<インタビュー>「INFINITE F」“しつこさ”は僕たちが最高です!

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
<インタビュー>「INFINITE F」“しつこさ”は僕たちが最高です!
<インタビュー>「INFINITE F」“しつこさ”は僕たちが最高です!

「INFINITE F」左からエル、ソンヨル、ソンジョン

青春が過ぎてから一番美しい、いざその時期を通過するときは「つらい」を連発しなければならない時期だ。だから単純にすっきりした顔立ちと毎回好奇心にあふれた眼差しだけでは青春を論ずることはできない。

 そこで「INFINITE F」に尋ねた。青春をテーマにした「青」というアルバムで、ガールズグループ顔負けの美しさで活動してきた彼らにとって、そのいたずらっぽい笑顔の奥に隠された真の青春とはどんなものなのか? 

 すると驚くことが起こった。こんなに茶目っ気があふれていて明るかったメンバーが、真剣に本音を語り始めたのだ。いつか次の機会にもっと詳しく聞かなければと思うくらいにたくさん語った。メンバーは放送でもメディアインタビューでも常に正直で、その後の編集は記者とPDに任せるという。こんな姿勢がおそらく人気の秘訣ではないだろうか。とにかく記者として“大きなプレッシャー”を抱えながら、三人のインタビューを一字一字書き起こしたい。


#これまで見られなかった愛嬌あふれる姿が増えた#


―「INFINITE F」は“イケメン3人”ということで結成されたのですか? 
ソンヨル:ただ明るくハツラツとした3人が集まったんです。「INFINITE」メンバーの中で年下組だし、活気があって健康的なイメージなので。

―MVがガールズグループよりもさわやかでしたね。
ソンジョン:「INFINITE F」として活動しながら、エル兄さんの愛嬌ある姿も見られました。ソンヨル兄さんも愛嬌があふれています。これまで見られなかった姿を見ることができました。
エル:今後もこのユニットで活動するとしたら、僕たちなりの明るいカラーでアルバムを出したいです。デビューして5年目になるので、清涼感を出すのは簡単ではないが、その系統は引き継いでいきたいです。

―「キレイ」だと言われるのはどうですか? 
ソンヨル:初めはイヤでした。
ソンジョン:イヤだったけど「この子を見ているだけで笑みがこぼれる」と言われるのはうれしいです。


#「INFINITE」のしつこさは最高#


―ことしはデビュー5年目となりますが…他のグループにも必ず質問することなんですが、メンバー同士の仲はどうですか? 
ソンヨル:ケンカしないわけはないですよ。一緒に生きてきた時間が7年を超えるので。もちろんたくさんケンカをしました。だけどそれが僕たちの絆を一層強くしてくれたのだと思います。憎んで妬み始めたらきりがないけど、「傷ついた」という言葉でその場をきちんと解決していきます。そうすれば後腐れないので。実は今よりも練習生時代の方がケンカをしました。他のグループはその反対だと聞きますけどね。練習生時代は、僕たちだけが仲よしだとは思いませんでした(笑)。最初は恐ろしくてメンバーに近づけませんでした。親しくなるというよりは、弟のようにつきまとっていたのですが、今は友人のように過ごしています。
エル:今はお互いに理解している部分がたくさんあります。振り付け練習の時も、いろいろな仕事をしていく時も、プライベートの時もトラブルがないのは、これまでたくさんケンカをしたからです。今はお互いに嫌な部分も知っているので、気をつけることもできるから、うまくやっていけるのだと思います。
ソンヨル:誰の拳が一番痛いか、よく知っているんです! (笑)

―事務所のサポートはもちろんですが、メンバーで本当によく頑張ってきたと思います。底辺から自分たちで這い上がってきたという評価もありますが、どう思いますか? 
ソンジョン:メンバーも一生懸命だったし、社長も一緒に汗水流して、これが最後だという思いで本当に頑張ってきました。みんなが本当にベストを尽くしてきました。
エル:自分たちで這い上がったというよりは、スタッフ全員が苦労して得た結果だと思うし、みんなで一緒に成し遂げたものだと思います。
ソンヨル:社長が、つらい時にそばにいてくれたスタッフを変えずに一緒にやっていくんだと教えてくださいました。
エル:他のグループはよくわからないけど、僕たちの“しつこさ”は最高だと思います。

―練習生時代を思い出しますか? 
ソンヨル:以前は暖房もなく、部屋でダウンジャケットを着ていましたが、それでも寝かせてもらえるのは誰のおかげだ? と思いながら過ごしていました。今は社屋を見た練習生たちの明るい顔を見ると「苦労を知らないな」と心の中で思っています(笑)。


#じっと休んでいるわけにはいきません。何かしなきゃ! #


―もう20代中盤だが、漠然とつらい時や不安な時があったのでは? 
ソンヨル:「追撃者(The Chaser)」で活動する前に少し休んだ時がありました。はじめの1~2か月は良かったんですが、それがずっと続くと不眠症にもなり、円形脱毛症にもなってストレスでした。何かはわからないですが、思春期のような悩みも多くなり、仕事をこんなにしなくて何で食べていけばいいんだとスランプに陥りました。「僕が好きなことは何か? 何が得意か? 」と果てしなく考えていました。仕事がないから考える時間も多いですしね。

―円形脱毛症はもう治りましたか? 
ソンヨル:今は全部埋まりました(笑)

―悩みをどう解決しましたか? 
ソンヨル:深く考えるとダメみたいです。今考えてみると、そういった時期も必要だったと思います。あの頃は毎日何も考えずに、ご飯も毎日出前を取ったりして、お金もなくなって事務所に連絡したりしていました。時が過ぎて自然に解決されました。忙しいと体は疲れるけど、気持ちは幸せです。
エル:本当に正直過ぎますね(笑)

―今の悩みは何ですか? 全くなさそうにも見えますが、そうでもないでしょう? 
エル:歌手以外にも写真や演技、ギターなど様々なところで挑戦しているじゃないですか。そういったところで「どうしたら上手くできるだろうか」という悩むことはたくさんあります。最初にその分野で上手くやっている方が多いので、プレッシャーにもなりますし。他の分野に挑戦しながらいつも成長する姿を見せなきゃいけないというプレッシャーがあります。みんなそういった悩みがあるでしょうけど、僕は特にひどいようです。一生懸命やったけど、結果が良かったり悪かったりすることってあるじゃないですか。ネットのコメントなどもよく見ます。1000個あれば1つずつ全部読みますよ。

―それはあまり良くないと思いますが…
エル:見ないわけにいかないですよ。コメントによって傷つくこともたくさんありますけど。夏のコンサートの時に映像インタビューをしたことがありました。だけどそのコメントの中の一部分だけ取り上げられて記事になったんですが、それで悪口をたくさん言われました。ネットのコメントが3000個ぐらいありましたが、90%は悪口でした。すごく悔しくて、僕は今何をしているのか、ちゃんとやっているのかって思いました。デビューした時からよく考えることですが、今はさらにひどくなりました。

―ネットなどを見ないように努力するのも必要なようですね。
エル:僕に対する考えが書いてあるのに、見ないわけにいかないでしょう。皆さんが望んでいることがあるわけで、僕が望むことばかりすることはできないですし。詳しく見なければならないでしょう。

―休みの時もまともに休めなさそうですね。
エル:僕は休みの間も何かし続けなければ気がすまない性格なんです。じっとしていられない性格なので…。そうしなければ耐えられません。少し前も調子が悪かったんですが、ゴロゴロするよりも、いっそ何かしたほうがいいと思ったんですよ。
ソンジョン:僕の最近の悩みは、こらえ性の問題です。全てをこらえてしまうんです。前にマッサージをしてもらったのですが、すごく痛いんです。それでも耐えなきゃと思って、じっと耐えていました。そうしたらひどいやけどを負ってしまいました(笑)。痛いこともよく耐えて、何でも耐えてしまうのが悩みです。でも耐えずにどうしたらいいのかわかりません。ストレス解消法を見つけなればならないのですが、それもわかりません。今後の課題ですね。
エル:人に会おうと思った時、学生や社会人だったら急に呼び出すのは悪いじゃないですか。それと勇気を出して連絡したのに、友達が忙しくて来られなかったら、気分が沈みます。冬のせいですかね(笑)

―皆さん、成功志向のようですね。小さな幸せよりも自分を鍛錬することに喜びを感じるのでは? 
ソンヨル:僕は違います。日常で幸せを感じていますよ。お金と仕事に追いかけるよりも幸せを追求します。
エル:ずっと何かをし続ける生活に慣れているので、むしろ小さなことに幸せを感じています。だから小さなことで「僕はすごく幸せだ」と考えながら、仕事をしていくんです。今日、料理を初めてしたこともすごく幸せでした。

―最近、泣いたことはありますか? 
ソンヨル:映画「愛する人よ、その川を渡らないで(My Love, Don't Cross That River)」を見て泣きました。映画の中で、おばあさんの誕生日に家族が集まるシーンでおばさんと一番上のお兄さんがケンカするんですが、その姿を見て泣きました。おばあさんがかわいそうに見えて。僕は映画やドラマを見てよく泣くんです。感性が豊かというよりは、その役に感情移入してしまうんです。
ソンジョン:僕はあまり泣かないんです。思ったより泣きませんね。
エル:僕は気分屋なので、急に憂うつになると一人で悲しい歌を聞きながら泣きます。いつというよりも、よくありますね。

―1週間の休みをもらえるとしたら、一番何をしたいですか? 
ソンジョン:海外旅行をしたいです。一人じゃなくて親しい人と二人でパリに行きたいです。ただブラブラと歩きながら、おいしいものを食べたり。一人で海外旅行をしたことがないんです。仕事で行くことが多いですね。海外に行けば、本当に癒されます。複雑な考えも整理できますし。
エル:僕はずっと仕事をしています。仕事がなければ、何か探してでもすると思います。自己啓発とか。休めと言われてもじっとしていられません。

―ストレスはどのように解消しますか? 
ソンヨル:レジャースポーツを楽しみます。
エル:(ソンヨルを指して)いや、ソンヨルは“賭け”をして解消していますよ。
ソンヨル:勝っても負けても競争が好きなんです。共通のテーマでお互いに勝とうとすることが楽しいです。負けても一緒に悔しがったりするのがいいですね。

―「INFINITE」はとても親近感がありますね。
エル:自分が気楽にしていれば、相手も気楽になると考えます。素直に「こうしたからこうです」と言えば、遠く感じないですよね。お互いにきまり悪くなることも多いから、放送でも先に歩み寄る方です。僕は「INFINITE」の中でおとなしいイメージだから。元々あまりたくさん話さないんですけどね。これまではメンバーが7人いるから、アピールする機会があまりなかったんです。今回のユニットでは、3人で活動するので、話す機会も多くなったので、よく話します。

―最後に、同じ若い人たちに言いたいことは? 
エル:僕がアドバイスをしてさしあげるというよりは、お互いに頑張って、みんながうまくいったらいいと思います。それぞれやりたいことをして、いい結果が出るようにファイト! 
ソンジョン:若いから、怖くても挑戦してみたらいいと思います。若いからこそ挑戦できるじゃないですか。何でも挑戦してみて、傷ついたりしながら大人になっていけばいいと思います。
ソンヨル:夢をかなえられなかった人、夢を追いかける人、みんな肯定的な考えを持って目標さえきちんと見ていれば成し遂げられると思います。いつも肯定的に考えたらいいと思います。いつも「できる」と思っていれば必ずできます。ファイト! 


2015年1月17日9時49分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ...
 占い師のchristy.です。4月27日江原道(カンウォンド)・鉄原(チョルウォン)に所在の部隊で軍服務を終えて2年ぶりに帰ってきたチ・チャンウクさん。 除隊後初作品として、tvN「僕を...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優パ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優パ...
 占い師のchristy.です。今回は 出演ドラマは立て続けにヒットし、才能溢れる演技ドル俳優として大活躍中のパク・ヒョンシクさん。 6月10日に入隊を控え、初の映画出演となった「陪審員た...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う、時代... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う、時代...
 占い師のchristy.です。今回は現在のエンターテインメントの時代を築き上げた先駆者たちを鑑定したいと思います。 アイドル達を発掘し育てた人達の運勢はいかに!  ・JYPエンター...
パク・ヒョンシク、チャン・ドンゴンのハグに感動! 「先輩とのブロマ... パク・ヒョンシク、チャン・ドンゴンのハグに感動! 「先輩とのブロマ...
 数々の映画で“韓流四天王”の1人としても君臨するビッグスター チャン・ドンゴンと、「花郎<ファラン>」などで人気上昇中の韓流新プリンスパク・ヒョンシクが、華麗なる初共演で話題騒然の2019...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.