カンスヨンのプロフィール、最新ニュース、インスタグラム、画像・動画

wowKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース



  • カン・スヨン
  • まとめ
  • 韓流ブログ
  • 4歳で子役デビュー!長きに渡り映画・ドラマで活躍するベテラン女優
カン・スヨンの画像・写真
  • 名 前: カン・スヨン (Kang SooYeon)
  • ハングル表記: 강수연
  • 生年月日: 1966年 8月 18日
  • 没年月日: 2022年 5月 7日
  • 身長/体重: 162cm, 45kg
  • カテゴリ: 女優
  • デビュー: 1969年、東洋放送専属子役
  • 学 歴: 東明女子高等学校
  • 血液型: AB型
  • 干支(えと): 午年
  • 星座: しし座
  • 宗教: 仏教
  • 関連リンク韓半島 

カン・スヨンの代表作

【ドラマ】
『しっかり者の冒険』(71/TBC)、『風雲』(82/KBS)、『高校生日記』(83/KBS)、『愛する人たち』(84/KBS)、『お母さんの部屋』(85/MBC)、『女人天下』(01/SBS)、『ムン・ヒ』(07/MBC)

【映画】
『血筋』(75)、『私は告白する』(76)、『星の3兄弟』(77)、『どこかにママが』(78)、『悲しみはもういらない』(78)、『鳩の合唱』(78)、『天国から来た手紙』(79)、『最後の密愛』(80)、『ごま塩と醜者』(82)、『約束の女』(83)、『Wの悲劇』(85)、『鯨とり2』(85)、『シバジ』(86)、『桃花』(87)、『女と男 愛の終着駅』(87)、『青春スケッチ』(87)、『じゃがいも』(87)、『燕山君』(87)、『業』(87)、『ミリ・マリ・ウリ・トゥリ』(88)、『ハラギャティ 波羅羯諦』(89)、『その後も長く』(89)、『墜落するものには翼がある』(89)、『ベルリンリポート』(91)、『競馬場へ行く道』(91)、『君の中のブルー』(92)、『あの女、あの男』(93)、『ウェスタン・アベニュー』(93)、『バラの日々』(93)、『全ては彼女の嘘から始まった』(94)、『サイの角の如く一人行け』(95)、『最後の情事 至毒の愛』(96)、『深い悲しみ』(97)、『ブラックジャック』(97)、『ディナーの後に』(98)、『虹鱒』(99)、『輪廻 リ・インカーネーション』(03)、『韓半島 -HANBANDO-』(06)、『黒い土の少女』(07)、『ジュリ』(13)、『JUNG_E/ジョンイ』(22/ Netflix)

カン・スヨンの略歴

韓国女優カン・スヨンは4歳で子役デビューし、1986年の映画「シバジ」で韓国俳優として初めて世界3大映画祭となる「ヴェネツィア国際映画祭」の女優主演賞を受賞した。1989年には「ハラギャティ 波羅羯諦」で「モスクワ国際映画祭」主演女優賞を受賞し、世界的に注目された。
2015年から2017年まで「釜山国際映画祭」の共同執行委員長を務めた。

カン・スヨンの最近活動・エピソード

・2022年5月5日、午前から頭痛を訴え、午後5~6時ごろ家族の要請により救急搬送。そのとき心停止の状態だった。その後、脳出血との診断を受け、治療を受ける。
・2022年5月7日、死去。享年55歳。



  • 週間ランキング
  • 一覧
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.