65歳以上のアストラゼネカワクチン接種留保…「先送りになってよかった」「不信が高まる」 と対照的な反応=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
65歳以上のアストラゼネカワクチン接種留保…「先送りになってよかった」「不信が高まる」 と対照的な反応=韓国
65歳以上のアストラゼネカワクチン接種留保…「先送りになってよかった」「不信が高まる」 と対照的な反応=韓国(画像提供:wowkorea)

65歳以上のアストラゼネカワクチン接種留保…「先送りになってよかった」「不信が高まる」 と対照的な反応=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府が満65歳以上に対し、アストラゼネカワクチンの優先接種を保留したことを受け、市民らの反応は分かれている。検証が不十分な高齢層の接種が先送りになり、幸いという意見とワクチンへの不信が高まったという反応が出ている。

チョン・ウンギョン(鄭銀敬)疾病管理庁長は15日の記者会見で「アストラゼネカワクチンに関する効能の論難は接種率を低下させる恐れがある」とし「追加の臨床情報を確認した後、3月末に65歳以上の接種案を決める」と述べた。

ソウル市クロ(九老)区に住む会社員パク某さん(34)は「北欧で老年層が多く死亡したと聞いていた」とし「他国の接種事例をもっとよく見てから、65歳以上の人たちに接種すれば安心すると思う」と話した。

一方、政府が不信をあおったという意見もある。ソウル市カンソ(江西)区に住むシン某さん(59)は「政府の言葉が行ったり来たりしていて、ヨーロッパでも老年層への勧告をしていないというから、ワクチンは安全なのか信じられない」とし「父は90代で、老人ホームではなく家にいるので、危険を甘受してまで接種する必要はないと思う」と話した。

キョンギド(京畿道)ハナム(河南)市に住むユン某さん(60代)も「私は65歳以上ではないが、たとえ接種対象になっても接種はしない」とし「一線の医師たちは、接種過程で対象者をきちんと説得しなければならないと思う」と話した。

コロナのワクチン接種は26日から老人ホームなどを皮切りに順次拡大される。国内1号接種対象者は老人ホーム従事者になる可能性が高い。関連業界は、政府の具体的指針を待つと慎重な反応を示した。

老人ホームの関係者は「老人ホームでも、雰囲気はそれぞれ違う」とし「不安を感じる方もいるが、内部リスクを下げるという点で接種するべきだという意見が多い」と話した。

さらに「政府が接種模擬訓練を経た後、異常反応マニュアルなどの細部指針を公開すると発表したので、まずは待たなければならない」と述べた。

保健医療労組側は政府方針にまだ公式意見を出していない。保健医療労組関係者は「アストラゼネカワクチンは臨床標本が多くなく、短期間の評価だけが出ている」とし「ワクチンの効能と安全性は専門家たちが判断する問題だ」と述べた。
2021/02/15 20:40配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 83


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.