着信アリ Finalのプロフィール、画像、最新ニュース

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
韓国俳優 韓国ドラマ 韓国映画 K-POP・韓国歌手 韓国スポーツ選手



着信アリ Final

日韓の次世代俳優が共演した話題のホラー映画

  • タイトル: 着信アリ Final
  • 監督: 麻生学
  • キャスト: チャン・グンソク、黒木メイサ、堀北真希
  • 公開年度: 2006年6月22日 韓国公開
  • ジャンル: ホラー
  • 上映時間: 105分

着信アリ Finalの画像・写真

着信アリ Finalの見どころ

日韓共同制作映画『着信アリ Final』は日本で人気を博したホラー映画『着信アリ』のシリーズ完結版で、その舞台が日本から韓国へと移る。ドラマ『プラハの恋人』の大統領の息子役として注目を集めた“微笑の少年”ことチャン・グンソクが出演している。聴覚障害者という難しい役どころを表情の演技で完璧にこなしたチャン・グンソクは、この映画で日本での人気も急上昇している。

着信アリ Finalのあらすじ

修学旅行で韓国に行くことになった安城高校2年C組。その中の1人、えみり(黒木メイサ)は、ネットで知り合った韓国の友達ジヌ(チャン・グンソク)と会えることを楽しみにしながらも、小学校からの幼なじみ明日香(堀北真希)が一緒に参加できないことを残念に思っていた。そんな修学旅行のさなか、あるクラスメートの携帯にあの“死の着メロ”が鳴り、未来の着信時刻とともに自分の首吊り画像が添えられていた。その生徒は予告通りの死を遂げ、その後も鳴り止まない“死の着メロ”は次々と生徒たちを襲っていく。
ところがその“死の着メロ”は、送られてきた死の予告メールを誰かに転送すれば自分は死から逃れられることが判明。楽しいはずの修学旅行が修羅場と化す・・・。



  • 週間ランキング
  • 一覧
韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.