<コラム>「新生KARA」の新規メンバーと再整備、「次善体KARA」の可能性

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
<コラム>「新生KARA」の新規メンバーと再整備、「次善体KARA」の可能性
<コラム>「新生KARA」の新規メンバーと再整備、「次善体KARA」の可能性

「KARA」ジヨン

先日、メンバーのニコルが脱退し、ジヨンも4月の契約満了による脱退を表明している「KARA」。ついに事務所サイドから今後の方針が明かされた。韓国の所属事務所のDSPメディアの関係者によれば、新生「KARA」は、新規メンバーを2人追加してチームワークを再整備してから、ことしの下半期に5人体制の姿でカムバックする予定だという。それまでの間、現メンバーは、演技など個別活動に注力し、新規メンバーとの調整が終わり次第、新曲の収録とカムバックステージの準備にかかると伝えられた。

 そして、肝心の新規メンバーだが、今のところはDSPメディアの「練習生」から抜擢される見通しではあるが、大々的な公開オーディションや特別企画番組など、話題性を考慮したイベントごとになることもあり得る。

 別の関係者は、「従来のように、会社の方針による一方的なメンバー補強ではなく、ファンと現メンバーが納得し、受け入れられやすい形で選別する予定だ。具体的な計画が決まり次第、公式コメントを発表する。」と伝えた。

 一方、元「KARA」ニコルは当初のスケジュールを前倒しにして、早々とアメリカへの修行に出てしまった状態。彼女は「KARA」に戻らないとしても、「KARA」ジヨンの脱退はまだ認めたくないのがファンの正直な気持ちだ。

 しかし、ファン周知のとおり、そのジヨンも、「留学したいので脱退します。」の状態である。そして、異変がない限り、「KARA」から離れることも決まっている。事務所サイドも、4月以降は3人の「KARA」になると公式コメントを発表している。

 少なくとも今現在までは、あの「東方神起悲劇」に似たような結果となってしまった「KARA」。なぜ、よりによって、日韓のアイドル界の頂点を極めたグループたちが、こうも早く分解されてしまうのだろうか。

 その背景には様々な「大人の事情」があるワケだが、ファンの気持ちで言わせてもらえれば、「そんなの知ったこっちゃない」ではなかろうか。「完全体KARA」がだめなら、「次善体KARA」のため、ジヨンの「変心」を期待しよう。

 そして、旅立ってしまった元「KARA」ニコルには、青馬年と言われているこの2014年、せめて青空に羽ばたく元気あふれる姿に期待してみよう。しかし、欲を言えば、「完全体KARA」として戻ってほしい。

2014年1月29日16時55分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<インタビュー>俳優イ・ジュンギ、最新ドラマ「悪の花」や共演のムン...

<インタビュー>俳優イ・ジュンギ、最新ドラマ「悪の花」や共演のムン...
 ※一部あらすじ・ネタバレになるような内容が含まれています。  今月23日に韓国で放送が終了したtvNドラマ「悪の花」で俳優イ・ジュンギは、ペク・ヒソンとして正体を隠して生きるド・...

<インタビュー>女優イ・ミンジョン、大ヒットドラマ「一度行ってきま...

<インタビュー>女優イ・ミンジョン、大ヒットドラマ「一度行ってきま...
 韓国女優イ・ミンジョンは、今月13日に韓国で放送を終了したKBSドラマ「一度行ってきました」で初めて週末ドラマに挑戦。小児専門病院の内科医ソン・ナヒを熱演し、好評を得た。 最高視聴率...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.2~男...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.2~男...
 韓国の番組を頻繁に見る人なら「僕の心の中に保存」というフレーズはすっかりお馴染みの文であるだろう。 韓国に「保存ブーム」を巻き起こした張本人であるパク・ジフンが主演を演じるウェブドラマ「...

<インタビュー>女優ファン・ジョンウム、ドラマ「サンガプ屋台」&「...

<インタビュー>女優ファン・ジョンウム、ドラマ「サンガプ屋台」&「...
 KBSドラマ「あいつがそいつだ」が今月1日に韓国で放送を終了した。前世と現世を行き来しながら時には胸を痛め、時にはドキドキするロマンスを見事に描いたファン・ジョンウムは改めて“ファン・ジョ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.