コロナワクチン接種 「差別あってはならない」=韓国首相

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
コロナワクチン接種 「差別あってはならない」=韓国首相
会議で発言する丁首相=29日、ソウル(聯合ニュース)

会議で発言する丁首相=29日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は29日、新型コロナウイルスのワクチン接種について、「公正性と透明性の二つの原則を持ち、接種を進める」として、「地位の高低や貧富の格差、国籍、性別などを巡って差別があってはならない」と強調した。ワクチン・治療薬の状況点検会議で述べた。

 丁首相は「徹底した科学的な根拠に基づき、接種の優先順位と時期、接種するワクチンを決め、その過程を公正に管理していく」との方針を表明。「全国民に対する無料接種もこうした原則に基づいて決定した」と説明した。

 また、「ワクチンの導入から運送、保管、接種の状況管理の全過程を国民に透明に公開し、信頼を得たい」と強調。「私が接種を受けるワクチンの種類と時期などの詳細は決まり次第、迅速に案内する」とし、「安全で体系的な接種に総力を傾ける」と述べた。

2021/01/29 11:34配信  Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2021/01/29 14:07


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.