死にもがいている姿が切なくも感じられるそんなシーンになっています。とてもおもしろく魅力的なシーンになっていると思いますので注目してください。

―ジュノさんにとって親友の存在とはどういう存在ですか? 
自分を守ってくれるような囲いのような存在ではないかと思います。もっとも信じることができて頼る事ができるような存在です。僕にとって「2PM」のメンバーがまさに家族のようでもあり、一番親しい親友のような存在なんですが、彼らの中にいる自分が最も本来の自分、ありのままの姿だと感じます。親友というのは自分を正直に出せる、ありのままの姿でいられる存在だと思います。

―「二十歳」というタイトルは20歳という日本人にとっても特別な歳でこのあたりから大人になる歳で韓国でも成人の日がありますが、そんな中でジュノさん自身が二十歳、自分が大人になったという時「2PM」として活動していたと思いますが、自分が心に決めた目標だったり、特別なセレモニーなどありましたか? 
実は僕、大人になったと思ったことが一度もありません(笑)。まだ子供だと思っています。学ぶべきことが多くありますし、やるべきこともたくさんあります。まだまだやり遂げたい夢というものもたくさんあるのでそういうものをひとつずつ叶えることによって成長していけると思いますし、叶えることによって僕も大人になれると思います。

―ドンウ、チホ、ギョンジェの3人の中で自分に一番似ているキャラクターは誰ですか? 
うーん。誰か1人を選ぶのは難しいです。僕が思うにはこの3人のキャラクターがそれぞれ僕の中に全部あると思います。うーん(考えながら)ドンウのように夢と現実の間で葛藤した時期もありましたし、またギョンジェのように経験不足で色んなことに不慣れで未熟だった時期もありました。またチホのように世の中に対して自由を夢見て、夢を捜し求めていた姿も僕の中にありましたので、3人の中で誰か一人と似ているというのは難しいと思います。

―劇中、年下のソヒから積極的なアプローチを受けていましたが、ジュノさん自身は年下女性からのアプローチをどう思いますか? 
うーん。何と答えていいかとてもむずかしいです。うーん…どんな状況であれOKです。

―もしもアプローチを受けるならどんなアプローチを受けたいですか? 
うーん(笑)。あー本当に難しいです。そうですね…僕が映画を撮ったからというわけではないですが、実際、突然あんな風に後ろからバックハグをされたら驚くけど、うれしいと思います(笑)

―女性からどういうことをされるとドキッとしますか? 
あ~(照れながら)。ん~(数秒悩みながら)状況によって違うと思います。ハハハ(笑)。ただ目が合うことにドキドキすると思います。何かずっとじーっと見つめるそういう状況ではなくて、なんとなく目が合っているような、合っていないような出もすれ違いざまにどこかで目が合ってしまうようなそんな視線にドキッとします。話しかけたくなるような。

―最後にファンに向けてのメッセージをお願いします。
「二十歳」がついに日本で公開されることになりました。3人の友達同士の色々なドタバタがある中での成長ストーリーが描かれている映画で、夢を追い求め愛について真剣に悩む二十歳の初々しい時期が描かれています。そんな二十歳の姿がとてもウィットがあってきわどいセリフもでてきますが軽く笑って、楽しく見ていただけるような映画になっていますのでみなさんたくさん愛してください。


 初めて俳優イ・ジュノとして記者会見に挑んだジュノ(2PM)は緊張していると語っていたが、はにかむ笑顔で女性記者たちを一瞬で虜にした。

 俳優としてインタビューに答える姿はしっかりとしており、映画について積極的にアピールし、プライベートな質問には照れながらも真摯に答えようとするその姿が印象的であった。フォトセッションが終わると記者達を横目に胸元でハートを作り照れた笑顔をみせながら退場。一瞬ではあったが、彼からのハートのサービスに居合わせた記者たちから感嘆の声が上がった。


 映画「二十歳」は「サニー永遠の仲間たち」「タチャ-神の手-」の脚色を手がけたイ・ビョンホンの初監督作品。韓国では公開されるやいなや「友へ チング」「建築学概論」を超え、同時期に公開された韓国映画史上最短期間で観客100万人を突破し、公開後わずか29日目にして300万人突破の快挙を成し遂げた。それぞれに悩みを抱えながらも明るく楽しく過ごす青春時代をユーモアたっぷりに描かれており笑わずにはいられない、そんな作品となっている。

『二十歳』公式サイト
http://www.kandera.jp/sp/hatachi
2015年9月24日19時17分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「防弾少年団」、「TWICE」、「SEVENTEE... 【イベントレポ】「防弾少年団」、「TWICE」、「SEVENTEE...
 ことしで11回目の開催となるアジア最大級の音楽授賞式「2019 Mnet Asian Music Awards(2019 MAMA)」が、12月4日(水)に愛知・ナゴヤドームで行われた。授...
【イベントレポ】「防弾少年団」、最強のビジュアルで「2019 MA... 【イベントレポ】「防弾少年団」、最強のビジュアルで「2019 MA...
 初のドーム開催となる「2019 Mnet Asian Music Awards (MAMA)」が、12月4日(水)愛知県のナゴヤドームで開催された。  「2019 Mnet Asia...
【イベントレポ】ユナク(SUPERNOVA)プロデュースのグローバ... 【イベントレポ】ユナク(SUPERNOVA)プロデュースのグローバ...
 「SUPERNOVA」リーダーのユナクとY-crewがプロデューサーとして指揮をとる、日本発! NEWプロジェクト グローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」...
【会見レポ】ユナク(SUPERNOVA)がプロデュースのグローバル... 【会見レポ】ユナク(SUPERNOVA)がプロデュースのグローバル...
 「SUPERNOVA」リーダーのユナクとY-crewがプロデューサーとして指揮をとる、日本発! NEWプロジェクトグローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー「G-EGG(ジーエッグ)」が...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.