<Wコラム>キム・ヨナとオバマ大統領、サムスンの「ステルス・マーケティング」疑惑

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<Wコラム>キム・ヨナとオバマ大統領、サムスンの「ステルス・マーケティング」疑惑
<Wコラム>キム・ヨナとオバマ大統領、サムスンの「ステルス・マーケティング」疑惑

キム・ヨナ

韓国発祥のグローバル企業「サムスン」(Samsung)の「ヒーロー・マーケティング」が世界中で話題になっている。その素材は、キム・ヨナとアカデミー賞とアメリカ大統領まで、実に幅広い。

 まずは、先週話題になった“フィギュア女王”キム・ヨナの歌。今世界中で流行っているディズニー映画「アナと雪の女王」のテーマ曲である「Let It Go」に合わせて銀盤を滑走する映像だ。4月6日にサムスン電子がYouTube公式チャンネルで公開したもので、1週間ほどで170万回以上も再生されている。

 日本のマスコミでも大きな話題となったこの映像は、サムスン電子が自社のエアコンやスマートフォンのモデルでもあるキム・ヨナを後援し、5月に開催されるアイスショーを宣伝するために作られた映像だ。サムスンは数年前から夏の直前、キム・ヨナが大トリになるアイスショーを後援してきた。去年のアイスショー第1部の大トリはジョン・レノンの名曲「Imagine」で、第2部は去年大ヒットしたミュージカル映画「レ・ミゼラブル」で大トリを務めていた。今年の同ショーはキム・ヨナが引退を宣言しているため、更に話題になっている。

 一方、昨年末、米メジャーリーグ(MLB)ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)のデビッド・オルティーズ(David Ortiz)選手が笑顔のオバマ大統領と一緒に撮ったセルフィー(自分撮り)も再び注目を集めている。

 この自撮り写真の画像がネット上で話題となり、撮影に使われたサムスンのスマートフォン「ギャラクシー(Galaxy)」の「ステルス・マーケティング(ステマ)疑惑」がまたも浮上しているからだ。これを受け、アメリカのホワイトハウスは、大統領関連写真の商用利用には反対だとして、サムスン側に対して警告を発したと伝えられた。

 反面、サムスン(Samsung)からは、「ワールドシリーズで優勝した選手たちがホワイトハウスを訪問すると聞いたので、デビッド選手とチームに働きかけて画像をファンと共有する方法を教えただけ。」と「ステマ疑惑」を一縮している。

 確かに、アメリカの大統領を使って「ステルス・マーケティング」や「炎上マーケティング」をしようとする発想は常識的に考えられない。当然、狙ってできるものでもないだろう。

 しかし、サムスンからしてみれば、何らかの期待を込めてデビッド選手に同社のスマホ端末を託したかもしれない。同社は、iPhoneに対抗し世界のスマホ競争に名乗りを上げて以来、「デザインのApple」VS「マーケティングのSamsung」と言われるほどの巧みな広報活動には定評があるからだ。

 先月のアカデミー賞授賞式でも、司会者のエレン・デジェネレス(Ellen DeGeneres)氏がサムスンのスマホ端末である「ギャラクシー(Galaxy)」を使ってハリウッドの有名俳優たちとセルフィー(自分撮り)を撮影したことで、同社の「バイラル(口コミ)マーケティング」を大成功させた。

 デジェネレス氏が流したこのセルフィー画像がツイッター(Twitter)のリツイート(RT・拡散)数で世界最多記録を更新するほどの話題となったのだ。この時も、授賞式のリハーサル中にサムスンの幹部が現れ、デジェネレス氏に「ギャラクシー(Galaxy)」の使い方を教えていたという。

 もちろん、デジェネレス氏に対して、「ハリウッドのスターたちを一か所に集めて集合写真を撮れ」などの無茶なお願いはしていないはず。同社の公式コメントでも、「デジェネレスさんの「自分撮り」は誰も予想していなかったものだ。」としている。

 ただ、サムスンの巧みさからすれば、「SNS活動が好きで常に話題作りにも積極的なデジェネレス氏にギャラクシー(Galaxy)を持たせれば、何かが起きるかも。」と見込んでいた可能性は否めない。

 このようなサムスンのマーケティングについても「ステマ疑惑」と断言しているネットユーザもいるが、番組のスポンサーになることで何らかの宣伝効果を得ることは極めて合法的な「企業タイアップ」だ。

サムスン(Samsung)がアカデミー賞授賞式の放映権を持つ米テレビ局「ABC」のスポンサー企業であり、「ABC」から2000万ドル(約20億円)でCM枠を購入していることを知っていれば「ステマ」とは言い難い。

 過去にも、「東方神起」や「JYJ」、「少女時代」やBoA、「シークレット・ガーデン」のヒョンビン、「星から来たあなた」のキム・スヒョンとチョン・ジヒョンなど、韓国のトップスターを起用した「ヒーロー・マーケティング」を得意としたきた「サムスン」。

 今回の、世界のオバマ米大統領などが絡んだ宣伝効果はその「集大成」といえるかもしれない。

2014年4月13日21時13分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON... <Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON...
 産業化と都市化の時代。社会の急激な変化の中、夢を求め故郷から都市に集まってきた若者たちは苦労して仕事を探す。やっと仕事が見つかり、少しずつ生活に余裕ができ、家族を作ったり、子供が生まれたり...
<Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC... <Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC...
 1965年の日韓国交正常化。韓国は産業化の時代に入り、ソウルは急速な都市化の時代を迎える。1973年、世界経済を強打したオイルショック。急成長中のソウルは麻痺状態に陥る。  石油は産...
<Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」 <Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」
 1945年、日本の統治が終わった朝鮮半島。韓国の人々は20年にわたり、理念の衝突と戦争、独裁とクーデータの時代を経験する。そして、1965年の日韓国交正常化。「韓国の産業革命」とも言われる...
<Wコラム>「CNBLUE」ヨンファ、“学歴社会”韓国アイドルの不... <Wコラム>「CNBLUE」ヨンファ、“学歴社会”韓国アイドルの不...
 昨夜、韓国のニュース番組でスクープ報道があった。アイドルA氏が韓国で有名な慶煕(キョンヒ)大学の大学院に「不正入学」または「裏口入学」を働き、警察が捜査に乗り出しているとのこと。  ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.