【イベントレポ】「HOT SHOT」、10年後も日本のステージに! 日本初ファンミ&ライブ開催

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】「HOT SHOT」、10年後も日本のステージに! 日本初ファンミ&ライブ開催
【イベントレポ】「HOT SHOT」、10年後も日本のステージに! 日本初ファンミ&ライブ開催
ファンと共に記念撮影するグループ「HOTSHOT」
8月2日(日)渋谷CLUBQUATTROにて、昨年10月に韓国でデビューした6人組ボーイズグループ「HOT SHOT」が日本初の単独公演「HOTSHOT FIRSTJAPAN FANMEETING&LIVE」を昼夜2公演開催。

 昨年10月に「Take A Shot」でデビューし、韓国のみならず日本でも熱い注目を受けている彼らは、4月にリリースしたミニアルバムがデイリーチャート2位を記録するなど、新人としては異例の勢いで注目度が高まっている。

 快晴の東京・渋谷のオールスタンディングの会場には、「HOTSHOT」の日本初となる公演を待ち望んでいた多くのファンが開演前から長蛇の列を作り、熱気で溢れかえっていた。
ステージが暗転し、6名のパワー溢れるメンバーが最新曲「I’m a HOTSHOT」で登場すると、会場中から大歓声が響き渡った。

 盛り上がったまま2曲続けてキレのあるHIPHOPダンスナンバーを歌い上げ、息を整えて「こんばんは〜『HOTSHOT』です」と全員であいさつ。MCを交えてそれぞれ自己紹介し、トークがスタート。日本のファンを前にズバリ今の心境を聞かれると、リーダーのジュンヒョクが、「みなさんが楽しい時間を過ごしてくれたらうれしいです」と気合もバッチリ。


 先ほど楽屋でご飯を食べてきたばかりというメンバーに好きな日本食について聞いてみると、「天丼。昨日食べました
【イベントレポ】「HOT SHOT」、10年後も日本のステージに! 日本初ファンミ&ライブ開催
グループ「HOTSHOT」

〜」(ジュンヒョク)、「とんかつ。日本の方が韓国より柔らかい」(ソンウン)、「明太子! 本当においしい」(ユンサン)、「たまごサンド」(ホジョン)、「すし! 」(ティモテオ)「たこ焼き、から揚げ」(KID MONSTER)とそれぞれのお気に入りの日本食を披露。続けてファンミーティングとしてのスペシャル企画である質問コーナーへ。

 事前にファンが記入した質問を選び、真剣に考え回答するメンバーたち。中でも「10年後はどうしたい? 」という質問には、「ゲームを作りたい! 」(ユンサン)、「東京ドームでライブ! 」(ホジョン)、「歌手を続けたい。」(ティモテオ)、「『HOTSHOT』を続けたい」(KID MONSTER)、「1階がパン屋さん、2階がカフェ、3階が練習室を開く」(ジュンヒョク)、「かっこいいお父さんになりたい」(ソンウン)と、1人1人個性溢れる意見を連発し、会場の笑いを誘った。ここで再びライブコーナーへ。先ほどの質問コーナーでメンバーに見事に選ばれた超ラッキーなファンをステージに招待し、チェキや、見つめ合って歌い、至福の時間をプレゼント。会場からもうらやましい悲鳴が沸き起こった。

 大盛り上がりのステージは、初のソロステージへ。トップバッターはユンサン。「Someone」でカリスマ溢れる迫力のラップを見せつけた。続いてはKID MONSTER、ティモテオ、ホジョンによるダンスチームのダイナミックでキレのあるダンスステージを披露。会場を大いに沸かせた。ボーカルチーム、ジュンヒョク、ソンウンの歌唱力が際立つミディアムテンポの曲「Rain on me」と続け、ステージにはソンウン1人に。「僕の一番好きな曲です。」と自身の曲紹介で、ソロ曲「家族写真」をしっとり伸びのあるボーカルで聴かせると、会場もうっとり。ファンを酔わせた。

 ここで再びメンバー全員がステージに登場し、ティモテオが、終えたばかりのソロステージの感想を、「昨日
【イベントレポ】「HOT SHOT」、10年後も日本のステージに! 日本初ファンミ&ライブ開催
グループ「HOTSHOT」

眠れなかったんですよ」とハニカミながら本音をのぞかせた。ここでファンへのサプライズとして、メンバーそれぞれの私物を抽選でファンへプレゼントする「プレゼントコーナー」が行われた。

 更に全員へのプレゼントとして、30秒間のフォトタイムが持たれることに。シャッターが切られるたびに、様々なポーズをキメるサービス精神旺盛な「HOTSHOT」。うれしい気遣いで、ファンを喜ばせた。大興奮の会場はいよいよラストソングとなり、ジャスティン・ビーバーの「Beauty and a beat」を「HOTSHOT」バージョンで披露。会場は熱気ムンムン、最高の盛り上がりのまま、メンバーたちはステージを後にした。

 興奮冷めやらぬファンたちのアンコールで、まず現れたのはジュンヒョク。自慢の美しいボーカルで、日本語曲「さくら」を熱唱。2曲目は再び6人全員で韓国デビュー曲「Take a shot」をキレのあるダイナミックなダンスとボーカルで見せると、会場からは黄色い歓声が飛び続けた。息つく間もなく「Midnight sun」と繋げ、アンコール含む全11曲を熱唱。会場を大いに沸かせると、エンディングトークへ。今後の活動予定として、ユンサンからの「日本での予定もたくさんありますし、9月にはシングルも出ます。期待してください」とうれしい知らせに、ファンからは大きな拍手が起こった。「初めてのライブでしたが、たくさんの方が来てくれた感動しました」(ジュンヒョク)、「本当におもしろかったです」(ソンウン)、「準備をたくさんしましたが、それ以上にいい姿を見せられてよかったです」(ホジョン)、「僕たちのファーストファンミーティングですが色々な感情、経験がありました。本当にありがたいです」(KID MONSTER)、「本当におもしろかったし、ありがたいです」(ユンサン)、「初めて見せる舞台がたくさんあったので、眠れませんでしたがみなさんからパワーをたくさんもらいました」(ティモテオ)とメンバーひとりずつ、ファンへ心からの感謝を伝えた。

 KIDMONSTERが、「10年後も日本のステージに立てるように頑張ります! 応援よろしくお願いします! 」と力強く宣言すると、最後までファンも大きな拍手と大声援で応えた。メンバーそれぞれの個性と才能が感じられた日本でのファーストステージは、多くのファンに惜しまれながら大盛況で幕を閉じた。

 全力でスタートダッシュを切った彼らの今後にますます期待が高まる。

HOTSHOT日本公式サイト
http://hotshotforever.jp/


2015年8月5日21時11分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公演レポ】ソン・シギョン、感動バラードから“いいねダンス”の「U... 【公演レポ】ソン・シギョン、感動バラードから“いいねダンス”の「U...
 ことしは日本でも精力的に活動を展開してきた“バラードの皇帝”ソン・シギョンが、日本2ndアルバム「君がいるよ」(11月21日発売)を引っさげ、12月28日(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立...
【イベントレポ】カン・ドンウォン、主演作品「ゴールデンスランバー」... 【イベントレポ】カン・ドンウォン、主演作品「ゴールデンスランバー」...
 「BIGBANG」、「WINNER」、「iKON」、「BLACKPINK」、チェ・ジウなどが所属するプロダクション、YG ENTERTAINMENT。全世界を活動の場とするワールドスターを...
【個別インタビュー(後編)】「U-KISS」、8thアルバム「Gl... 【個別インタビュー(後編)】「U-KISS」、8thアルバム「Gl...
 日本8枚目のアルバム「Glory」(12月19日発売)を引っさげ、2018年を締めくくる活動を展開している「U-KISS」。12月15日(土)、東京・府中の森芸術劇場にて開催した3年ぶりと...
【個別インタビュー(前編)】「U-KISS」、8thアルバム「Gl... 【個別インタビュー(前編)】「U-KISS」、8thアルバム「Gl...
 日本8枚目のアルバム「Glory」(12月19日発売)を引っさげ、2018年を締めくくる活動を展開している「U-KISS」。今作は、ことし8月にデビュー10周年を迎えた彼らにとって、この1...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.