【個別インタビュー】「BEE SHUFFLE」、新曲にちなみメンバーが「SMILE」になった出来事とは?!

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー】「BEE SHUFFLE」、新曲にちなみメンバーが「SMILE」になった出来事とは?!
【個別インタビュー】「BEE SHUFFLE」、新曲にちなみメンバーが「SMILE」になった出来事とは?!

「BEE SHUFFLE」左からシュウタ、ジュノ、ジュン、ギュミン、ミンス

原宿発がけっぷちボーイズグループ「BEE SHUFFLE」(ビーシャッフル)が9月2日に約1年ぶりとなる3rdシングル「LOVE YOUR SMILE」をリリース。

 ただ今、「原宿出禁中」、聖地・原宿に戻るために、最新ミッションに挑戦中のシュウタ、ギュミンシュウタ、ジュノ、ジュン、ギュミン、ミンスの5人にインタビューを敢行。多忙な中、新曲の注目ポイントやお気に入りの歌詞などたっぷりと語ってくれた。

 「こんにちは、『BEE SHUFFLE』です」と全員揃った元気で爽やかなあいさつからスタート。


―まずは9月2日、3rdシングル「LOVE YOUR SMILE」発売おめでとうございます。
全員:ありがとうございます! 

―1年ぶりとなるシングルの発売ですが、今のお気持ちはいかがですか? 
ミンス:今回初めて新しいコンセプトで、僕たちの新しい挑戦なので、ファンの方の反応が楽しみです。
ギュミン:初めてこのような曲を歌うことができて本当によかったと思いますし、これからも色々な曲に挑戦してみたいです。
ジュノ:大人っぽくなった新しい感じの曲で僕、気持ちよく歌っています(笑)。
ジュン:3rdシングルで1年ぶりにやっとリリースできたという気持ちです。
新曲にはカッコイイ曲や戦隊もののような楽曲、そして韓国語の曲も入っているので、他にはないシングルになっています。みなさんに聴いていただけたらすごくうれしいです。
シュウタ:新しい今までになかったEDM(Electronic Dance Music)というジャンルに挑戦したということで、これからに繋がる大きな一歩を踏み出せたシングルになっているのではないかと思います。

―3rdシングル「LOVE YOUR SMILE」のご紹介をお願いします。
ジュン:今流行のEDM調に乗った僕たち「BEE SHUFFLE」が新たにチャレンジした、カッコイイ、大人な「BEE SHUFFLE」が感じられる曲です。歌詞はみんなを笑顔にさせるそういう内容になっています。たくさんの方に聴いていただけたらと思います。
シュウタ:幅広い層のファンの方に受け入れやすい曲なので、楽しんでいただければと思います。
ジュノ:2ndシングルの「Kissing You」と同じ感じで2対3、ボーカルとパフォーマンスと分かれてやりました。ひとりずつの個性が前面に出た曲だと思います。以前はかわいくて、ノリノリといった感じでしたが、今回は大人っぽい元気さを伝える曲になっています。9月2日、楽しみにしてください。


―「LOVE YOUR SMILE」のMVですがどんなコンセプトになっていますか? 
ジュン:山田雅史監督(ジュンが出演した映画『コープスパーティー』の監督)がこの曲を聴いた瞬間に“光”のイメージが浮かんだそうです。そのイメージを演出して昼と夜に分けて撮影しました。昼間の僕たちの顔と夜の顔を絶妙に撮っていただけて、MVを見たときには「さすが。監督! 」と感激しました。ごめんなさい。上から目線で(笑)

―MVの撮影中のエピソードがあればお願いします。
ジュノ:すごく暑かったです。昼はすごく暑くて、夜はすごく(撮影)が長くてちょっと大変でした。
ミンス:長かったですね。
ジュノ:夜の撮影が11時に撮影終了予定でしたが、最後に斜めのポジションを作る時、2時間ぐらい(撮影が)押して、苦労しました。ですが…できあがったMVを見たら、その部分は少ししか使われてなくて残念でした(苦笑)でもたくさん勉強になりました。

―ファンの方の反応はいかがですか? ツイッターとか感想はありましたか? 
ジュノ:たくさんありました。“光”がすごい! とか。みんな、カッコイイとか…。(少し照れるジュノ)今回は「これまでの『BEE SHUFFLE』とは違うね」という声がたくさんでした。
ミンス:「かっこよくなったね」という声をたくさん、もらいます。
ジュノ、ミンス:そういわれると正直うれしいです! 

―今までもカッコよかったですけど。
ミンス:もっとカッコよくなりました(笑)。
ジュン:今までのイメージとはちょっと違った感じですね。
ミンス:今までは元気なアイドルでした。元気が一番大事だから(笑)

―ジュンさん、今回のジャケットではセンターですが、いかがですか? 
ジュン:初なので、いいのかなと今でも思っています(笑)ありがたいですね。

―映画『コープスパーティー』にも一人出演でしたね。
ジュン:いい経験をさせて頂きました。僕も初めての事ばかりですが今後も勉強させてもらいながら今はセンターでの役割を勉強させてもらっています。俳優としてもどんどん追求しながら演じられるように次につなげていきたいですね。

―(映画『原宿デニール』)ニ度目の出演になりますが、今回の映画はいかがですか? 
ジュン:すごく、勉強になりました。周りの方にたくさん応援されて、これから僕だけではなく「BEE SHUFFLE」というグループ名も広まって行けばいいと思っています。

―「LOVE YOUR SMILE」の注目ポイントをお願いします。
ミンス:僕たちの「LOVE YOUR SMILE」は本当に歌詞がいいので、僕は歌詞が一番大好きです。ダンスと歌とパフォーマンスがそれぞれ違いますが、一番好きな歌詞はサビの歌詞です。
ギュミン:僕も歌詞が好きです。(ジュノと)ボーカルふたりで歌っていますが、一人ひとりの違う色で歌っていますので、歌詞と歌に注目して欲しいです。
ジュノ:歌詞がすごくいいのでそこも注目して欲しいですが、個人的にはボーカルなので、正直、たくさん歌えてうれしかったです。歌詞では「僕らが笑えばキミも笑えるさ」という歌詞がメロディーも一番好きな所です。歌詞が共感できて、心に伝わるところです。
その部分はみなさんと共感できるかなと思います。
ジュン:この曲は曲調から今までの曲から違うのでそこに注目して欲しいですね。そして、その曲をどう歌っているか、どう大人になって、カッコよくなっているかを注目して欲しいですね。ぜひ、ライブに来ていただいて、体感して欲しいと思います。9月1日からタワーレコード渋谷店さんで6日間連続インストアライブをしますので、今までにない「BEE SHUFFLE」を見ていただけると思います。
シュウタ:間奏でみんなが踊るダンスのパートがあるので、そこが注目ポイントです。
そういったところも今までなかったので。「LOVE YOUR SMILE」は音も強めで、爽やかにできているのでそこも魅力です。

―ダンサブルな曲ですが、お気に入りのダンスはありますか? 
ミンス:サビの部分ですね。
ジュノ:やはりみんなでこの指を。「キミのその眩しい笑顔」(人差し指を大きく上げる振付と共にアカペラで歌うジュノ)のこの指に「みんな行くぞー! 」という感じで、「未来に向かって走って行こうぜ! 」という意味だと僕は思っています。
ギュミン:サビに入る前の「一緒に行こうよ 夢のカケラを」の部分です。夢を持って走って行く感じが一番好きです。
ジュン:ギュミンが言ったところですね。他のところはしっかり踊っているんですがそこはポップな感じになっているので、そのギャップ感がかわいいなと思います。そこも注目ポイントですね。
シュウタ:さっき、いいましたが、間奏のダンスがそこはダンスが強めなのでそこですね。

―「Plasma Spark」はどんな曲ですか? 
ジュン:戦隊ものをイメージした曲です。ちょっと懐かしい感じの曲で、そこにダサカッコイイ「BEE SHUFFLE」がヒーローっぽい振付で、歌い方もコブシが入ったように歌ったので、この曲でも初めての挑戦といった感じになっています。僕はすごく気に入っています! 楽しめる楽曲になっています。


―どんなイメージから「Plasma Spark」の振付が決まったのですか? 
ジュン:「Plasma Spark」の「Spark」、電気からきています。ダンスの振付にこのポーズ(人差し指と小指を立てる)があるんですがこれは“コンセント”という意味があって。ちなみにこの振りを考えたのはシュウタです。
シュウタ:この「Plasma Spark」を聴いた時に戦隊ものの技をイメージして、「Spark」とついているので電気系の技かなと思い、分かりやすく、コンセントにしました。

―この曲の中でお気に入りの歌詞はありますか? 
ジュン:この曲の「正直者バカを見る世界なんて許せない」という歌詞は「確かにそうだな」って思います(笑)
ミンス:(アカペラで歌う)
ジュン:ここから、この先次はどんな歌詞になるんだろうと気になっちゃう歌詞ですね。そういった期待させるところがいいです。
シュウタ:「Plasma Spark」の自分が歌っているパートです(笑)

―「マジ★いいじゃん」の韓国語ver.も収録されますね。日本語ver.との違いはありますか? 
ミンス:地名は韓国語に変えてそのまま入っていますが、よりいい意味で翻訳して歌詞に入れたか所もありますので、そういうところをファンの方たちに歌詞を見ながらチェックしてくれたらおもしろいと思います。
僕たちで考えた歌詞もたくさん、入っています。

―「LOVE YOUR SMILE」に“SMILE(笑顔)”という言葉が含まれていますが、最近思わず“SMILE”になった出来事は? 
ミンス:仙台に行った時、初めて会った人が僕たちを見て「テレビで見ました」と言ってくれたので、めっちゃ、うれしかったです。めっちゃ、“SMILE”になりました。
(とびっきりの“SMILE”を見せてくれたミンス)
ギュミン:僕も5人で道を歩いていた時「あっ! 「BEE SHUFFLE」! BEE SHUFFLE! 」って言ってくれたので、(うれしそうに)“SMILE”になりました。
シュウタ:さっき、ラーメン食べていた時でしたね。美味しくて“SMILE”でした。
ジュノ:全国回った時にサービスエリアで食べた牛骨ラーメンも美味しかったです。
ジュン:僕はご飯を食べている時です(笑)昨日は夜11時ごろからご飯を食べたんですが。その時間帯に食べるご飯はしあわせでした。

―現在も、ホームタウンである原宿に出禁中の皆さんにとって、今回のシングルが“聖都奪還”に臨むための重要な作品と伺っていますがいかがですか? 
シュウタ:そうですね。今回の曲は幅広い層の皆さんに受け入れられる曲になっているので、若い人たちがリードして宣伝をしてくれたらと期待しています。
ジュン:そうですね。昔から応援してくれるファンの方たちは“かわいい”というところからですが、今回は“カッコイイ”ところから攻めているので、新しく会う方たちには “流行(はやり)”を追求した僕たちのカッコイイ姿を見てもらいながら原宿に帰ってくるためにチラシ配りやあいさつもしっかりしていきたいですね。

―7、8月は全国に足を運びイベントをされましたが全国のファンの方と会っていかがでしたか? それぞれのファンの方に違いはありますか? 
ミンス、違いますね。
ジュノ:地方によって違いますね。関西地方に行ったら、結構みなさん、ノリノリでいい感じで応援してくれますね。でも仙台とか秋田、北海道とかの方たちはシャイなので…。
ジュン:みなさん、恥ずかしがりな感じですね。ですから、それでちょっとはしゃいでもらおうと僕、攻めちゃいますね(笑)
ジュノ:僕たちのファンの方も昔は恥ずかしがりな感じで手も上がらない感じでしたが、最近は(ライブで)手を上げて「ワァー! 」とノッてくれるので、そうなってくれればうれしいですね。

―12都市18か所を回られて、特に印象に残ったことはありますか? 
ミンス:北海道に行く時にフェリーに乗りましたが、日本では乗るのは初めてだったので、海を見ながらとても楽しかったです。
ジュン:でも、そのフェリーに一日中乗っていたら、時差ボケが起きて。
全員:そうそう。
ジュン:ずっと船内だったので、北海道に着いたころには夜だと思っていたら朝でした(笑)昼ごろからライブがあったんですが気持ちはすっかり夜でした(笑)
ジュン:イベント会場で偶然、「水曜どうでしょう」名物ディレクターで僕たちの番組「マジ★しゃっふる!? 」を企画、演出した藤村監督に会いました。「みんな、何しているんだ? 」と声をかけられたので、僕たちのライブを見に来てくれるのかと思いましたが、完全なプライベートで残念ながら時間が無くて、来られませんでした。「マジ★いいじゃん」の韓国語ver.の話もしたので本当に残念でした。
ジュノ:こうして、全国をみんなで回って、メンバー5人がより近くなって、仲よくなりました。絆がより深まりました。本当によかったです。


―さまざまなミッションに挑んでいるみなさんですが、個人的にプライベートでクリアしてみたい、克服したいことはありますか? 
ミンス:僕、満員電車が苦手なので、自分の力で頑張って乗ってみたいです。
ギュミン:わからないことがあるとすぐ聞いたりするので…。
シュウタ:ギュミンは親離れというかメンバー離れがミッションですね。
ギュミン:自信をもって、自立するようにしたいと思います。
ジュノ:僕は忘れ物もとかいっぱいあるけど。汗かきなのでこれを克服したいです。
ジュン:歌のスキルとか、すべてに於いて、スキルをアップしたいですね。
シュウタ:最近、朝,起きられないのでそれを克服したいですね。

―みなさん、本当に忙しいと思いますが気分転換にすることや、ストレス解消法などあれば教えてください。
ミンス:僕は音楽を聴いたり、次の日の事を考えたり、作詞したり、母に電話したりするとストレスがなくなりますね。
ギュミン:僕も音楽聴いたり、ひとりでカラオケに行ったり、声を出して、おもいっきり歌います。あとはひとりでゲームですね。映画とか、バラエティーのプロブラムをひとりで観て気分転換します。
ジュノ:僕はたくさん、考えます。溜まったステレスを自分自身で、マインドコントロールして、外に流してストレスを解消します。
ジュン:何も考えないようにするにはネットサーフィンが一番なんです。例えば、ショッピングだったり、今何が流行っているのかとか。その中で一番ハマッているのが漫画を見ることです。それが一番のストレス解消法ですね。しあわせです。
シュウタ:僕は単純に仕事を忘れて遊びに行きます。買い物したり、友だちとカラオケにいったりとか。

―最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。
ミンス:9月2日(3rdシングル発売日)が来ますので、みなさんぜひ、楽しみにしてください。ファンのみなさんに早く会いたいです。
ギュミン:僕たちの新曲をたくさん、聴いてください。これからも「BEE SHUFFLE」は色々な曲に挑戦していくので、ずっとそばにいてください。応援よろしくお願いします。
ジュノ:いつも(応援)ありがとうございます。期待してください。会えない時間でも寂しくならないでください。いつも隣にいますから。
ジュン:3rdシングル「LOVE YOUR SMILE」が9月2日にリリースします。9月1日から6日まで、タワーレコード渋谷店さんでリリースイベントを行います。みなさんと楽しめる時間もありますので、足を運んでください。
シュウタ:皆さまに応援されている僕たちは世界一しあわせです! 


 「こんにちは、『BEE SHUFFLE』です」と全員揃った元気で爽やかなあいさつからスタートしたインタビューはやはり全員揃ったあいさつで締めくくられた。

 デビュー2年目に突入し、難ミッションに挑戦しながら確実に大きな成長を果たした「BEE SHUFFLE」。新たな一面を引き出した新曲「LOVE YOUR SMILE」で彼らの魅力を直接感じてほしい。日々、出禁解除の為のミッション“Twitter フォロワー数を合計75069達成”を目指し奮闘中の彼らの活躍に期待が高まる。


BEE SHUFFLE OFFICIAL WEBSITE
http://beeshuffle.com/
2015年9月4日22時32分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公演レポ】「SISTAR」出身ヒョリン、“今日1日が忘れられない... 【公演レポ】「SISTAR」出身ヒョリン、“今日1日が忘れられない...
 抜群の歌唱力とダンスで、“韓国版ビヨンセ”とも呼ばれているSISTAR出身のヒョリンが、ソロとしては初となるワールドツアーをことし5月より開催。 ドイツ・ベルリンでの公演を皮切りにヨーロ...
【イベントレポ】イ・ホンギ(FTISLAND)、入隊前最後のソロフ... 【イベントレポ】イ・ホンギ(FTISLAND)、入隊前最後のソロフ...
 韓国を代表するロックバンド「FTISLAND」のボーカルとして、圧倒的な存在感を放ち続けてきたイ・ホンギ。年内に入隊を控え、入隊前最後となるソロファンミーティング「イ・ホンギ(from F...
【イベントレポ】「Double Ace」(ユナク&ソンジェ)、3r... 【イベントレポ】「Double Ace」(ユナク&ソンジェ)、3r...
 9月で日本デビュー10周年を迎えるダンスボーカルグループ「SUPERNOVA」(元超新星)のボーカル、ユナク&ソンジェによるユニット「Double Ace」(ダブルエース)が7月15日(月...
【イベントレポ】「SF9」、初の日本ファンミで新曲から幼少時代のレ... 【イベントレポ】「SF9」、初の日本ファンミで新曲から幼少時代のレ...
 韓国で新曲「RPM」を引っさげ、精力的に活動を展開中の「SF9」が7月9日(火)、東京・中野サンプラザで日本では初となるファンミーティング「SF9 Japan 1st Fanmeeting...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.