【会見レポ】ソンフン、印象に残っているのは“台本になかったシーン”「じれったいロマンス」記者会見で語る

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【会見レポ】ソンフン、印象に残っているのは“台本になかったシーン”「じれったいロマンス」記者会見で語る
【会見レポ】ソンフン、印象に残っているのは“台本になかったシーン”「じれったいロマンス」記者会見で語る
俳優ソンフン
世界120カ国で同時放送され、海外ファンたちの心を鷲づかみにした大ヒットラブコメディドラマ「じれったいロマンス」。台湾の大手動画配信サービスでは韓国ドラマコンテンツダウンロード数の年間首位を獲得したほか、アジア各地で本ドラマをきっかけにソンフンの単独イベントが開催されるなど、国境を超え爆発的な人気を得ている。

 この人気ドラマが、11月18日(土)17時よりBS12 トゥエルビ、18時よりGYAOにて放送されることとなった。放送を前に、本作の主演俳優である“新韓流スター”との呼び声も高いソンフンが来日、11月17日(金)、ドラマ「じれったいロマンス」の記者会見をおこなった。

 放送に先駆けて行われた来日記者会見に白いタートルネックに紺のスーツを合わせたシックなスタイルでソンフンが登壇。「記者さん、初めまして。ソンフンです」と日本語であいさつすると、MC古家正亨の進行で会見がスタートした。

 MCにドラマの簡単な紹介を促されると、「典型的なラブコメディです。ある意味陳腐かもしれませんが、本当にラブコメディで、それをやり抜きました。楽しくおもしろく見せたいと思い、保証できるくらいおもしろく演じてみました」と自らPRするソンフン。

 「印象に残っているシーンは? 」という質問に「やはり水泳のシーンです。台本になかったシーンで監督と相談して実現したので、自由に、そして感情をこめて演技をすることができたという意味で、とても印象に残っていますし、美しいシーンができたと思っています」と語った。

 今回演じた役柄との共通点については「はじめに、そんなにお金持ちではありません(笑)見た目と違って他人に気を遣うキャラクターです。あえて共通点があるとしたら、茶目っ気があるというかイタズラっぽいところかなと思います」と照れながら語った。

 「ガールズグループ『Secret』のジウンさんと共演されていますが、撮影現場の雰囲気は? 」という問いには「常に楽しい撮影現場にしたいと思いましたので、私から冗談を言ったりイタズラをしたりして、ジウンさんもそれを笑って受け止めてくれる。そのような撮影現場でした」とソンフン。

 「日本の皆さんにどんなところを注目してほしいですか? 」と聞かれ、「全体的に見ていただければと思っています。スケジュールはとてもタイトだったのですが、現場は家族のようにとても温かく、楽しかったです。そのような雰囲気の中で撮影することができましたので、ドラマを見ながらそういう雰囲気を感じ取っていただければいいなと思っています」と思い入れ強く答えた。

 アブダビでのプロモーションイベントについての質問では「文化が異なるのに、想像した以上に反応が良く、歓声も高く、非常に楽しんでいただけたのが忘れられない記憶として残っています」と感慨深く語った。
また、モンゴルでは2,400席から4,000席にイベントの規模を拡大したというエピソードを披露した。

 続いて、記者から水泳のシーンを撮影した経緯について問われ、「違う場所で撮り終えたのですが、(同じ建物の中にあった)プールで撮っても良かったねという話があったので、オフの日に俳優やスタッフの方々に了解を得て、同じシーンを撮影しました。場所が変わったので、セリフも変わったりした中でつくられていきました」と秘話を明かした。

 「女性の理想を託される役をすることにどう感じていますか? 」という問いかけに「演じるときに、以前は役のキャラクターにある程度先入観を持っていましたが、今は台本通りに演じようと思っています。その中で、私なりのおもしろさやポイントを探すようにしています」と真摯に話した。

 ここで、MCが記者からの質問の受付を締めきろうとすると、「もう一問だけ質問を受け付けたいと思います」と計らうソンフン。

 「多彩な役柄で知られていますが、今後挑戦してみたい役柄は? 」という質問には「みなさんが思っているほど多彩な役柄をしていません(笑)。室長や財閥2世というみなさんの記憶に残っている(役柄の)作品では幅広くはないのですが、小さな作品では幅広く役を消化してきたと思います。これから挑戦したい役というのは特にありません。というのは私が役者として演じてきたうちに、どのような役をいただいても私自身の色に染めていけるようになったかなと思い、あえてこのような役をやりたいというのはありません」と演技に対する情熱を見せた。

 フォトセッションを挟み、最後に「ファンではないのにこのような場にいらしていただき、ありがとうございます(笑)それでも来ていただいたことに対してお応えできるくらいおもしろいドラマだという自信があります。他国ではとても反応が良く、日本ではどうかわかりませんが、みなさんがいい記事を書いてくださって、それがヒットのきっかけになればと思っています。(日本語で)どうぞよろしくお願いします」とあいさつを終え、舞台を後にした。

 短い時間の中で質問にしっかりと答え、終始謙虚な姿勢で笑いのある記者会見となった。
この後、「じれったいロマンス」のプロモーションイベントが開催され、本ドラマのダイジェスト映像や、ソンフンがドラマの魅力を語るトークのほか、このドラマの挿入曲を歌っている新進気鋭のK-POPグループ「The King」もゲスト出演し、会場を盛り上げた。

 主演ドラマも各国で成功をおさめ、今後の更なる活躍が期待される。


BS12 トゥエルビ番組ホームページ
http://www.twellv.co.jp/program/drama/jirettai.html
2017年11月20日18時49分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公演レポ】「SUPER JUNIOR D&E」、「WINNER」... 【公演レポ】「SUPER JUNIOR D&E」、「WINNER」...
 韓国で一番寒いという江原道(カンウォンド)だが、この日の江陵(カンヌン)は熱かった。  2月9日(土)、江原道・江陵アイスアリーナにて開催された「平昌冬季オリンピック大会1周年記念大...
【イベントレポ】平成最後の冬「第70回さっぽろ雪まつり 11th ... 【イベントレポ】平成最後の冬「第70回さっぽろ雪まつり 11th ...
 いま大注目の「NCT DREAM」、「(G)I-DLE」、「MXM」、KANTOの4組が、2月9日(土)、札幌文化芸術劇場hitaruにて「第70回さっぽろ雪まつり 11th K-POP ...
【公演レポ】「MAMAMOO」ショーケースライブでファンに誓う「皆... 【公演レポ】「MAMAMOO」ショーケースライブでファンに誓う「皆...
 4人の美麗なハーモニーで人気を誇るガールズグループ「MAMAMOO」が2ndシングル「Wind flower -Japanese ver.-」の発売を記念して2月5日名古屋を皮切りに東名阪...
【イベントレポ】「SUPERNOVA」、“平和観光広報大使”に就任... 【イベントレポ】「SUPERNOVA」、“平和観光広報大使”に就任...
 韓国出身の男性ダンスヴォーカルグループ「SUPERNOVA」が江原道(カンウォンド)平和観光広報大使に就任。  2月9日(土)、韓国・江原道、江陵(カンヌン)カーリングセンターにて「...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.