“農地法違反”「猿真似」韓国サッカー選手キ・ソンヨンの父親、初公判で容疑を「否認」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
“農地法違反”「猿真似」韓国サッカー選手キ・ソンヨンの父親、初公判で容疑を「否認」
“農地法違反”「猿真似」韓国サッカー選手キ・ソンヨンの父親、初公判で容疑を「否認」(画像提供:wowkorea)

“農地法違反”「猿真似」韓国サッカー選手キ・ソンヨンの父親、初公判で容疑を「否認」(画像提供:wowkorea)

韓国サッカー選手キ・ソンヨン(奇誠庸)の父親キ・ヨンオク被告(64、元光州FC団長)が初公判で農地法違反容疑を否認した。

 27日、法曹界によるとキ・ヨンオク被告側は前日、クァンジュ(光州)地裁刑事6単独ユン・ボンハク判事の審理で開かれた初公判で、農地取得資格の不正発行は認めるが、売買差益を目的に買い入れたのではないと主張した。

 キ被告は2016年、息子のキ・ソンヨン名義で光州西区クムホ(錦湖)洞一帯の田畑などの農地を含む土地約10か所を約50億ウォン(約5億円)で買い付けし、虚偽の農業経営計画書を提出して、土地の一部の形質を不法に変更した容疑で起訴された。

 キ被告は栽培目的だと虚偽の農業経営計画書を作成し、光州民間公園特例事業(マルク(馬勒)公園)敷地一帯の田畑を購入したことが明らかになった。

 警察はキ・ソンヨンが「父がサッカーセンターを建設すると言ったので資金だけを送った」という趣旨の供述をした点、当時イギリスのプレミアリーグに所属していた点、農地購買に直接関与したという情況がない事を踏まえて、キ・ソンヨンに対しては容疑を適用しなかった。

 父親のキ被告は、息子名義の農地のうち、民間公園の特例事業で公園造成敷地に含まれた土地を元の地番から分割した後、民間公園の事業者に公共用地として売り渡し、土地補償金を受け取ったという。

 キ被告は弁護人を通じて、不正な方法で農地取得資格証明書の発行を受けたことを認めながらも、「売買差益を狙った目的ではなかった」と主張した。

 また、「サッカーセンター建設用途で土地を購入した。サッカーセンター建設のためのキ・ソンヨンの明示・黙示的承諾があっただけに、私文書偽造・行使罪は成立しない」として、容疑を否認した。

 一方、キ被告に対する次回の裁判は来る11月11日に開かれる。
2021/10/27 14:54配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 2 最終更新:2021/10/27 21:36


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.