韓国・カンボジアFTAが妥結 自動車・機械など輸出拡大期待

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国・カンボジアFTAが妥結 自動車・機械など輸出拡大期待
韓国とカンボジアは昨年7月にFTA交渉を開始した(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

韓国とカンボジアは昨年7月にFTA交渉を開始した(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

【ソウル聯合ニュース】韓国とカンボジアは3日、両国間の自由貿易協定(FTA)が妥結したことを宣言し、共同宣言文に署名した。

 

 昨年7月の交渉開始ら7カ月での妥結で、韓国が締結したFTAのうち最短。FTA締結は東南アジア諸国連合(ASEAN)ではシンガポール、ベトナム、インドネシアに続いて4番目となる。

 韓国政府は、カンボジアとのFTA締結により新南方FTAネットワークがさらに拡大し、企業が安定的な貿易投資基盤を設けられると期待を寄せている。

 カンボジアは昨年を除く過去10年間に年7%台の経済成長率を記録しており、35歳以下の人口が65%を占めるなど成長潜在力も高い。ベトナム、タイ、ラオスをつなぐメコン地域のハブでもある。

 2019年の韓国との貿易規模は10億ドル(約1050億円)に上るが、昨年は新型コロナウイルスの影響で減少した。

 両国が参加する地域的な包括的経済連携協定(RCEP)と今回締結したFTAにより、韓国は輸出品目全体の95.6%、カンボジアは93.8%の関税が撤廃されることになった。

 韓国からカンボジアへの主力輸出品目である貨物自動車(関税率15%)と乗用車(同35%)、建設重機(同15%)をはじめ、イチゴ(同7%)、ノリ(同15%)など農水産物に対する関税も撤廃され、カンボジア市場での競争力を確保できるようになった。

 両国は早期にFTA協定文への正式な署名を進める予定だ。

 韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長はこの日、オンラインで行われたFTA交渉妥結宣言式で「今回のFTAを通じて両国がより多くの交易と投資、協力を行い、共同繁栄の道を歩むことを期待する」と述べた。

2021/02/03 14:11配信  Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.