“『慰安婦=売春婦』に対応価値なし”女性家族部長官に与党「安逸すぎる」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
“『慰安婦=売春婦』に対応価値なし”女性家族部長官に与党「安逸すぎる」
“『慰安婦=売春婦』に対応価値なし”女性家族部長官に与党「安逸すぎる」(画像提供:wowkorea)

“『慰安婦=売春婦』に対応価値なし”女性家族部長官に与党「安逸すぎる」(画像提供:wowkorea)


 共に民主党は19日の女性家族部のチョン・ヨンエ長官の慰安婦関連発言について「あまりにも安逸である。政府は慰安婦の歴史歪曲を防止する積極的かつ根本的な対策を打ち出さなければならない」と批判した。

 共に民主党のチェ・インホ 首席報道官はこの日、書面ブリーフィングで「マーク・ラムザイヤー教授の非道な主張と国際社会の沸き立つ批判世論に比べれば、韓国政府の主務長官としてはあまりにも軽すぎる認識だ」とし、「非常に不適切で無責任な発言」だと指摘した。

 チェ首席報道官は外交部の長官に向かって「別の主務部署である外交部がこの問題に対してどのような積極的な対応をしたかを省察し、今後どのように対応するかについて責任ある措置を取らなければならない」と促した。

 チェ首席報道官は「国内外を問わず市民社会の対応は強力だが、その反面、韓国政府の認識と対応はあまりにも安逸だ。無責任だという批判を受けるに値する」とし、「政府は反歴史、反人権的な歴史歪曲を防ぐための根本的な対応策を至急出さなければならない」と明らかにした。

 先立って、チョン長官は最近、日本軍従軍慰安婦を売春婦だと主張したハーバード大学ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授の論文について「この論文が(韓国)政府が対応するほどの価値がある論文か(疑問だ)」とし、「こんなことがある度に論文についてすぐに対応するのが適切なのか、悩んでいた」とした。

2021/02/19 23:23配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 84


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.