ニューシングル「春恋」をリリースするJohn-Hoonのオフィシャルインタビュー

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ニューシングル「春恋」をリリースするJohn-Hoonのオフィシャルインタビュー
ニューシングル「春恋」をリリースするJohn-Hoonのオフィシャルインタビュー

John-Hoon

4月3日(水)韓国の俳優兼歌手John-Hoon(ジョンフン)がニューシングル「春恋」(ユニバーサル ミュージック)をリリースする。また、ライブDVD「THE MOBIUS STRIP TOUR IN JAPAN ~いま逢いに行きます~」も同時リリースとなる。

 「春恋」は“大人のラブバラード三部作”のシリーズ第二章となる作品。外国人と日本人の国際遠距離恋愛をベースに書き下ろされた楽曲で、離れて暮らす二人の言葉だけでは伝えきれなかった想い、離れているからこそ生じるもどかしい想いを、春に舞い散る“桜”に重ねて歌った極上の遠距離恋愛ソングだ。

 台湾で歌手、俳優、映画監督などマルチに活躍するジミー・ハン(洪天祥)が楽曲を提供。初回限定盤には、特典DVDとして「春恋」ミュージックビデオ+メイキングが収録されている。

 この度、John-Hoonのオフィシャルインタビューが届いた。

-初めに楽曲「春恋」を聴いたときの印象はどうでしたか。
まず、歌詞がとても難しかったです。自然現象を感性にたとえて表現した歌詞があるんですね。たとえば「時間の波に 色刻み」という部分は、正確にどんな意味なのか…あまりにも難しくて、今もまだ完全に僕の中で理解が深まっていない歌詞があります。それに、全体にとても詩的だと思いました。素敵だと思った歌詞は、「舞い落ちる さくらのように 想いだけ 静かに降り積もる」というところ。本当に心を締め付けるような歌詞だなと思いました。

-実際にレコーディングをしてみて、難しかった部分はありましたか。
音程の変化が多かったのが、大変でした。激しく上下するんです。高い音の部分は、通常のままの発声で歌える曲ではなかったので、ファルセットを使ったんです。だから地声とファルセットを交互に出して歌わなくてはならなくて…それがちょっと大変でしたね。

-レコーディングの時のエピソードで、印象に残ることは。
とにかく、ずっと歌詞の意味について聞いていました。歌うたびに、「ここは、どんな意味ですか」と。言葉の感じは詩的でカッコいいし、なんとなく雰囲気はわかるんだけど、完全にはつかめないから、そこがもどかしくて…。僕はレコーディングの時に、一度ブースに入るとあまり出てこないタイプなんですが、今回は歌詞の意味を確認するためにずっと出たり入ったりしていました。

-どんなことを想像しながら、歌っていたのですか。
特定の誰かやある状況を想像して歌ったというより、僕が経験してきたこと…恋愛に限らずですが、そういったものを想像したりそのときの感情を思い出したり、情緒的な映画や本の内容などを思い出しながら歌いました。たとえば、映画なら日本の「ラブレター」や、韓国映画だと、ファン・ジョンミンとチョン・ドヨンの「ユア・マイ・サンシャイン」。「ユア・マイ・サンシャイン」は、ちょっと極端な物語ではあるんですが、こういった映画で描かれていた悲しい感じを思い出しながら歌いました。

-“大人のラブバラード三部作”の第1弾「二人記念日」は幸せに溢れた歌でしたが、第2弾となる今回の「春恋」は少し切ない感じの歌になっていますね。どちらがより共感できましたか。
僕は、明るくて幸せな恋愛を歌った「二人記念日」より、悲しいような切ないような気持ちを歌った「春恋」の方がより共感できる歌でした。悲しい歌に惹かれる理由はわからないですが、恋というと幸せな恋より悲しい、切ない恋が先に浮かぶんです。僕はちゃんとした恋をしてこなかったみたいです(笑)。

-その切ない恋の思い出とは、どんなものですか。
実は、幼い時に好きだった女の子がいたんですが、それは幼い頃の成熟していない恋、初恋だったんですね。それ以来、恋愛をしても、そこまで深い気持ちにならなかったんです。だから、僕ははたして本物の恋をしたことがあったのかな、と思ったりして。僕が恋の歌を歌う時に、僕自身の経験より僕が感動しながら見た映画などから感情を借りてくるのは、そのためもあるんです。実際、ラブコメディより悲しい映画のほうに惹かれるんです。

-悲しい映画でも、特に心惹かれるシチュエーショ
ニューシングル「春恋」をリリースするJohn-Hoonのオフィシャルインタビュー

John-Hoonニューシングル「春恋」

ンはありますか。
相手のすべてを知っているけれど、それを知らないふりをしながら、知っていることをばれないようにして悲しみをこらえる、我慢する場面。悲しみを抑えながらやさしく接するようなシーン。あるいは、秘密を胸に隠し、相手に感じとられないように抑えている。そういった場面を見るととても胸を打たれるみたいです。

-この歌は遠距離恋愛がテーマになっていますが、遠距離恋愛と聞いてどんなイメージが浮かびますか。
正直、よく理解できません。僕も遠距離恋愛をしたことがありますが、うまくいかなかったんです。結末もよくなかったし…。僕は本当にちゃんと恋愛してこなかったんだなあ(笑)。

-今後本当に恋愛をしたとして、好きな人になかなか会えない状況の恋愛はどう思いますか。
仕方なく遠距離恋愛をしなければいけない状況なら、互いに努力が必要だと思います。お互いが幸せであるなら良いけど、遠距離恋愛をすることにより、一方的な犠牲をさせるような…例えば、韓国の場合、軍隊がありますよね。軍隊に入隊している男性は、待たせている女性とは全然違う生活をするんです。女性は何でもできるけど、男のほうは自由というのが全くなく就寝時間になれば寝ないといけない、電話も好きにかけられない。だから電話する時に相手に申し訳ないから泣く男性(軍人)が多かったです。それを見ていて、そこまでして遠距離恋愛する必要があるのかと思うくらいでした。とにかく、遠距離恋愛はうまく維持できれば意味あることだと思いますが、僕はそう肯定的ではありません。遠距離恋愛をテーマにした歌を歌いましたが、できれば恋人同士は一緒に過ごす時間が多い方がいいと思います。

-もし仮にそうなった場合は、乗り越えられると思いますか。
僕なら、僕が引っ越しをするか、相手を引っ越しさせると思います(笑)。

-本当の恋愛をしてこなかったとおっしゃっていますが、恋愛に対する憧れはありますか。
まずは、本当の恋愛ができる相手に会いたいです。

-以前は記念日をせがむ女性は好きじゃないと話していたと思いますが、それも変わりましたか。
好きな女性ができればこれからは僕が記念日を覚えてあげたいと思います。例えば、“今日が僕たちの66日目だよ”というふうに。韓国では、出会って何日目とか、初めて手をつないだ日から何日目とか、何でもかんでも記念日にしようとする風潮がありますが、極端じゃない範囲で、これからは好きな女性に対して僕も少しは記念日を作ってあげたいなと思っています。

-この歌は「春」という季節をテーマにした歌でもありますが、春の思い出で印象に残っていることはありますか。
春は僕にとって一番残酷な季節です。なぜなら暖かくなってくると、胸が苦しくなり、もどかしくなります。なんだか憂鬱になり、気持ちが落ち込んでしまうんです。実際に、高校2年生の時には鬱(うつ)になって、高校3年生の時には不眠症に悩まされました。それがいつも4月だったんです。4月の第1週目。3月、4月が僕にとっていつも気分的に良くない時期だったので、当時のトラウマもあり、春は良い思い出があまりないんです。春の悪夢ですかね。高校生の時の春を思い出すと、それはどんなものとも比べられないくらいつらい気持ちになります。だけど、逆に良い点が一つだけあって、それは高校生の時に病んで以来、麻疹(はしか)のように免疫ができたのか、再発しなくなったんです。当時のことを思い出すと、今はどんなに大変でつらいことがあってもあの時と比べると幸せだと思えるようになりました。

-では、そういうつらい思い出もある春に、恋をすることはないんですか。
恋をするのにいいな
ニューシングル「春恋」をリリースするJohn-Hoonのオフィシャルインタビュー

John-Hoon

と思う季節は、秋か冬。特に秋になって涼しい風が吹いてくるとその風が恋のように感じるんです。恋がやってくるのではと期待感が高まります。(笑)。

-「大人のラブバラード3部作」ですが、John-Hoonさんが思う大人の恋愛ってどんな恋愛ですか。
責任感を持って恋愛をすること。大人になれば、幾度か恋愛の経験、もしくは、恋愛と似た経験があると思う。だから、自分の問題点に自覚を持っているだろうし、ミスを繰り返さないように気をつけると思います。もちろん人にはそれぞれ個性があるし、僕のように恋愛経験が浅い人もいると思いますが、大人の恋愛はより完成された愛の形を作っていくものじゃないかと。

-幸せな記念日があって、ちょっと悲しい遠距離恋愛がきて、三部作の締めを飾る第3弾ではどんなテーマのラブソングを歌ってみたいですか。
ゴーストとの恋愛とか? 昔の映画「ゴースト/ニューヨークの幻」の主題歌「Unchained Melody」のような。なんというか、記念日の幸せと、遠距離恋愛の悲しみ、全部経験した上でのより完成された愛の形が出てくる番なんじゃないかな。互いに楽になって、2人の間で問題もあるけれど、でも相手がいないと寂しいし、君は僕の一部になってしまっている、僕の半分……そんな感じ。10年くらい共に生活してきた夫婦のような。歌詞がちょっとかわいい感じになるかもしれませんね。バラードではあるんだけど、少しアップテンポの。「二人記念日」はちょっと気恥ずかしいじゃないですか、ラブラブで(笑)。そして、「春恋」は悲しいでしょう。だから第3弾はちょっとかわいい感じがいいです。

-1月20日で、日本年齢で33歳になりましたが、20代の頃とくらべて30代になって自分自身変わったなと思うところは。
言葉づかいや行動においても、以前より楽に話し、行動することができるようになりましたね。そして、何より自信もついてきたと思います。以前は行動する前に心配ばかりが先行していたんです。余裕もできて楽天的に変わったといってもいいと思います。こういった点が、30代がくれたプレゼントだと思います。でも、年はとりたくないです(笑)。

-だいぶ、冒険的になった印象ですが。
20代の頃は、自分がいるその場所や置かれている環境にとどまっていようと努めていたところがあります。でも、今はたくさんの“冒険”を楽しもうとしているんです。

-恋愛面では? 
恋愛は反対ですね。20代はとにかく「恋愛したい!! 」と思っていたのですが、30代になって恋愛にそれほど執着することがなくなってきました。

-では、John-Hoonさんの考える理想の大人の男性像は。
僕は、理想の大人の男性像を描くというのは意味がないと思っています。現代のような多様化された社会では、直面している状況に対応していくのが大事で、ひとつの理想形を決めてしまうのは意味がないんじゃないかと。何かを決めつけてからそれに従っていく社会ではなく、あまりにも早く変化していく社会なので、柔軟性を持って直面している状況にうまく対処できる人が理想的ではないかと思います。権威の意識を捨て、自分を環境や状況に合わせることができる人。どんな関係でも硬くならないで柔軟に対応できる人。状況に応じてギアチェンジができる人が理想的だと思います。

-最後に日本のファンへメッセージを。
皆さんが、いつも元気に過ごしていることを祈っています。暖かくなってきた春に、ぜひ「春恋」をたくさん聴いていただきたいです。僕も、また歳を一つとったので、より大人らしくなるために頑張ります! 
2013年4月2日13時29分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! 新... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! 新...
 明けましておめでとうございます。占い師のchristy.です。今年も皆さんに楽しんで頂けるよう鑑定したいと思います。 今回は新年第1号のビックカップルで話題の「SUPER JUNIOR」...
イ・ミンジョン、チュ・サンウクのモノマネの完成度の高さに、笑いが止... イ・ミンジョン、チュ・サンウクのモノマネの完成度の高さに、笑いが止...
 チュ・サンウク×イ・ミンジョン、4年ぶりの豪華再共演で話題沸騰の「偽りのフィアンセ~運命と怒り~」DVD-SET1&DVD-SET2、レンタルDVDVol.1~15が好評リリース中! さら...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! プ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う! プ...
 占い師のchristy.です。日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル”オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の『#11』が12月5...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う俳優チ...
 占い師のchristy.です。昨年11月30日に除隊し、この1年様々な分野に挑戦し話題となっているチョン・イルさん。 除隊後の復帰作「ヘチ 王座への道」も先週からNHK BSプレミア...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.