朴槿恵・李明博元大統領の収監巡り謝罪 韓国保守系野党トップ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
朴槿恵・李明博元大統領の収監巡り謝罪 韓国保守系野党トップ
会見する金鍾仁氏=15日、ソウル(聯合ニュース)

会見する金鍾仁氏=15日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国保守系最大野党「国民の力」のトップ、金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長は15日に国会で記者会見を開き、李明博(イ・ミョンバク)元大統領、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の保守系元大統領2人が収監されていることについて、「国民の皆さんに心から謝罪を申し上げる」と述べた。

 金氏は「大統領の過ちは政権与党の過ち。わが党は当時の与党として国をきちんと率いていくという責務を果たせず、統治権力の問題を前もって見つけて制御できなかったという重い過ちがある」と語った。

 朴前大統領の弾劾後の党の姿についても「反省と省察の気持ちが足りなかった」とし、「旧態依然とした様子に国民が感じた大きな失望感に対しても謝罪する」と述べた。

 一方で、「弾劾を機に政治が一層成熟する機会をつくるべきだったが、民主と法治がむしろ後退した昨今の政治状況に対しても責任を感じる」と、現政権に対する批判も口にした。

 「国民の力」系の政党トップが同党の前身に所属していた李元大統領、朴前大統領の件で正式に謝罪したのは今回が初めて。弾劾後も党の革新が不十分だったとする自省の弁を述べ、2022年の大統領選を見据えた大胆な刷新に取り組む意志を示したものと受け止められる。

2020/12/15 14:01配信  Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2020/12/15 15:12


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.