15日から社会的距離確保を首都圏2段階・非首都圏1.5段階に引き下げ、5人以上の集まり禁止維持=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
15日から社会的距離確保を首都圏2段階・非首都圏1.5段階に引き下げ、5人以上の集まり禁止維持=韓国
15日から社会的距離確保を首都圏2段階・非首都圏1.5段階に引き下げ、5人以上の集まり禁止維持=韓国(画像提供:wowkorea)

15日から社会的距離確保を首都圏2段階・非首都圏1.5段階に引き下げ、5人以上の集まり禁止維持=韓国(画像提供:wowkorea)

チョン・セギュン(丁世均)首相は、15日から2週間、首都圏の社会的距離の確保を2段階、それ以外の地域は1.5段階にそれぞれ緩和する」と明らかにした。

チョン・セギュン首相は、ソウル庁舎で新型コロナ対応中央災難安全対策本部会議を開き、「骨身を削る苦痛の中でも、これまで協力してくれた小商工人と自営業者のため、営業制限を緩和し、首都圏の大衆利用施設も夜10時まで営業を許可する」と述べた。

続いて、「全国の遊興施設は防疫規則を遵守する条件で夜10時まで営業を再開する。ただ、第3波の火種が依然としてくすぶっている点を考慮し、5人以上の集まりはこれまで通り禁止とする」と述べた。

これによって今月15日から首都圏距離を置く段階は2.5段階から2段階に、非首都圏は2段階から1.5段階に緩和される。

チョン首相は「政府は今回の調整案を検討しながら防疫と生活のバランスをとるために苦労が多かった」とし「まだ1日300-400人台の感染者が引き続き発生しており、決して安心できない状況だ」と強調した。

韓国も26日からワクチンの接種を始める。 最近のソウル大研究チームのアンケート調査結果によると、回答者の約82%が「ワクチン接種が重要だ」と答え、27%は「ワクチン接種に不安を感じる」という結果が出た。

チョン首相は「コロナ終息のためには社会的距離を置くとともにワクチン接種が最も確実な方法だというのが国内外の感染病専門家たちの一致した意見」とし「米国、欧州など世界76カ国でこれまで約1億人以上の人たちがワクチン接種を受けたが、いまだに特別な副作用事例は確認されていない」と述べた。

続いて「政府は韓国が選択したワクチンの安全性と効果性を徹底的に検証しており、少しでも国民の健康に影響を及ぼす可能性を見逃さない」と強調した。
2021/02/13 10:38配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 82 最終更新:2021/02/13 23:46


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.