シングのプロフィール、画像、最新ニュース

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
韓国俳優 韓国ドラマ 韓国映画 K-POP・韓国歌手 韓国スポーツ選手



シン・グ

父親役などでドラマや映画に多数出演しているベテラン俳優
シン・グ

シン・グの画像・写真

シン・グの代表作

【ドラマ】
『愛の挨拶』(94/KBS)、『風の息子』(95/KBS)、『真実のために』(98/MBC)、『トマト』(99/SBS)、『ジュリエットの男』(00/SBS)、『学校』(00/KBS)、『夫婦クリニック』(01、06/KBS)、『サンドゥ、学校へ行こう』(03/KBS)、『北京MyLove』(04/KBS)、『ごめん、愛してる』(04/KBS)、『ソウル1945』(06/KBS)、『19歳の純情』(06/KBS)、『ありがとうございます』(07/MBC)、『銭の戦争』(07/SBS)、『王と私』(07/SBS)

【映画】
『8月のクリスマス』(98)、『反則王』(00)、『血も涙もなく』(02)、『肝っ玉家族』(05)、『拍手する時に去れ』(05)、『偉大な系譜』(06)

シン・グの略歴

韓国俳優シン・グの本名はシン・スンギ。1972年にKBSドラマでブラウン管デビューし、今では父親やおじいちゃん役でお馴染みの顔となっている。日本でも好評を得たドラマや韓国で高視聴率をマークしたドラマ、そして大ヒットを記録した映画などに出演、俳優界では欠かすことのできない人物だ。

シン・グのエピソード

・高視聴率ドラマに欠かせない俳優となった。

シン・グの教えて韓国Q&A




  • 週間ランキング
  • 一覧
韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.