韓国芸能・K-POPの最新動画ニュース

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能・K-POPの最新動画ニュース
wowKoreaトップ動画エンタメ
歌謡界の露出競争は…個性を生かしたセクシー美の時代?
歌謡界の露出競争は…個性を生かしたセクシー美の時代?

歌謡界の露出競争は…個性を生かしたセクシー美の時代?

 歌謡界でありふれたコンセプトの一つがセクシー美だ。ひそやかなセクシーさを押し出したガールズグループに、30代の濃密な魅力を見せるベテラン歌手まで各自の個性で視線を集める歌手たちを紹介する。

 チーパオを連想させる赤い衣装から現われるひそやかな脚線美。激しいダンスではなく節制された振付が印象的だ。“可愛い少女”としてデビューし、昨年「期待して」でイメージチェンジに成功した「Girl’s Day」が、今回はより成熟し蠱惑的なイメージで変化を試みる。一時代を築いた先輩オム・ジョンファやパク・チユンの後を継ぐセクシーさに挑戦する覚悟だ。

 1月8日に新曲「B.B.B」を発表する「Dal★shabet」は、露出しなくても十分にセクシーさを表現できると誇る。昨年タイトルから扇情的だった「私の脚を見て」を歌い、挑発的なパフォーマンスを見せた「Dal★shabet」の戦略が気になるところだ。

 ことし32歳。6thアルバム「Rain Effect」で帰ってきたRain(ピ)は、熟した男性美に勝負をかけた。タイトル曲「30 SEXY」は地声と裏声が行き来する歌に、流れるようにやわらかいダンスを用いて、力は抜いているが魅力が加わっている。一時トレードマークだったシャツを破るパフォーマンスなしでも、十分にセクシーさをアピールできるだろう。

 7thアルバム「TENSE」で帰ってきた「東方神起」は特有のエネルギーにハツラツさを出す。タイトル曲「Something」のミュージックビデオ(MV)で、楽しいスウィング旋律に身を乗せる可愛いプレイボーイに扮し魅力を加える。

 セクシーなコンセプトに伴った露出競争は昔の話。各々の魅力を武器にK-POPのスターたちが競争を繰り広げている。

2014/01/07 14:31配信  Copyright 2014(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.