<インタビュー>「JYJ」ユチョン、天性の俳優・天性の歌手

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
<インタビュー>「JYJ」ユチョン、天性の俳優・天性の歌手
<インタビュー>「JYJ」ユチョン、天性の俳優・天性の歌手

「JYJ」ユチョン

パク・ユチョンには2つの修飾語がある。1つ目は「超人気アイドル『JYJ』のメンバー」、そしてもう1つは「超人気の20代俳優」だ。3年ぶりに発表した2ndアルバム「JUST US」で歌手の活動を再開しながら、映画「海霧」を通じてスクリーンでもファンの前に姿を見せるユチョン(JYJ)は、立派な「歌手兼俳優」だ。

 多くの人がそうであるように、特にユチョンは歌手業と俳優業どちらに対しても真剣だ。どちらもおろそかにしない。歌手として音楽について深く考え、演技について話す時も俳優としての欲望や抱負を語ったりする。

 おそらく彼は、2つの世界が持っている魅力を簡単に諦められないからではないだろうか。俳優として演技でメッセージを伝えるという喜び、そして歌手として音楽で癒しを与えるという喜びが大きいと語った。

 「映画『海霧』で船員服を着るが、またいつこのような服を着られるかと考えたら、楽しかったし、こんなふうにいろいろな姿をお見せできること自体がこの職業の特性であり、また僕の幸福であり、楽しみであると思います。俳優という職業が、メッセージを伝えることのできる媒体になるということは、意義深いことだと思います。幸福であり、責任感も大きいが、楽しいことでもあります。一方、歌手というのは短時間で希望を感じることもあるが、聞く人に多くの癒しを提供できるものだと思います。音楽は、人が日常的に、車での移動中に聞くようなイメージがあります。そうなると細かく断片的な癒しを与えられるのが、音楽だと思います。」

 最初に俳優としてのユチョンに会った。「海霧」の公開を前にした彼は緊張し、ワクワクするという感想を述べながら、難しい作品に挑戦した理由を語った。「俳優としての欲」が大きかったからだ。これからの俳優生活をしっかりしていきたいという彼にとって、映画「海霧」は一段階上に成長できるいいチャンスだった。
<インタビュー>「JYJ」ユチョン、天性の俳優・天性の歌手


 「事務所の方にも僕からやってみたいと話しました。その時、もっと悩んでみようと事務所に言ったんです。多くの方が意外だとおっしゃいましたが、僕はこの作品に出演できるようになったことが、意外だと思いました。演技に対する欲望とか、これからも演技を続けていきたいという気持ちがあったので、どうなるかわからないけど、とにかくやってみようという気持ちの方が強かったんです。」

 彼の俳優としての真摯な姿勢は映画「海霧」のベッドシーンの話をする時に強く感じた。スクリーンデビュー作で、そして数多くの女性ファンを持つ主人公として、顔が大事なはずだが、ベッドシーンではユチョンの顔がなかなか見られない。相手役の女優ハン・イェリを抱きしめて泣くところでベッドシーンにつながるのだが、このシーンでユチョンは、ハン・イェリの背中に顔を埋めて泣いてばかりいる。顔よりも映画全体の方が重要だという彼は、顔が崩れることを恐れない。実際に今作のために5kgほど太ったという彼は、自ら表現しているように「まるまる」した姿で登場する。

 「泣くシーンは3テイク撮ったんですが、OKが出たカットは僕の顔が見えないものだったんです。監督は僕の顔を出したほうがいいのではないかとおっしゃったので、撮りなおしました。しかし顔が見えないほうが、湧き出る感情を理解できるのではないかと思い、最初のOKカットを使ってほしいと思っていたのですが、幸いにも使われました(笑)。顔を見せなくても気にしません。『ビジュアル破壊』も構わないです。今作のために5kgほど太ったんですが…本当にたくさん食べましたよ(笑)。」

 また、歌手としての未来を描くのにも真摯な姿だった。他のメンバーとは違ってまだソロアルバムを出していない彼は、もっと成熟した時に発表したいと語った。音楽を軽く考えず、何かを悟った時にその感情を音楽で伝えたいという。
<インタビュー>「JYJ」ユチョン、天性の俳優・天性の歌手


 「ソロアルバムを出したいという気持ちはあります。しかしまだそこまでではありません。やってみたいという気持ちはあるけど、まだその時期ではないと思います。時間が経って、活動的なものではなく何かをもっと感じられるようになり、悟り、自分に変化があった時に出してみたいと思っています。」

 まだ「パク・ユチョン」という名前で発売されたアルバムはないが、ユチョンは最近メンバーと共に3年ぶりのアルバムを発表した。「JUST US」。久しぶりの制作作業が楽しかったという彼は、特に今回のアルバムは記憶に残るものになりそうだという。いつもしていることなのに、それがこんなにもワクワクしたのだ。

 「制作は本当に楽しかったです。久しぶりだったし、僕はソロアルバムを出していないから、本当に久しぶりにレコーディングをして、話をして、メンバーと一緒に作り上げていくということが楽しかったです。他の2人が忙しくてなかなか会えなかったけど、作業の時はワクワクしたりもしました。これまで何回もしてきたことだけど、ワクワクしたんですよね(笑)。アルバムに対する反応はまだわかりません。ジュンスとメールでアルバムの話もしたのですが、なぜなのかわからないけど、今回のアルバムはお互いへのプレゼントのような気がします。今回のアルバムは特に記憶に残る一枚になると思います。」
2014年8月9日0時13分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! 「...

<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! 「...
 占い師のchristy.です。皆さんいかがお過ごしですか。長い、おうち時間が続き、この機に見たかったドラマを見ている方も多いのではないでしょうか。 私もその一人で、今回鑑定するヒョン...

<インタビュー>スングォン役の俳優リュ・ギョンスが語る「梨泰院クラ...

<インタビュー>スングォン役の俳優リュ・ギョンスが語る「梨泰院クラ...
 ※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  日本でも話題になっている韓国JTBCドラマ「梨泰院クラス」は、多くの視聴者に信念を守る生き方について深く心に響かせた。絶対に自...

<インタビュー>ドラマ「愛の不時着」で復帰した俳優キム・ジョンヒョ...

<インタビュー>ドラマ「愛の不時着」で復帰した俳優キム・ジョンヒョ...
 ※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  韓国俳優キム・ジョンヒョンはtvNドラマ「愛の不時着」で、北朝鮮に逃げた事業家ク・スンジュンを熱演し、ソ・ダン(女優ソ...

<インタビュー>ドラマ「愛の不時着」の“北朝鮮軍のF3”、中隊長ヒ...

<インタビュー>ドラマ「愛の不時着」の“北朝鮮軍のF3”、中隊長ヒ...
 ※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  日本でも話題になっている韓国tvNドラマ「愛の不時着」には演技力で武装した“シーン・スチーラー”が勢ぞろいだが、“ケミストリー...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.