キムボヨンのプロフィール、画像、最新ニュース

wowKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース



  • キム・ボヨン
  • まとめ
  • 韓流ブログ
  • 大ヒットドラマ「結婚作詞 離婚作曲」シリーズのドンミ役で世界的にも認知度を上げた“美魔女”女優。
キム・ボヨン

キム・ボヨンの画像・写真

キム・ボヨンの最新ニュース

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」10話、パク・チュミとソン・ジインが対決=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」10話、パク・チュミとソン・ジインが対決=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」9話、パク・チュミがイ・テゴンの浮気の状況を次々に知る=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」9話、パク・チュミがイ・テゴンの浮気の状況を次々に知る=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」5話、パク・チュミがイ・テゴンの不倫を疑い始める=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」5話、パク・チュミがイ・テゴンの不倫を疑い始める=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」3話、キム・ボヨンが名演技を見せてイ・テゴンたちと同居へ=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲2」3話、キム・ボヨンが名演技を見せてイ・テゴンたちと同居へ=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲」11話、イ・テゴンが初恋の相手が育ての母キム・ボヨンだと明かす=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「結婚作詞 離婚作曲」11話、イ・テゴンが初恋の相手が育ての母キム・ボヨンだと明かす=あらすじ・ネタバレ


キム・ボヨンの代表作

【ドラマ】(2000年以降)
『聖女と魔女』(03/MBC)、『両親宛の手紙』(04/KBS)、『スマイルアゲイン』(06/SBS)、『ファン・ジニ』(06/KBS)、『黄金の魚』(10/MBC)、『芙蓉閣の女たち~新妓生伝』(11/SBS)、『不屈の嫁』(11/MBC)、『危険な女』(11/MBC)、『神々の晩餐』(12/MBC)、『オーロラ姫』(13/MBC)、『キレイな男』(13/KBS)、『不屈のチャ女史』(15/MBC)、『美しい私の新婦』(15/OCN)、『変わった嫁』(15/KBS)、『モンスター』(16/MBC)、『ショッピング王ルイ』(16/MBC)、『あなたはひどいです』(17/MBC)、『一度行ってきました』(20/KBS)、『風と雲と雨』(20/TV CHOSUN)、『結婚作詞 離婚作曲』(21/TV CHOSUN)、『結婚作詞 離婚作曲2』(21/TV CHOSUN)、『あなたに似た人』(21/JTBC)

【映画】
『母さんと息子』(76)、、『花畑の蝶』(79)、『風が吹いて良い日』(80)、『ちっぽけな人たち』(82)、『私の愛、私の花嫁』(90)、『こん畜生のような日の午後』(95)、『不信地獄』(09)、『モービー・ディック』(11)、『私のPSパートナー』(12)、『弦の歌』(12)、『ワーキングガール』(15)、『幼い依頼人』(19)

キム・ボヨンの略歴

韓国女優キム・ボヨンは、大ヒットドラマ「結婚作詞 離婚作曲」リーズのドンミ役で世界的にも認知度を上げた女優。
本名キム・ユンジュ。
1991年の春史大賞映画祭で、3つの作品の女優助演賞を受賞。2021年の段階ではまだ記録が破られていない。

キム・ボヨンの最近活動・エピソード

・2004年、9歳年下の俳優チョン・ノミンと結婚。
・2012年、チョン・ノミンと離婚。
・2021年、ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」で元夫チョン・ノミンと共演となり話題になった。



  • 週間ランキング
  • 一覧
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.