<W解説>東京オリンピック、日韓で物議を醸した五輪テレビ中継を振り返る

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<W解説>東京オリンピック、日韓で物議を醸した五輪テレビ中継を振り返る
東京五輪、日韓で物議を醸した倫理観なきテレビ中継(画像提供:wowkorea)

東京五輪、日韓で物議を醸した倫理観なきテレビ中継(画像提供:wowkorea)

新型コロナ禍で一部競技を除いて無観客、海外客は受け入れずに開催されてきた東京五輪も、明日8日に閉会する。今大会、競技の様子をリアルタイムで観戦しようとすれば、その手段は主にテレビだった。

それだけに視聴者は、テレビ中継に高いクオリティを求めていたものとみられるが、一部ではその期待とは裏腹に、倫理観が問われかねない中継も見られた。

韓国の放送局「MBC」は、開会式の中継で各国選手団の入場時に画面上で国紹介をする際、ウクライナの選手団が入場する場面で、1986年に事故が起きたチェルノブイリ原発の写真を表示。カリブ海の島国・ハイチの選手団の入場時には「大統領暗殺で政局は霧の中」のテロップと同時に黒煙の写真を表示し、視聴者から批判を浴びた。

MBCの不適切な五輪中継はその後も続き、先月25日の男子サッカー、韓国対ルーマニアの試合中継では、ルーマニア選手がオウンゴールをした際「ありがとう」とテロップを表示した。

26日、柔道男子73キロ級でアン・チャリム(安昌林)選手が銅メダルを獲得した際にはキャスターが「私たちが望んでいた色のメダルではないが…」と発言。視聴者から「国際舞台を中継しながら国に恥をかかせている」などと批判を招いた。

一方、日本の放送局に目を転じてみると、先月28日、卓球女子シングルス準々決勝の日本の伊藤美誠(みま)選手と韓国のチョン・ジヒ(田志希)選手の試合で、ライトを照らしていたテレビクルーが注意を受けた。

試合中、ライトが試合の妨げになっているとして伊藤選手が審判にアピールした。このことが報道されると、日本のネット上ではライトを照らしていたクルーが韓国メディアだと根拠なく指摘する声が相次いだ。

しかし5日、日本の「デイリー新潮」が報じたところによると、このクルーは「日本テレビ」の朝の情報番組の取材クルーだったという。韓国メディアがこれを報じると、韓国のネットユーザーからは、「間違いが明らかになったのだから謝罪せよ」、「韓国を悪く言っておいて真実が明らかになったら無関心?」などと怒りの声が上がっている。

デイリー新潮の記事によると、クルーは情報番組の担当でスポーツ取材の勝手がわかっておらず、ライトをつけてしまったとみられている。

また、「フジテレビ」は先月30日に行われたフェンシング男子エペ団体決勝で、日本が金メダルを獲得した際、優勝メンバー4人の写真紹介で、日本の加納虹輝選手を韓国のパク・サンヨン選手と取り間違えた。写真からは腕に大きく「KOREA」の文字が入っているのが確認できるにも関わらずミスを招き、視聴者から批判が相次いだ。

日本のフェンシング史上初となる金メダルで歓喜に沸いたが、放送時間の都合上、その後の表彰式を放送しなかったことも視聴者の不満を増幅させた。

コロナ禍でチケットを持っていた人でさえ、リアルタイムでの観戦手段は主にテレビとなっている今大会。視聴者の不満は期待の裏返しとも言えるが、倫理観に欠けた放送やアスリートへのリスペクトの欠如はとても残念だ。
2021/08/07 22:03配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 6


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.