「オミクロン株」韓国初感染の牧師夫人「ナイジェリアではノーマスク」…媒体インタビューで謝罪

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「オミクロン株」韓国初感染の牧師夫人「ナイジェリアではノーマスク」…媒体インタビューで謝罪
「オミクロン株」韓国初感染の牧師夫人「ナイジェリアではノーマスク」…媒体インタビューで謝罪(画像提供:wowkorea)

「オミクロン株」韓国初感染の牧師夫人「ナイジェリアではノーマスク」…媒体インタビューで謝罪(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の韓国初の感染者=40代牧師の妻Aさんが「私たちによってこんなことになり、皆さんに謝罪する」と伝えた。

 Aさんは夫と共に先月14~23日、ナイジェリアを訪問し24日に帰国。翌25日に新型コロナの感染が判明した。その後の検査を経て今月1日、それがオミクロン株だったことが分かった。

 これに関連し、中央日報は2日、Aさんとのインタビューを報じた。Aさんはナイジェリアへの訪問目的について「ナイジェリアは国民の40%がキリスト教徒だ。お言葉を勉強しに行った。宣教ではなくセミナー出席のためだ」とし、「毎年出席していた学術セミナーだったのだが、昨年は行けず、今年はワクチン接種も済んだため大丈夫だという考えだった」と明かした。

 「どこで感染したと思うか」との質問には「モデルナ製ワクチンを2回接種して行った。ナイジェリアではマスクを付けていないため、マスクをした私たちを変な風に見ているようだった(そのためノーマスクだった)。ナイジェリアはワクチン接種率が10%にも満たないそうだ」と答えた。

 オミクロン株の症状に関しては「一般的な新型コロナの症状よりひどくないようだ。帰国後、帰宅した段階で発熱した。その後、下痢をし嗅覚と味覚が感じられなかった。筋肉痛はなかったが頭痛が起きた。考えてみれば、一種の風邪のような症状だと思う」と述べた。続けて「息子は感染したが、娘は同じトイレを使っても陰性だった。免疫力の程度によって結果が違うのではと思う。息子は私たちから感染したが、嗅覚や味覚に異常はない」と伝えた。

 夫妻は韓国入国後、ウズベキスタン国籍の知人Bさんが運転する車で空港から自宅に移動。しかし、初期の疫学調査ではBさんとの接触を隠し、「空港から防疫タクシーで帰宅した」とうそをついた。

 これに関してAさんは「私の過ちだ。私が誤っていたのか心配でそのように話したと思う。防疫タクシーに乗らなければならないのを知らなかった。どうやって乗るのか、どうやって呼ぶのかも知らなかった。だから知人の車で送ってもらった」と釈明した。

 韓国でオミクロン株の感染者は夫妻とその息子を含み、6人となっている。

2021/12/03 11:26配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 3 最終更新:2021/12/03 13:47


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.