韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナー、SSGドーム球場建築準備を本格始動

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナー、SSGドーム球場建築準備を本格始動
韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナー、SSGドーム球場建築準備を本格始動(画像提供:wowkorea)

韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナー、SSGドーム球場建築準備を本格始動(画像提供:wowkorea)

韓国プロ野球「SSGランダース(SSG LANDERS)」の球団オーナーである「新世界グループ」のチョン・ヨンジン副会長が自身の夢であるドーム球場建設のため、本格的な動きを見せている。チョン・ヨンジン氏はSKワイバーンズを買収した後、将来、インチョン(仁川)チョンナ(青羅)地区に専用のドーム球場を建設するという計画を持っている。

 チョ・ヨンジン氏は先月中旬ごろ米国に出国し、現在、米国に滞在している。

 新世界グループ関係者は「来年、米国事業経営計画樹立を控えて現地事業点検のために訪問した」とし「野球場運営に役立つ場所も見て回ったが、帰国時期はわからない」と明らかにした。

 目を引いたのは米メジャーリーグ・テキサス・レンジャーズのホーム球場であるテキサス・グローブライフ・フィールドを訪問したことだ。チョン氏はドーム球場を見て回りながら、国内スポーツインフラも構想したものと見られる。

 チョン氏は先月28日、「芝を研究中」として掲載した場所はテキサス・レンジャーズのホーム球場であるテキサス・グローブライフ・フィールドだ。

 テキサス・グローブライフ・フィールドはメジャーリーグで最も最近開場したドーム球場。昨年12億ドルをかけてオープンした開閉式ドーム球場で、グラウンドには人工芝が敷かれた。

 今年SKワイバーンズを買収して、SSGランダースを創設したチョン・ヨンジン氏は今年3月、「青羅にドーム球場の建設に関する法令を検討中だ」と明らかにしている。

 今回のテキサス球場訪問も、この構想の延長線上で行われたものだ。しかし、これまでドーム球場に対する具体的な青図は出ていない。
韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナーである「新世界グループ」のチョン・ヨンジン副会長が自身の夢であるドーム球場建設のため、本格的な動きを見せている。(画像提供:wowkorea)

韓国プロ野球「SSGランダース」の球団オーナーである「新世界グループ」のチョン・ヨンジン副会長が自身の夢であるドーム球場建設のため、本格的な動きを見せている。(画像提供:wowkorea)

2021/10/08 16:05配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 2


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.